テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【あの一言】

宮家邦彦の発言まとめ
徹底分析・北朝鮮問題の行方
トランプ大統領は同盟国や、現在の国際秩序に関心がない。逆に言うとこれを壊していく可能性がある。1953年以降、安定してきた休戦協定のシステムが動いていった時には、良い方向に行くかもしれないし悪い方向に行くかもしれない。我々は両方に備えなければいけない。
2018/06/17 NHK総合[日曜討論]

徹底分析・北朝鮮問題の行方
本当に非核化という概念を定義として米朝が共有しているのか疑問。仮に北朝鮮が自分の核を廃棄するとしてもそれは最後の最後の切り札と考えているし、それまでの間時間がかかり、ある程度の見返りも必要となる。そのうちにトランプ大統領もいなくなるぐらいに考えている。あまり前のめりになって非核化が動くという前提で議論をするよりは、本当に北朝鮮が非核化を理解した上で、合意した上でやっているかどうかをもう一回見極める必要がある。
2018/06/17 NHK総合[日曜討論]

徹底分析・北朝鮮問題の行方
むしろ強調したいのは中長期的な問題。1953年に休戦協定ができて朝鮮半島が分断され固定化した。それが65年間続いてきて、その間にある意味では色々な抑止が効いた。今回の米朝首脳会談というのはこのシステムを何らかの形で変質させる可能性を持っている。中長期的には大きなうねりが始まる可能性が出てきた。日本の外交にとっては極めて重要な意味を持つ。
2018/06/17 NHK総合[日曜討論]

速報!トランプ大統領表明・6月12日米朝首脳会談
在韓米軍の主体は陸軍なので中国の南シナ海や東シナ海とはあまり関係がない。
2018/06/02 テレビ朝日[朝まで生テレビ!]

中止表明も駆け引き激化・米朝首脳会談の行方は?
今、北朝鮮の頭の中にあるのは米国とどうやって話すかということ。残念ながら今の段階であまり日本から歩み寄っても、おそらく足元を見られて高くつく。だからといってやるなという意味ではない。努力は続けなければいけない。1つの可能性は米朝がうまくいってその流れに乗ってという手はある。もう1つの手は、米朝が必ずしもうまくいかない。その時に北朝鮮のプライオリティは変わっていく可能性がある。米国と話してもだめだから日本と、ということになった時が1つのチャンスになる。
2018/05/27 NHK総合[日曜討論]

中止表明も駆け引き激化・米朝首脳会談の行方は?
中国と会ったために北朝鮮の態度が変わったとは思えない。中国と北朝鮮の動きをあまり過大評価しても本質は見えてこない。本質は、あくまでも北朝鮮がどの段階で非核化を本気でやるかどうか。南北が作ったシナリオに米国がポンと乗って南北米で動いているものに対して、自分を中心に物事を動かしていかなければいけないと思っている中国が今回のチャンスをうまく使った。それがトランプ大統領には、中国が介入しているように見えただけ。
2018/05/27 NHK総合[日曜討論]

<7時のニュースまとめ>速報・北が米朝会談の取りやめ示唆
要するに非核化の交渉がうまく行ってないということ。米国は完全かつ検証可能で不可逆的な非核化を迫っているのに対し金正恩委員長は段階的に核廃棄をやっていくと言っている。今、そのつばぜり合いが行われているということであり、これは別に驚くことでもないし、これからもこうしたことは起きるだろう。一番大事なのは、これは我慢比べであり、北朝鮮が折れれば完全な非核化ができるかもしれないし、もし米国が折れなかった場合には相当大きな問題にもなりうるということ。その意味で交渉は正念場を迎えている。
2018/05/16 テレビ朝日[グッド!モーニング]

日中首脳が初の電話会談・北朝鮮の非核化・制裁は
日朝首脳会談実現の可能性はあると思う。ただ時期と何を話すかのタイミングが重要。米朝がおかしくなってくれば、日朝や他の方法で挽回しようとするだろう。その時は一つのチャンスになる。
2018/05/04 BSフジ[プライムニュース]

日中首脳が初の電話会談・北朝鮮の非核化・制裁は
中国はいま必死で主導権を握り返そうとしている。休戦協定にサインしているのは朝鮮国連軍と北朝鮮の人民軍と中国義勇軍。強い危機感が中国にある。
2018/05/04 BSフジ[プライムニュース]

日中首脳が初の電話会談・安倍首相が会見
中国は本来は6者協議をやって全ての情報が北京を通るメカニズムを作って解決、もしくは現状維持をしようとしてきた。中国には南北主導でものが動き始めたことについて非常な焦りがあった。
2018/05/04 BSフジ[プライムニュース]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.