テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【あの一言】

[2017年04月] [2017年03月] [2017年02月] [2017年01月] 
橋下徹
トランプ大統領・シリア攻撃&北朝鮮への警告・橋下が現地取材!米国の本音&日本はどうすべき?
決定的に米国の事情が今までと違うのは、かつては米国本土が狙われることは絶対なかったので余裕をもってソウルや日本が火の海になってはいけないということを言っていたが、今はまずは自分の国が大切だというふうになっていること。米国は一部の犠牲を負担してでも将来の平和、自分達の利益を守る国。憲法9条を持って育った我々には到底考えつかないところがある。米国は最終的には米兵100万人の命を守るために原爆を落とすということを判断した国であることを忘れてはならない。
2017/04/17 テレビ朝日[橋下×羽鳥の番組]

コリアレポート編集長・辺真一
米朝緊迫・専門家がズバリ!・“開戦”の可能性は?
今のままだとカールビンソンは韓国の近海に入る。そうすると北朝鮮も何らかの対抗措置を取る。今はまだ北朝鮮は戦闘動員態勢もミサイル発射部隊の待機命令も出していないがカールビンソンが25日に韓国近海に入るかどうかが最大の焦点。
2017/04/17 日本テレビ[情報ライブ ミヤネ屋]

ジャーナリスト・富坂聡
米朝緊迫・専門家がズバリ!・“開戦”の可能性は?
韓国の利害と米国の利害はかなり一体化しているところがあり、ものすごく利害が入り組んでいる。いざ攻撃というのはそう簡単には決断できないだろう。
2017/04/17 日本テレビ[情報ライブ ミヤネ屋]

軍事アナリスト・小川和久
米国本土射程も…7種の「弾道ミサイル」北朝鮮の狙い
固体燃料を使うと速攻体勢が備わる。いつでも隠れていたのを出してきて撃てるようになる。液体型だとサポートする車両が一杯必要になるが、固体燃料だと3分の1ぐらいの数で済み、非常に合理的だし隠れやすい。北朝鮮が大陸間弾道ミサイルの保有に向けて大きな一歩を踏み出したということを軍事パレードで示した。これはキムジョンウン委員長が言いたいことのひとつ。
2017/04/17 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

外交ジャーナリスト・手嶋龍一
史上最大の破壊力・・・実戦使用の狙いは?
北朝鮮で重要なのは地下トンネル。これらも含めて米国は爆破できるという実力があるとのメッセージを平壌に届けている。
2017/04/16 BS朝日[いま世界は 3時間スペシャル 緊急特集!開戦前夜さながらの様相を見せる米と北朝鮮]

外交ジャーナリスト・手嶋龍一
フランス&韓国・大統領選・二転三転の背景
保守派にとっては文候補も安候補も好ましくない。文候補が大統領になれば北朝鮮に融和的な態度を取っているので米国・トランプ政権はよりいっそう厳しい姿勢を取るかもしれない。武力紛争の可能性もある。今回の大統領選は安全保障面で大きな危機の中で行われる。
2017/04/16 BS朝日[いま世界は 3時間スペシャル 緊急特集!開戦前夜さながらの様相を見せる米と北朝鮮]

日本文学研究者・ロバートキャンベル
緊迫!米朝・空母に原潜…米国臨戦態勢
北朝鮮が(核攻撃)能力を実際に持っているということが我々には見えないラインとしてあり得る。
2017/04/16 BS朝日[いま世界は 3時間スペシャル 緊急特集!開戦前夜さながらの様相を見せる米と北朝鮮]

キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・元外交官・宮家邦彦
核・ミサイル開発・どう向き合う・北朝鮮
トランプ大統領はイデオロギーもないし、ある意味では自分がカッコ良く見えることを考えてやっているとしか思えない部分もある。もう少し成長してもらわなければと思う。
2017/04/16 NHK総合[日曜討論]

キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・元外交官・宮家邦彦
核・ミサイル開発・どう向き合う・北朝鮮
偶発的衝突を防ぐためには、キムジョンウン委員長が合理的判断をしなければならない。その上で中国が北に圧力をかけ、米国、韓国、日本が連携して抑止力を維持し、ロシアに介入させないようにすべき。
2017/04/16 NHK総合[日曜討論]

キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・元外交官・宮家邦彦
核・ミサイル開発・どう向き合う・北朝鮮
北朝鮮には妥協する気はない。米国が中国に頼んで、中国が何らかの圧力をかけたに違いないが、中国に言われても嫌だということ。核実験までやるかは別の問題。
2017/04/16 NHK総合[日曜討論]

