テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【あの一言】

“最後のとりで”エクモに脅威…・未知の血栓
番組ナレーション
今、重症患者の命をつなぐ最後のとりで「エクモ」に新たな脅威が浮かび上がっている。体内から血液を取り出し、酸素を加えて戻す人工心肺装置「エクモ」。血栓ができるケースが続出している。血液の流れが止まって肺や脳などで出血が起きるおそれがある。ウイルスが侵入すると血管の細胞が傷ついたり炎症が起きたりして血の塊、血栓ができやすくなると考えられている。血栓が詰まった場合、患者の命を守るためにはチューブを30秒以内に取り替えるなどの困難な作業が必要になる。さらに従来なら効果があるはずの薬も通用しない可能性が見えてきた。血液を取り出して有害な物質などを取り除く特殊な医療機器が僅か30分ほどで回路が詰まり、動かなくなってしまうケースが相次いでいる。血を固まりにくくする抗凝固薬を投与しても防ぐことが難しい、未知の血栓ができているのではないかと考えている。
2020/07/21 NHK総合[クローズアップ現代+]

国立国際医療研究センター病院・片桐大輔医師(VTR)
抗凝固薬も十分注意して調整してあらかじめ設計してもあっという間に20分か30分ぐらいで回路が固まってしまう。
2020/07/21 NHK総合[クローズアップ現代+]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.