テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【あの一言】

中谷元の発言まとめ
3人の元防衛相に聞く・日本防衛「盾と矛」両立論
今回の河野大臣の決断によって、ミサイル防衛全体のブランドデザインという議論もできたし、抑止の議論もしたし、避難の問題もできたので良かった。以前から提案していたIAMD・総合ミサイル防空計画ということも踏まえ、議論ができた。
2020/08/03 BSフジ[プライムニュース]

<NEWSドリル>危惧・一体何を?中国当局の船・尖閣諸島・接続水域で連日行動
中国の海警が4隻行動。1隻は機関砲のようなものを積んでいる。
2020/07/27 テレビ朝日[大下容子ワイド!スクランブル]

森本敏×中谷元×小野寺五典・日本が持つべき「反撃力」
一度に10発飛んできたり、イスカンデルのような変則軌道ミサイルや、極超音速低空弾にどう対応するかが今後の課題。憲法9条は必要最小限の自衛措置として反撃をする、撃たせないというのも一つの自衛の範囲でできるとしている。ミサイル基地を叩いたり、ミサイルを飛ばす後方地域である策源地を叩くなど、必要最小限の範囲というのがどこまで許されるかというのは今後議論が必要なところ。
2020/07/10 BSフジ[プライムニュース]

“断念”イージスアショア・元防衛3大臣に問う「今後」
イージスアショアの議論と敵基地攻撃能力の議論は自民党はすでに2つとも提言しているので、絡めた問題ではなく2つとも大事な問題。イージスアショアのFMSという購入の仕方について中身が知らされていない。契約はレーダーのほうがされているが全体でどのくらいかかるかというのがまだ分からない。FMSの買い方はいきなり製品が来てその中身について十分熟知できないので地元にも説明できないので、買う以上は習熟してきちんと説明することは必要。日米で共同開発したミサイルでさえ情報が全部日本に開示されていないという現実がある
2020/07/10 BSフジ[プライムニュース]

中国が「3海域」で軍事演習・米国の東アジア戦略は?
中国は既成事実を積み上げている。今から10年前は南シナ海はサンゴ礁の綺麗な海だったし公海だった。既成事実化しようとして今回3ヵ所で同時に訓練をした。
2020/07/10 BSフジ[プライムニュース]

中国が「3海域」で軍事演習・米国の東アジア戦略は?
中国はコロナ問題を克服して軍事力を誇示する、覇権を示す意味でこの時期、南シナ海で2つの大きな訓練をした。この他にもインドも国境地帯でインド兵に対して襲いかかる、尖閣列島では80日近く接続水域に入って、行動を密にしてきている。
2020/07/10 BSフジ[プライムニュース]

“陸上イージス停止”防衛相経験者の指摘
北朝鮮がミサイルの改良を進めて特にこの5年間、軌道が読めないようなミサイルとか巡航ミサイルとかを、できる限り限られた予算の中で国が守っていかなければならない。
2020/06/21 TBSテレビ[サンデーモーニング]

対中対立の焦点と引き金
天安門事件の時に株式市場ができ、中国は大きな国になった。中国は社会主義のため情報も政府がコントロールしているため日本としても心配している。
2020/01/13 BSフジ[プライムニュース]

3人の元防衛相にきく・中国軍事パレードの「照準」
米国に向けて、特に米中貿易問題に安全保障まで絡んできているので、いかなる事があっても安全保障において中国は揺るがないということを軍事パレードで示す必要があった。DF-17極超音速滑空体ミサイルは2000km飛び、グアム、台湾、日本においては新たな脅威になるが、いずれも米国軍基地があるので米国に対する抑止、威圧という局面が多かった。
2019/10/10 BSフジ[プライムニュース]

3人の元防衛大臣に言いたい事、聞きたい事
核抑止を効かせることは大事だが、持ち込みについては民主党の岡田大臣の時に事前協議でその時の政府が判断すればと言う話もあった。核は事前協議を行えばもちこんでもいい。
2019/09/12 BSフジ[プライムニュース]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.