南山大学教授・平岩俊司
核・ミサイル開発・どう向き合う・北朝鮮
北朝鮮は米国のプレッシャーで態度を変えることは絶対にしないという主張をし、ミサイル発射を行った。米国が反撃しないようなギリギリの線がどこにあるのかを見定めながら行った。
2017/04/16 NHK総合[日曜討論]

寺島実郎
シリア攻撃めぐり米ロに溝・米国・アフガンで大規模爆風爆弾投下
米ロ関係の根底のところではものすごくコミュニケーションしている。大統領選の最中からトランプはプーチンの支援を受けて国際社会ではプーチンの操り人形とまで言われてFBIの捜査まで行われている。その禊をするようにロシアに対してけじめをつけると虚勢を張った攻撃をシリアに対して行った。米ロの共通利害は対ISでは共同で向き合わねばならないこととエネルギー問題。石油価格があまりにも下がったことにエクソンモービルも米国メジャーもロシアも苦しんでいる。シリア攻撃の前の日からシリア攻撃が終わった段階までの間に4ドルもバーレルが上がっている。
2017/04/16 TBSテレビ[サンデーモーニング]

自民党・政調会長代理・小野寺五典
北朝鮮・ミサイル発射・米国の先制攻撃は?
今回の発射というのがもしあったのだとしたら米国にとっては面子の問題になってくる。チキンゲームがあまりこういう形で進むのはいいことではない。
2017/04/16 フジテレビ[新報道2001]
前防衛大臣 中谷元、元防衛大臣 小野寺五典(再生)

岸井成格
緊迫・朝鮮半島に中国は・衝突回避に向けた氷面下の動き
トランプ大統領は中国に期待を示しているが、表向きの緊張の高まりと同時に中国も水面下で相当動いている。北朝鮮がそれを受けるかどうかにかかっている。中国は北朝鮮の面子をつぶさないようになんとか話し合いに持っていこうとしているが、その説得に北朝鮮が応じるかどうか。
2017/04/16 TBSテレビ[サンデーモーニング]

寺島実郎
緊迫・朝鮮半島に中国は・衝突回避に向けた氷面下の動き
シリアとかアフガニスタンとかとは違い、一旦軍事行動を起こしたら相手が大量破壊兵器を含む反撃能力を持っていることを想定しての攻撃になる。反撃されないためには徹底的にその反撃能力をつぶさなければならない。2、3発のミサイルあるいはトマホークを打ち込むだけでは済まない。体制転換を求めないと言いながらも実質的にはこの体制を転換するところまでいかないと反撃能力を維持させたままでは終わらない。
2017/04/16 TBSテレビ[サンデーモーニング]

龍谷大学教授・李相哲
核実験orミサイル発射“30日以内に84%”?
ミサイルと核はセットなので必ずやる。4月25日以前が可能性としては高い。
2017/04/16 フジテレビ[新報道2001]

元外務省審議官・田中均
丹羽・田中・緊迫「北朝鮮有事は」
1994年第一次核危機時の緊張を思い出す。米朝の緊張は日本に被ってくる。当時必死で危機管理計画を毎日作り、眠れない夜が続いた。トランプ大統領、金正恩は考え方も価値観もわからず非常に不安。考えられない要素が排除できない。米国がシリアと同じように先制攻撃すれば、韓国、日本に標的になるのは容易に想像できる。
2017/04/16 TBSテレビ[時事放談]

元中国大使・丹羽宇一郎
丹羽・田中・緊迫「北朝鮮有事は」
国内、政権が不安定だから、米国も北朝鮮も焦っている。力対力の外交方針は危険で、戦争に近づいていく。一番被害を受けるのは日本。国内の米軍基地に対する襲撃の可能性が極めて高い。もっとこの問題をテレビや新聞も真剣に考えるべき。一番心配なのは難民で経済制裁で一番被害を受けるのは中国。ベトナムなども警戒している。日本に十万人も難民が押し寄せたらどうするのか。対応のしようがない。
2017/04/16 TBSテレビ[時事放談]

ジャーナリスト・歳川隆雄
中国は本気で北朝鮮を止めるのか?
北朝鮮の貿易相手国は9割が中国。平壌と地方の格差はひどい。石油が止まればもっと厳しいことになる。
2017/04/15 BSジャパン[日経プラス10サタデー ニュースの疑問]

