テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【あの一言】

三浦瑠麗の発言まとめ
ネット時代の本音・保守化傾向の核心
自民党に対する支持が野党に対するアンチなのか、自民党の現状を肯定しているのかというと、その両方が混ざっている。日本の保守を割るのは、やってみたら難しかった。日本はまず護憲か改憲でイデオロギーが分かれている。ほかの論点は利権バッシングしかない。利権バッシング以外で保守を割ることは難しい。90年代からの失敗の歴史を見ると、保守だとすると自民党しか選択肢がないという日本社会のあり方そのものが反映されているのではないか。いまの若者は何で投票していいのか分からない。だがとりあえず、9条死守ではないから、自民党に入れてしまう。北朝鮮が怖いから入れてしまう。深く考える選択肢も与えられていない。
2017/11/03 BSフジ[プライムニュース]

激論!米朝緊迫!日本の役割とは?!
トランプ政権はオバマ政権を否定するあまり、イランとの素晴らしい核合意を捨て去ろうとしている。その裏で、オバマ政権が犯した最も大きな過ちの一つである“北朝鮮無視”を継続しようとしている。オバマ政権と同じく北朝鮮に対する国民への見え方を気にしている。制裁を頑張ってやりました「タカ派ですよ」とやりつつ、ほとんど何もせず北朝鮮に時間の利益を与えてICBMでも核でもどんどん開発のチャンスを与えるという政権になっている。
2017/09/30 テレビ朝日[朝まで生テレビ!]

激論!米朝対立と日本・中国・ロシア
今回の危機で一番名前が挙がったのは中国。中国だけが北朝鮮に対し影響を与えられるということで国際社会で中国の存在感が高まっている。中国と言えば圧政の国北朝鮮を放置し、そこに利益を見出す一番の国であり、穴のある制裁をちょこちょこととやって名声を高めている国。今回、米国が危機を煽っているが、それによって得をするのは中国。
2017/04/29 テレビ朝日[朝まで生テレビ!]

徹底分析・日米首脳会談
在日米軍の駐留経費に言及せず、日米が日米同盟に投資をして防衛力構築の必要があるとしたのは表の議論をやめるということ。安保法制成立の背景も含め今まで米国から日本に対しては水面下で様々な圧力があった。日本の貿易はずっと下がってきて打ち止まって少し上がった状況。中国の軍拡の状況を考えると防衛費自体を上げることは問題ないが中身をきちんと話し合わないと、裏だけで議論が進むことは問題。
2017/02/12 NHK総合[日曜討論]

徹底分析・日米首脳会談
日米首脳会談は満点に近い。安全保障の重要な点を全てトランプ大統領の口から言わせたのはひとつの成果。会見で米中の貿易摩擦問題こそがトランプ大統領の関心の第1なのだとよくわかった。同時に言葉の順番などにも注目してみてみると日本というものが例えば中国、日本と中国の次に日本が置かれていたりして彼の真意がわかった。今後、内政問題に踏み込んでいった時にこの政権の難しさが出てくるだろう。
2017/02/12 NHK総合[日曜討論]

激論!ド~なる?!米中関係
対中政策が対立的になるのではと言われているが、国家通商会議・ピーター・ナバロは通商とかで中国を攻めるために置かれた人事であってトランプ政権が安全保障に関していきなり尖閣を守ってくれる話になるとか、中国とは南シナ海で対立する政権になるというのは(日本側の)見込み違いで、そうはならない。
2017/01/28 テレビ朝日[朝まで生テレビ!]

トランプ大統領の行方・日本・世界への影響は?
日本はこれからディールメーカー・トランプと厳しい交渉に直面しなければならない。ただ米国がここで日本製品に完全に門戸を閉ざしたなら、日本の繁栄の基礎が壊れてしまうのでそこは米国と連携していかないといけないし、米国市場と日本市場という非常に購買力の高いマーケットを背景に東南アジアに中国より先に進出していく必要があり、それを安倍政権が主導していけるかどうかにかかっている。
2017/01/24 テレビ朝日[報道ステーション]

トランプ発言・メキシコがピンチ・日本に何が起きるのか…
トランプ氏は数々の暴言でよくわからない上、実現不可能なことを出しているように見えるがそれらは全てトリック。本当にやりたい経済改革のために人々の嫉妬を意図的にあおったりしている。それは劇的な改革をするためには仕方がない、真の目的が隠されている。その目的を理解しないと日本は置いていかれてしまうだろう。
2017/01/16 テレビ東京[未来世紀ジパング]

尖閣諸島沖の緊張と行方・中国船“領海侵入”の狙い
中国は船隊を組んで移動しているので、外形的に見ると威力偵察のレベル。中国の主張はあるだろうが、同時に日本は(尖閣を)実効支配していて日本の領土だと言っているので、中国側は日本から見た時に威力偵察と見られる行為をあえてリスクを犯してやっている。その意図は嫌がらせであり、かつ軍事的にエスカレーションさせている。何故嫌がらせをするのかというと、日本が南シナ海問題に首を突っ込んでるからだと言いたいのだろうが、問題はどこがゴールなのかというところが見えないこと。尖閣に上陸したら戦争になりかねない。軍事紛争に繋がりかねない外交を国内的に政治利用するのは非常に危険。こんな事を普通の国がやれば絶対にそのまま捨て置かれることはない。
2016/08/10 BSフジ[プライムニュース]

国連安保理「北朝鮮非難」・中国の反対で声明見送りへ
一番問題なのはミサイルが飛んでくる状況に日本人が慣れてしまっていること。北朝鮮という悪者に対して影響力を及ぼすにも中国のお伺いを立てなくてはいけない状況は、日本人にとっても非常にイライラする状況。中国にとっての安全保障に懸念があるのかもしれないが、北朝鮮が行っている暴挙に対して中国が自国の安全保障上の懸念を持ちだして、北朝鮮に対する外交的圧力に反対するのは筋違いも甚だしいところで決して許してはならないロジック。
2016/08/10 BSフジ[プライムニュース]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.