テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【あの一言】

宮本雄二の発言まとめ
北朝鮮・経済…米中首脳会談を読む
(人権問題などを声高に言わなかったことで)中国国民は米国・トランプ大統領が大好きになった。人権などの価値観を口にしない米国大統領というのは初めて。インド太平洋は非常に良い試みだったと思う。アイデアやコンセプトのぶつかり合いの中で、国際社会がもっと発展していく次の段階に行ける可能性が出てくる。我々は負けずに大いにそういうことを考え発信していく時代に入ったと強く感じる。
2017/11/12 NHK総合[日曜討論]

北朝鮮・経済…米中首脳会談を読む
中国国内の議論がものすごく進んでいて、今までの北朝鮮政策でいいのかという強い批判、議論が行われていて、北に強くでるべきという議論が優勢になってきている。そういう事を踏まえて習近平国家主席は軌道調整をした。今回の首脳会談で注目したのは、習近平の発言の中の『首脳外交は大いに役に立つ』という部分。首脳外交といえば北朝鮮外交しか思いつかない。習近平が自分でやっているということなので、効果は現場でも出てくるのではないかと思っている。次に北が何かやった時に本当にどこまで中国がさらに強い姿勢をとれるかどうか、それで今回の会談の真価。
2017/11/12 NHK総合[日曜討論]

30日:トランプ大統領アジア歴訪目前・日米中の“対北朝鮮シナリオ”
習近平国家主席が毛沢東、トウ小平について新しい時代の新しい指導者だと国民に対して宣言して最初に、迎える外国の賓客が米国の大統領だったということに大きな意味がある。
2017/11/04 BSフジ[プライムニュースSUPER]

トランプ大統領・アジア歴訪へ・どうなる北朝鮮情勢
今年の4月に米国・トランプ大統領と会談する直前に北朝鮮に対する全体的な見直しが行われた気配があって、強い姿勢をとっていくのが中国にとっても良いという整理ができた様子。首脳同士で物事を提起して解決を迫るというのは中国では良い方法で、それをトランプ大統領はやっている。
2017/10/29 NHK総合[日曜討論]

北朝鮮「ICBM」発射・国際社会はどう動く
核実験を北がやった時には中国が制裁に走る可能性は高い。中国が本当に制裁をやれば国際社会にとっても道が開けてくる。
2017/07/09 NHK総合[日曜討論]

「新型」ミサイル発射・対北朝鮮・国際社会はいま…
核兵器を北朝鮮が持つことによって中国にしろ、米国にしろ、黙らなければいけない局面が出てくる。そこまで北が進めてきたので、中国も相当慌てている。中国自身が北朝鮮の核兵器の存在を現実のものとして考えなければいけない位の状況になったということ。
2017/05/21 NHK総合[日曜討論]

トランプ外交デビュー・世界はどうなる
米国は中国が経済で攻めてくることは覚悟している。米中はお互いが第1番の貿易相手国。そう簡単に悪い方向には進まない。中国はできるだけ米国の出方を抑えながら、南シナ海や東シナ海で中国が主導する仕組みをいかに作るかが狙い。中国の対外姿勢は一歩引いた形に戻っている。
2016/11/20 NHK総合[日曜討論]

トランプ外交デビュー・世界はどうなる
中国は選挙中のトランプの発言を前提にすれば、経済第1で価値感に基づく軍事安全保障政策はしてこないだろうと読んでいる。東アジアにおける米国のプレゼンスはヒラリークリントンよりは軽くなるだろうと想定していて、中国にとっては有利な状況。中国との経済は摩擦が起こる。
2016/11/20 NHK総合[日曜討論]

どう見る?対ロシア・中国外交
日中関係が安定し予測可能な日中関係が大事。できるだけ1対1の時間を作り懸念を伝えて欲しい。習近平国家主席は人民解放軍を掌握していないが度合いを強めつつある。腐敗を摘発しながら圧力を強めている。
2016/09/04 NHK総合[日曜討論]

どう見る?対ロシア・中国外交
中国から異なる声が聞かれる。日本との関係、世界との関係を大事にしたいという声の一方、自分たちの領土に関して妥協はないとしている。尖閣問題もその中で理解した方がいい。中国が1つにまとまっていると見えない。中国にとって外交のウエイトは小さい。国内にどう反映するかで外交をどうするか決まる側面がある。
2016/09/04 NHK総合[日曜討論]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.