東京財団研究員・小原凡司
日本が巻き込まれるリスク
オバマ前大統領はレッドラインを引いたが、トランプ大統領はレッドラインを引かない。レッドラインはやってほしくないから引くものだが、トランプ大統領はどのレベルだったら米国が攻撃するかわからなくさせている。
2017/04/15 BSジャパン[日経プラス10サタデー ニュースの疑問]

拓殖大学総長・元防衛相・森本敏
“現実”になる可能性・引き金をひくのは…
米国は中国が挑発活動をやめるよう北朝鮮を説得する時間も与えている。先制攻撃をする可能性は低いが、核実験をした場合は当該施設を破壊する可能性は十分にあり得る。
2017/04/15 日本テレビ[ウェークアップ!ぷらす]

東洋学園大学教授・朱建榮
言いたい事・聞きたい事
北朝鮮を簡単に切り捨てられない理由はひとつには隣国ということもある。また中国には200万人以上の朝鮮族がおり、簡単には一刀両断にはできないということがある。そこには北朝鮮の核の問題は米国などと一緒にやるのが中国の国益になるという計算がある。
2017/04/14 BSフジ[プライムニュース]

コリアレポート・辺真一
「力で立ち向かう」北朝鮮・ミサイル技術の実力は?
簡単な相手ではない。米国統合参謀本部議長が昨年3月上院軍事委員会の公聴会で「北朝鮮の軍事力は世界第4位なので初戦では多分北朝鮮に主導権を握られるだろう」と言った。関脇程度の力は持っている。第2次朝鮮戦争が勃発すれば米国では第2次世界大戦ほどの被害者が出るだろうとの意見もある。それだけの覚悟をもって米国がやるのかという話になる。
2017/04/12 テレビ朝日[羽鳥慎一モーニングショー]

元朝鮮人民軍の脱北者(電話音声のみ)
脱北者が激白「日本も標的」北朝鮮の極秘作戦
(北朝鮮の)サイバー部隊と特殊部隊が各国に散って行き、一部はすでに到着している。そこには日本も当然含まれている。日本には米軍基地があり、その米軍基地から朝鮮半島に向かって攻撃に乗り出すので、日本は攻撃対象からはずせない。金正恩氏は「北朝鮮の恐ろしさを見せてやる」として日本、韓国、米国を火の海にするとして特殊部隊を海外に送り出している。サイバー部隊は情報機関や軍事施設、放送局、原子力発電所を麻痺させる。その国で大混乱を引き起こす。その後、特殊部隊が各地で同時多発的に攻撃を開始する。攻撃には化学兵器や生物兵器も使う。これは北朝鮮が数十年かけて準備してきた戦争のシナリオ。
2017/04/10 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

東海大学教養学部国際学科教授・金慶珠
脱北者が激白「日本も標的」北朝鮮の極秘作戦
最近の米国のシリアへの攻撃に対して、安倍総理が評価するとの声明を出したが、この発言にはご本人の工夫の跡も見えるが、米国のメディアでは「早速安倍総理がアプロウズ、拍手をしている」というふうに報じられてしまっている。何か北朝鮮に対する武力攻撃を日本は容認している、あるいはそれを支持しているかのように受け止められかねないので、そこは慎重になるべき。
2017/04/10 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

弁護士・萩谷麻衣子
脱北者が激白「日本も標的」北朝鮮の極秘作戦
トランプ氏から見てオバマ氏が弱腰に見えるのは、出自の違い。オバマ氏は人権派弁護士でトランプ氏は経営者。弁護士は法律を遵守しているか違反行為ではないかとの思考からまず始まる。これに対し、経営者は今できるかどうかが重要で1年後、2年後に裁判で勝っても意味がない。スピード感を重視している。今後も法律を重視というよりスピード感を重視するような政権になっていく可能性がある。
2017/04/10 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

テレビ朝日コメンテーター・川村晃司
金正恩暗殺&核配備も…北朝鮮に武力行使・米国の本気度
今、こういう状況だからこそ、北朝鮮と交渉すべきだという説が有力になってきている。日本の政府からある意味では外交当局を通じて北朝鮮にもサウンドしている。北朝鮮側も誰が来るのかということも含めて水面下の交渉が行われている。
2017/04/10 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

