テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【あの一言】

宮家邦彦の発言まとめ
<けさ知っておきたいニュースまとめ>“パリ暴動”フランス政府が燃料増税を延期
もともとマクロン大統領は強力な政治家ではなかった。左右が割れた時にある意味で浮上した実力が未知数の政治家だった。こういう形で改革をやろうとする意気込みは理解できるが、フランスの国内情勢というのはきわめて厳しいのだとつくづく思う。これは単にフランスだけの問題ではなく、EUもしくは国際主義を掲げるドイツの首相も苦労している。その意味ではEU全体にとっての大きな問題になる。
2018/12/05 テレビ朝日[グッド!モーニング]

日ロ・米中・専門家が分析
今ちょうど米国は中間選挙が終わってある程度、国内のことを守り抜かなくてもいいチャンスだと思う。トランプ大統領の頭の中を変えるというのは難しいかもしれないけれども、いかに多国間主義が大事かということを、2国間だけでは物事は解決できないということをやる良いチャンス。
2018/11/25 NHK総合[日曜討論]

日ロ・米中・専門家が分析
(北方領土返還交渉では)どこかの時点で妥協するのかどうかという大きな問題がいずれくるはず。その時に内容も大事だが、1番大事なことは国民にそれをどうやって説明するかということ。国民に説明できないようなディールがあればそれは必ず行き詰まる。国民に説明できることを前提に置いて、どのような形で説明するかと考えながら交渉していかないと、非常に難しい局面に達してしまう。
2018/11/25 NHK総合[日曜討論]

日ロ・米中・専門家が分析
(北方領土返還交渉では)どこかの時点で妥協するのかどうかという大きな問題がいずれくるはず。その時に内容も大事だが、1番大事なことは国民にそれをどうやって説明するかということ。国民に説明できないようなディールがあればそれは必ず行き詰まる。国民に説明できることを前提に置いて、どのような形で説明するかと考えながら交渉していかないと、非常に難しい局面に達してしまう。
2018/11/25 NHK総合[日曜討論]

中間選挙・議会「ねじれ」に・米国はどこへ・世界は
日本人は北朝鮮の問題を大きく見ているが、米国国内でそんなに大きいとは思っていない。中間選挙でもイシューになっていない。1番大きな問題は、ホワイトハウスの中で大統領と大統領以外の人で温度差があって、トランプ大統領は成果を出したい。しかし下の方は原則を守りたい。この温度差があることを念頭に置かなければいけない。もう1つはプライオリティが低いということ。そんなに急いでやる必要はない。その意味では来年になるという発言も別に驚くべきではない。問題は、内政的に大統領が何らかの形で追い詰められて、何らかの形で目眩ましをやらなければいけない時、戦略のない形で不必要な妥協をしながら首脳会談だけが行われてしまうという最悪の事態。
2018/11/11 NHK総合[日曜討論]

中間選挙・議会「ねじれ」に・米国はどこへ・世界は
全体としては米国の民主主義のバランス感覚がきいたということ。もう1つ言えることは社会の分断が広がったということ。共和党だけでなくて民主党の中でも両極化が進んでいる。ねじれているので、まともな法律は通らなくなる。即ち内政的には非常に対立が厳しくなる。焦点としてはロシアゲートがあって、ロシアゲートの追及を下院の方で民主党がやりやすくなり、これから公聴会、召喚状、証言という話になってきて、全体として政策が混乱する。政権維持も非常に難しくなる。
2018/11/11 NHK総合[日曜討論]

米国・中国に続き…日本も?貿易摩擦は不可避か
米国と中国は単なる貿易問題ではない。かなりの長期戦になり米国はぎりぎりと中国を締め付けていく。他の同盟国もやられているが、カナダ、メキシコもある程度の合意を飲まされてしまった。そのぐらいのことは米国は日本に対してやってくるだろう。80年代90年代の貿易摩擦の時のような嫌な雰囲気にはならないだろう。トランプさんが内政的に追い詰められた場合、めくらましで北朝鮮の問題で譲歩したりする可能性もある。
2018/11/10 日本テレビ[ウェークアップ!ぷらす]

ド~する?!日米物品貿易協定(TAG)
2週間に1回日米合同委員会が開かれている。地位協定は見直しどころか果断に改定されている。
2018/11/10 テレビ朝日[朝まで生テレビ!]

激論!トランプ流政治と日本
常識的に考えて1945年から具体的な船なり、漁船なり、公船、軍艦まで来て日本の領土が圧力を受けたのは尖閣が初めてで、その意味では中国はゲームチェンンジャーだと思っている。
2018/11/10 テレビ朝日[朝まで生テレビ!]

会談・急接近にトランプ大統領の影…激化する米中貿易戦争
続いては通貨、いろいろな経済以外の分野でも米国の中国へのけん制は強まる。これはまだ始まったばかり。何かモノを買って矛先を収めるという状況ではない。
2018/10/27 日本テレビ[ウェークアップ!ぷらす]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.