テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【あの一言】

古川勝久の発言まとめ
金委員長が異例の声明・外相“太平洋上で水爆”示唆
今回の米国独自の制裁は経済制裁という次元を超えた経済封鎖を狙ったもの。特に銀行、中国にしても他の国々にしても北朝鮮との取引きに巻き込まれた銀行が、米国財務省の制裁対象になり、ドル建ての取引きは今後一切できなくなる。国際金融システムからはじかれるぐらいのかなり深刻なこと。国連制裁はあくまで核・ミサイル関連に絞ったものだったが、今回の米国による制裁は北朝鮮との取引きそのものをやめろというもので、極端な話、日本国内でも北朝鮮と関係のある団体や個人、企業に巻き込まれた日本の金融機関さえ米国財務省の制裁を受ける可能性がある。それぐらいの強烈な内容になっている。
2017/09/23 日本テレビ[ウェークアップ!ぷらす]

<Big Stories>米朝対話の可能性は?
現実、北朝鮮が日本を見ていないのは残念な事実。しかし実務レベルでのコンタクトはあるので日本はトランプ大統領を通じて北朝鮮にアプローチするしかない。残された道は歴史的事例をみると制裁プラス外交、または制裁プラス軍事オプションしかない。
2017/09/17 BS朝日[いま世界は]

<Big Stories>間違いだらけの国連制裁?
国連の制裁の効果は確かにあった。そもそも制裁がなければ、今頃北朝鮮は米国まで届くICBMをとっくに作っていた。核兵器もプルトニウム型のものは数十個は作れていたはず。制裁の目的はそもそも開発を遅らせることにあり、その役割をこれまで国連は果たしてきた。問題は遅らせる時間というのがもうギリギリまできており、なくなってきたということ。ただし、北朝鮮が米国まで届くICBMを確立させたとしても、その戦力を最小限にするという意味では国連の制裁はこれからもずっと重要になる。
2017/09/17 BS朝日[いま世界は]

<Big Stories>安保理決議・異例のスピード採決・なぜ?
完全に封鎖しないと禁輸物資を完全に止めることは不可能。国連として石油を禁輸にすればかなりの量が減ることは確かだが、北朝鮮は独裁国家なので国民の生活を犠牲にして中枢部に集中的に残った資源を投下する。実体問題として制裁だけで止めるのはかなり厳しい。
2017/09/17 BS朝日[いま世界は]

<ひるトク!>制裁受けて北朝鮮の次の行動は?専門家が読むXデーと核・ミサイル
国連の制裁で開発のペースを遅らせることはできても、それ以上のことを制裁に期待されても現実的ではない。
2017/09/12 TBSテレビ[ひるおび!]

<ひるトク!>効果なし?北朝鮮制裁の実態・ミサイル開発続くワケ
石油禁輸は脅しで使っているうちはいいが、実際に使うとなると日本にとってもハイリスクなことが起きる。北朝鮮をなんとか外交に引きずりこむという交渉を始めるためのツールとして使うべき。
2017/09/01 TBSテレビ[ひるおび!]

<ひるトク!>なぜ“石油”止められない?中国とロシアが手を引けないワケ
中国が北朝鮮への石油輸出を減らそうとしていて、一方でロシアは北朝鮮への石油輸出を増やそうとしている。お金になり、かつ安保理決議で禁じられてさえいなければ何をしてもいいというのがロシアのスタンス。ただ代金をドルで支払ってもらいたいということがある。この部分に関しては米国は規制をかけることができる。ロシアからの輸出は思ったほど増えない可能性がある。
2017/09/01 TBSテレビ[ひるおび!]

ミサイル開発加速の秘密・狙われる日本の最新技術
北朝鮮は我々が予想しない形で海外の市販品を兵器に転用してしまう。それが北朝鮮の巧みなところ。なぜか日本のフルノ社のレーダー製品を大量に仕入れていて、大体の北朝鮮海軍の艦船にはフルノ社の製品がついている。
2017/08/20 フジテレビ[新報道2001]

平昌五輪で南北合同チーム?・融和策へ突き進む文政権
ワシントンDCが見ているのはあくまでもイラン制裁であり、ロシア制裁。さらにトランプ政権自体、ロシアゲートなどで足元が揺らいでいる。トランプ大統領は北朝鮮問題を口ではトッププライオリティとは言っているが、体が十分ついていけていない。
2017/07/01 TBSテレビ[上田晋也のサタデージャーナル]

国連安保理・追加制裁採択・ミサイル開発のキーマンは除外
ミサイル開発の中心人物のキムジョンシクは対象とされなかった。国連は制裁リストの古い順に制裁対象にしている。
2017/06/05 TBSテレビ[ひるおび!]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.