コリアレポート・辺真一編集長
北朝鮮・金正恩委員長“暗殺計画”も…緊迫!米国vs北朝鮮
米国にとっての北朝鮮のレッドラインはICBMの発射。北朝鮮は(ICBMの発射について)最終段階に入ったと言っている。これは年内にやるとみてよい。もうすでに米国は唯一残っているのは軍事オプションだけだと言っている。米国の戦略司令官が大統領に対し軍事オプションの情報を提供し、その準備も進めているとしている。ICBMの発射ボタンを押したらもう終わりなので早く事態収拾に向けて動かないといけない。
2017/04/10 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

ジャーナリスト・立命館大学客員教授・平井久志
米国「北朝鮮攻撃」の可能性は
トランプ政権に北朝鮮の専門家がいない。北朝鮮がシリアとどう違うのか、どれほど攻撃しにくい国かを知っている人がいない。現在軍事衝突が起こった場合米国は被害を受けないが、被害を受けるのは韓国と日本。トランプ政権がきちんとした戦略で動くかについては不安感がある。5月9日に大統領が決まれば韓国は米国の軍事行動に反対すると思う。
2017/04/09 BS朝日[いま世界は]

テレビ朝日コメンテーター・川村晃司
米国「北朝鮮攻撃」の可能性は
実際に米国は北朝鮮をどうしたいのか。暗殺を目指すのか、体制崩壊を目指すのか。軍事的準備を日本、韓国、中国が容認するのか。事前通告なしに北朝鮮を攻撃するのは無謀。
2017/04/09 BS朝日[いま世界は]

東洋大学国政学部グローバルイノベーション学科教授・横江公美
米国「北朝鮮攻撃」の可能性は
米国が攻撃するから北朝鮮が暴発するのか、何もしなければ金正恩体制がもっと危険な状態になるのか、北朝鮮の状態を分かることが重要。米国が攻撃した場合一番の犠牲者は日韓になる。北朝鮮と言う国の危険性を日本人ははっきり見ていかなくてはいけない。
2017/04/09 BS朝日[いま世界は]

元外務事務次官・立命館大学特別招聘教授・薮中三十二
「挑発」繰り返す北朝鮮・米中首脳会談で何が…
トランプ大統領は何をするかわからない。意外と簡単に北朝鮮に対して軍事行動があるのではと言われ始めている。これは実は日本にとってものすごく危ないこと。心配なのは米国の中の体制が整っていないこと。日本が本格的に外交をリードしなければいけない。
2017/04/09 NHK総合[日曜討論]

元外務事務次官・立命館大学特別招聘教授・薮中三十二
「挑発」繰り返す北朝鮮・米中首脳会談で何が…
米中首脳会談はシリアへの攻撃で影が薄れたが、2つの問題が実はあった。1つは北朝鮮問題をどうするか、もう1つは貿易。北朝鮮については期待した程の成果はなかった。貿易に関しては100日計画ということでじっくりと問題を解決していきましょうということになり、米中の貿易戦争が無くなった。
2017/04/09 NHK総合[日曜討論]

拓殖大学大学院教授・川上高司
「挑発」繰り返す北朝鮮・米中首脳会談で何が…
米国は北朝鮮問題を大きな梃子として通商問題とか為替問題を引き出したかったが、それができなかった。米国側は可もなく不可もなくという所で先延ばしをした。今後の米国の北への政策はもっと厳しくなるのではないか。100日計画を出し通商問題の棚上げをして、中国側のさらなる制裁を期待しつつ、今後軍事力行使もあり得るかもしれないという非常に微妙な結果となった。
2017/04/09 NHK総合[日曜討論]

法政大学教授・下斗米伸夫
米国・軍事攻撃・狙いは?シリア情勢は?
ロシアとの積極的な対話を主張していた人たちが政権から外されているのが今の実情。ティラーソン国務長官が米ロ関係改善のきっかけになるかもしれないが、いつ外されるかはトランプ大統領次第。この点にプーチン大統領は不安感を持っている。
2017/04/09 NHK総合[日曜討論]

拓殖大学大学院教授・川上高司
米国・軍事攻撃・狙いは?シリア情勢は?
今の状況で行くと、ロシアとイランに有利な方向で中東はまとまる。このタイミングで何かをやっておかないとIS対策が米国に有利に働かない。トランプ大統領の今回の攻撃は、その後の秩序作りのことを考えてのこと。ロシアとの関係を有利に進める所で米中関係を1つ区切りにして、その次のステップとしてロシアとの対話、中東情勢、ヨーロッパを戦略的に考えた結果。
2017/04/09 NHK総合[日曜討論]

