テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【あの一言】

宮家邦彦の発言まとめ
最新分析・中東情勢の行方は
元々この核合意は不完全なものだった。米国としては、本来はこの核合意ではなくてもっとイランに対して厳しい合意を認めさせようということで、再交渉したいというのが本音。
2020/01/19 NHK総合[日曜討論]

最新分析・中東情勢の行方は
イランと米国の戦争はまだ続いている。少なくともイラク戦争以来、十数年続いている。今まではどちらかというと直接戦闘には至らないような代理戦争がずっと戦われてきた。何かのはずみで米国が直接攻撃をしてしまった。それに対してイランも報復をしたが、お互いに自制がきいて、ある意味で抑止がきいたので今はおさまっている。これが次の段階に進むというよりは、元の不正規戦、非対称戦、代理戦争に戻る。イランの目的というのは軍事的に米国と戦うことではなくて、イラクもしくは中東地域から米国のプレゼンスを減らそうとしている。これからも不正規戦は続く。
2020/01/19 NHK総合[日曜討論]

注目・北朝鮮・年末までに新たな行動も…“クリスマスプレゼント”は?
北朝鮮は1年前、経済建設をやるためにICBMと核実験をやめるんだという形で重大な決定をしたが、それから1年以上たっても米国は反応してこなかった。残念ながら年末の期限がくれば、なんらかの形でより強硬な態度に出てくる可能性は十分ある。北朝鮮が非核化をすることはない。2017年ほど対立的ではないが、戦争でも平和でもない非常に不明瞭な部分が残ったままの対立が維持される。中国とロシアはその状況をうまく使いつつ、できれば米国を朝鮮半島から追い出したいと考えている。
2019/12/21 日本テレビ[ウェークアップ!ぷらす]

中国のウイグル問題に新展開・今後日本はどう向き合う?
中国側は首脳会談を行うことを非常に重視しており、それを絶対成功させたいと思っている。日本としては中国側がいつ来るのか、どこで何の話をするのかの詰めを水面下で行う。その時に香港、チベット、ウイグルはどうなのかというやり取りを行うことは可能。日本から断ってしまうとそれが全然できなくなる。日本の意思を中国側にうまく伝えたいのであれば、こちらから(習主席を)招待しているわけなので、準備をしながらその中で議論をして中国側に理解させるチャンスがむしろある。キャンセルしてしまえばそれができなくなる。
2019/12/11 テレビ朝日[大下容子ワイド!スクランブル]

台湾総統選への影響は?
国民党は中国との親和性が高い。民進党は独立派。いままでは中国が台湾に対して経済的にも政治的にも影響力を増やしてきた。しかし、新疆ウイグルでやっていることを見ても、香港を見ても中国と一緒にやってもあまりうまくいかないのではないかと思い始めている。台湾は台湾だけでいかないとだめなのではないかということで民進党・蔡英文の人気ががぜん上がってきている。
2019/12/05 BS日テレ[深層NEWS]

星条旗を手に民主化デモ「香港人権法」に希望は?
民主派には追い風が吹いたと思いたいが、実際には逆。北京はあれだけの大敗を喫し、さらに人権法までできてしまった。北京は香港を絶対に民主化させないと逆に強硬になるだろう。香港の人たちがやっていることは正しいが、残念ながらより強い反発を招く。彼らは厳しいことを香港政府に全部やらせ責任は全部、香港に負わせることで民主化を徐々に封じ込めていく。
2019/12/01 フジテレビ[日曜報道 THE PRIME]

“期限”迫る米朝協議・首脳会談は実現するのか?
来年になったら予備選が始まる。11月までトランプ大統領は外国に行って金正恩党委員長と会っている暇はない。今回のトランプ大統領は選挙でかなり苦戦する。北は降りる気がない、米国が降りない限り北朝鮮はディールする気はない。
2019/11/28 BSフジ[プライムニュース]

GSOMIA“破棄凍結”・日米韓連携の行方
米国は38度線ということで今まで守ってきたが、韓国が同盟国としてどれだけ価値があるかという話になると、米国の一部の人達がアチソンラインに戻ってもいいじゃないかと言い始めかねない。これは日本にとっては危険なこと。
2019/11/28 BSフジ[プライムニュース]

トランプ大統領が署名・成立・「香港人権法案」で米中関係は?
トランプ大統領の頭の中は8割くらいが選挙のこと。香港の法案は議会の全会一致でできている。議会とケンカしてまで戦う意味がない。トランプ大統領なりに判断して今サインしても失うものはないと判断した。
2019/11/28 BSフジ[プライムニュース]

最新分析・日韓関係・米国大統領選挙
残念ながら(北朝鮮の非核化問題については)非常に悲観的。北朝鮮が、今までの動きを見ている限り非核化という言葉の定義すらまだ合意がないと言っていることに象徴されるように、おそらく最後の最後まで非核化の問題、核兵器を廃棄するという問題については取り上げる気はない。おそらく米国の足元を見ている。このまま非核化が進まない中で徐々に今までの圧力が弱まっていくことが非常に心配。
2019/11/10 NHK総合[日曜討論]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.