テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【あの一言】

古川勝久の発言まとめ
北朝鮮・“非核化”のリアル・難題山積・本当に可能か?
核開発データは完全には処分できないが、今北朝鮮が持っている核弾頭デザインとかあらゆる書類は運び出す必要がある。リビアの場合は化学兵器とか核兵器の計画だけだったが持ち出した書類の量は25トンだった。北朝鮮はもっと広大な計画を核・ミサイル・化学兵器などで持っているので相当なトン数になるだろう。
2018/05/23 日本テレビ[情報ライブ ミヤネ屋]

北朝鮮・“非核化”のリアル・難題山積・本当に可能か?
核とかミサイルに従事していた人たちに新しい仕事を与える必要がある。例えば日本なども含めた国際社会で、彼らに平和分野での新しいポストを与える取り組みが必要になる。
2018/05/23 日本テレビ[情報ライブ ミヤネ屋]

北朝鮮・“非核化”のリアル・難題山積・本当に可能か?
2年間でできることはかなり限られている。北朝鮮がもし協力し核弾頭、高濃縮ウランとかプルトニムなど持っているモノ全て米国に輸送できたとしたらそれはすごいことだが、他に隠し持っているのではないかという疑念が常に出てくる。この検証プロセスにはかなりの長い時間がかかる。
2018/05/23 日本テレビ[情報ライブ ミヤネ屋]

気になる来週の予定
16日、北朝鮮問題に関する外相会合がカナダで行われるが、この会合は米国、カナダを中心にした国連軍のメンバー国が中心になっている。ここで北朝鮮の船舶に対する検査などハードな圧力強化策が議論されることになる。日本として何ができるか、もう一度船舶検査のあり方について議論する必要がある。
2018/01/13 BSジャパン[日経プラス10サタデー ニュースの疑問]

「北朝鮮製」発射台の脅威“全米射程”ミサイル量産へ
発射台の数が増えれば増えるほど、ミサイルも増え発射台の数も増える。結局、ICBMの打撃戦力が北朝鮮の国中に拡散することができるので、それを事前に探知し破壊するのは極めて困難になる。
2017/12/03 フジテレビ[新報道2001]

金委員長が異例の声明・外相“太平洋上で水爆”示唆
今回の米国独自の制裁は経済制裁という次元を超えた経済封鎖を狙ったもの。特に銀行、中国にしても他の国々にしても北朝鮮との取引きに巻き込まれた銀行が、米国財務省の制裁対象になり、ドル建ての取引きは今後一切できなくなる。国際金融システムからはじかれるぐらいのかなり深刻なこと。国連制裁はあくまで核・ミサイル関連に絞ったものだったが、今回の米国による制裁は北朝鮮との取引きそのものをやめろというもので、極端な話、日本国内でも北朝鮮と関係のある団体や個人、企業に巻き込まれた日本の金融機関さえ米国財務省の制裁を受ける可能性がある。それぐらいの強烈な内容になっている。
2017/09/23 日本テレビ[ウェークアップ!ぷらす]

<Big Stories>米朝対話の可能性は?
現実、北朝鮮が日本を見ていないのは残念な事実。しかし実務レベルでのコンタクトはあるので日本はトランプ大統領を通じて北朝鮮にアプローチするしかない。残された道は歴史的事例をみると制裁プラス外交、または制裁プラス軍事オプションしかない。
2017/09/17 BS朝日[いま世界は]

<Big Stories>間違いだらけの国連制裁?
国連の制裁の効果は確かにあった。そもそも制裁がなければ、今頃北朝鮮は米国まで届くICBMをとっくに作っていた。核兵器もプルトニウム型のものは数十個は作れていたはず。制裁の目的はそもそも開発を遅らせることにあり、その役割をこれまで国連は果たしてきた。問題は遅らせる時間というのがもうギリギリまできており、なくなってきたということ。ただし、北朝鮮が米国まで届くICBMを確立させたとしても、その戦力を最小限にするという意味では国連の制裁はこれからもずっと重要になる。
2017/09/17 BS朝日[いま世界は]

<Big Stories>安保理決議・異例のスピード採決・なぜ?
完全に封鎖しないと禁輸物資を完全に止めることは不可能。国連として石油を禁輸にすればかなりの量が減ることは確かだが、北朝鮮は独裁国家なので国民の生活を犠牲にして中枢部に集中的に残った資源を投下する。実体問題として制裁だけで止めるのはかなり厳しい。
2017/09/17 BS朝日[いま世界は]

<ひるトク!>制裁受けて北朝鮮の次の行動は?専門家が読むXデーと核・ミサイル
国連の制裁で開発のペースを遅らせることはできても、それ以上のことを制裁に期待されても現実的ではない。
2017/09/12 TBSテレビ[ひるおび!]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.