東京外国語大学教授・青山弘之
米国・軍事攻撃・狙いは?シリア情勢は?
対ISのテロとの戦いは、ISの中心拠点を孤立化させることに成功していて、あとは実際に解放作戦を行うかどうかという時間の問題だが、ISを放逐した後に誰がどういう風に支配するかが決まっておらず、イニシアチブを取らなければいけないのは米国とロシア。ただ今回の件で米ロのギクシャクが残ってしまうと、対テロ戦争そのものが鈍ってしまう危険性がある。
2017/04/09 NHK総合[日曜討論]

防衛大学校長・国分良成
米国・軍事攻撃・狙いは?シリア情勢は?
(米国のシリアへの軍事攻撃は)ものすごく大きな北朝鮮に対する圧力になっていることは間違いない。中国にもきちんと北朝鮮に対応するというプレッシャーになった。
2017/04/09 NHK総合[日曜討論]

法政大学教授・下斗米伸夫
米国・軍事攻撃・狙いは?シリア情勢は?
ロシアはアサド政権を支持するというより、中東の枠組み全体が崩壊しかかっている中でシリアを支えざるを得ない。そのポイントが対テロ政策で、トランプとの協調が期待されてきた。それが急に別の回路に入ったことに対し驚きと問題がある。米ロデタント、グランドバーゲンが遠のいたことは間違いない。
2017/04/09 NHK総合[日曜討論]

元外務事務次官・立命館大学特別招聘教授・薮中三十二
米国・軍事攻撃・狙いは?シリア情勢は?
驚いた。今までトランプ大統領が言ってきた米国ファーストやシリアのことは深入りしないと言っていたのとは180度違う。1枚の可哀想な映像だけでトマホークを59発も撃った。トランプ大統領は予測不能で直観で動く。日本のような同盟国にとっては頼もしいのかというと、ちょっと危うい。次のステップが全然考えられていないのでこれからの展開に注目する必要がある。
2017/04/09 NHK総合[日曜討論]

外交評論家・岡本行夫
緊迫する朝鮮半島・米中の温度差浮き彫り
キムジョンウン体制というのは異常。就任から5年ですでに70回もミサイル発射実験をやっている。金正日総書記体制の時にはミサイル発射実験というのは31回だった。北朝鮮を挑発はすべきでない。真珠湾攻撃をやった当時の日本のように今の北朝鮮は追い詰められたら何をするかわからない。中国を通じて制裁を強化しその結果を見る前に米国が挑発行動をとるべきではない。
2017/04/09 TBSテレビ[サンデーモーニング]

岸井成格
緊迫する朝鮮半島・米中の温度差浮き彫り
シリアに対してはレッドラインという言葉をよく使うが、それがシリアの場合は化学兵器だった。トランプ政権が北朝鮮に軍事行動は選択肢のひとつとしてあると言ったが、その時のレッドラインは何なのか。それがICBMの完成なのか、あるいは核の小型化なのか、なかなかキャッチするのが難しい。
2017/04/09 TBSテレビ[サンデーモーニング]

外交評論家・岡本行夫
米国・突然の軍事行動“化学兵器使用”シリア軍攻撃
米国はミサイルで威嚇するというやり方は何度もやってきているので割合、敷居が低く、すぐにやってしまうのだが、今回の攻撃はいささか性急だった。ちょうど習近平との会談を終え、ノーとは言えない絶妙なタイミングで攻撃を伝えた。トランプ政権の取り巻き、アドバイザー達がお膳立てした政治的なタイミングの選択。せめて国際社会に言ってからやるべきだった。
2017/04/09 TBSテレビ[サンデーモーニング]

岸井成格
米国・突然の軍事行動“化学兵器使用”シリア軍攻撃
トランプ政権の支持率が落ちている中で今回、完全に軍人主導でスピード決定が行われた。つまり人事が停滞していて国防総省も国務省も大事な人事が空席のまま、国防総省も国務省のシビリアンがほとんど相談も受けずにマティス国防長官の下、軍人主導で決めてしまった。これはシビリアンコントロールからして問題があるのではないか。
2017/04/09 TBSテレビ[サンデーモーニング]

ロシア・ラブロフ外相(VTR)
安倍首相「米国の決意支持」米国・シリア軍攻撃に世界は
この攻撃はこじつけの口実に基づいた侵略行為だ。
2017/04/09 TBSテレビ[サンデーモーニング]

スコーグ国連大使(ニューヨーク)
安倍首相「米国の決意支持」米国・シリア軍攻撃に世界は
軍事行動は国際法に基づいて行われることが重要だ。これ以上のリスク拡大を避けるためには自制が必要だ。
2017/04/09 TBSテレビ[サンデーモーニング]

安倍首相(首相官邸)
安倍首相「米国の決意支持」米国・シリア軍攻撃に世界は
米国政府の決意を日本政府は支持する。
2017/04/09 TBSテレビ[サンデーモーニング]

元北朝鮮女工作員・元正花
青瓦台・ホワイトハウス・東京?元工作員が語る・北朝鮮の標的
日本を攻撃するということになったらターゲットは東京で、米国の場合はホワイトハウスになる。韓国の場合は青瓦台を攻撃する。
2017/04/09 フジテレビ[新報道2001]

自民党・元内閣府特命担当相・山本一太
青瓦台・ホワイトハウス・東京?元工作員が語る・北朝鮮の標的
米国が北朝鮮の脅威を認識して、前面に立ってくれるということはいいシナリオではあるが、逆に言うとそれはリスクが高まるということ。米国が万が一、北朝鮮を攻撃する場合でも緊密に協議できる場を作っておくことが死活的に重要。
2017/04/09 フジテレビ[新報道2001]

産経新聞ワシントン駐在客員特派員・古森義久
米国「北朝鮮攻撃」の現実味・4月危機?工作員どう動く
最終手段として北朝鮮への軍事攻撃を米国が考えていることは間違いない。1994年ぐらいから米国の北朝鮮政策を見てきているが、米国では今が一番、軍事的手段による解決というオプションが語られていて、それが一番現実味を帯びてきている。議会で有力な議員達が、「攻撃のための法案を作ろう」とか、在韓米軍の統合参謀本部長、司令官をやった人たちが公開の場で「これはもう軍事攻撃しかないのだ」というようなことを主張している。これまでは北朝鮮を攻撃すると全面戦争、全面攻撃で反撃してくるので韓国に莫大な被害が出るのでそれはできないというところで議論は終わっていた。今回は北も愚かではないので抑止できるのではないかという意味で軍事オプションが強まっている。
2017/04/09 フジテレビ[新報道2001]

韓国国防安保フォーラム・ヤンウク首席研究員(VTR)
朝鮮半島情勢が緊迫!?米海軍の動きに異変が・・・
東アジア海域ではこれまで米軍は空母1隻と強襲揚陸艦が1隻が通常だったが、それが倍増している。これは異常事態であり、米軍がいつでも北朝鮮に直接攻撃でき、上陸できるという意思表示。米国の本気度が確実にうかがえる。
2017/04/09 フジテレビ[新報道2001]

自民党・元内閣府特命担当相・山本一太
シリア×北朝鮮に化学兵器ルート?トランプ政権は攻撃するか
北朝鮮というと核兵器の脅威ばかり強調されるが、生物兵器の危険性も考えるべき。日本が攻撃を受けた際、どうするのか。自衛隊はNBC偵察車なども持っているが、国民をどう避難させるか、誘導させるかが重要であり、有事を想定した本当に大規模な訓練をやるべき時にきている。もしシリアの化学兵器に北朝鮮が関係しているのであれば、ある意味米軍の空爆の可能性を高める要因のひとつとなるかもしれない。
2017/04/09 フジテレビ[新報道2001]

フジテレビ上席解説委員・平井文夫
シリア×北朝鮮に化学兵器ルート?トランプ政権は攻撃するか
米国は軍事作戦はしないと世間は思っていたが、トランプがやってしまった。米国はやる時はやるんだなということがわかった。「国連憲章違反ではないか」とかいうレベルの問題ではなく、米国が何をするかわからない国に戻った。北朝鮮への軍事作戦もおそらくないだろうと高を括っている人が多いが、今回のシリア軍基地爆撃は、もしかしたら北に対しても何かきっかけがあればやるのではないかということを世間に知らしめた。
2017/04/09 フジテレビ[新報道2001]

産経新聞ワシントン駐在客員特派員・古森義久
保守派バノン外しで異変!?トランプ政権・強硬政策に転換
今までトランプを叩いていた人が今回の攻撃はみんな称賛している。ヒラリークリントンに至っては、「私だったらもっとやる」とまで言っている。ハリードザカリヤというリベラル派のジャーナリストが「政権誕生以来74日目でトランプは初めて米国の大統領になった」と言っている。
2017/04/09 フジテレビ[新報道2001]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.