テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【あの一言】

富坂聰の発言まとめ
区議会選挙「民主派か歴史的圧勝」・混迷する香港情勢の行方は
香港の人々は中国の支配の強化のノーを出しているが、中国が本気で向き合っているかというとそういう感じではない。中国が一貫して文句を言っているのは、後ろにいる勢力は干渉をやめよと言っている。これは米国を指していて、自分たちは米国によって嫌がらせを受けていると見ている。もともと香港には行政はあるが政治はないという考え方。
2019/11/25 BSフジ[プライムニュース]

激化も・香港・民主派の“大躍進”で…中国政府の政治判断に影響は?
実際に指名権を持っているのは北京。米国の上下両院与野党が「香港人権民主主義法案」を可決したが、これにトランプ大統領が署名するのか、拒否権を発動するのかが問題。つい先日トランプ大統領は米中貿易協定のこともあり中国に気を遣ったのかもしれないが「私が中国との関係をお願いしていなかったのならば、香港は14分で制圧されていただろう」などと発言し、自分が人民解放軍が香港を制圧する事態を防いでいるかのようなことを言っている。米国議会とトランプ大統領の意見は必ずしも一致していない。このあたりがどのような動きになるのかを今後見ていく必要がある。
2019/11/25 テレビ朝日[大下容子ワイド!スクランブル]

言いたい事・聞きたい事
台湾の問題を中国は深刻な問題としてとらえている。ただ現状を見る限りは、強引に引きつけようとはしないのではないか。
2019/11/05 BSフジ[プライムニュース]

米中対立&中国脅威論・習主席「国賓来日」の是非
国賓でいいと思う。会って言いたいことを言わないといけない。尖閣問題もあり、北海道大学教授のこともあるのでちゃんと言えばいい。国賓で迎えたら全面的に中国のことを肯定したのかというと呼べない国はいっぱいある。ほとんどの国が戦略的関係になっている。
2019/11/05 BSフジ[プライムニュース]

特集・習近平国家主席・ソ連崩壊を反面教師に?
2012年中国ではいろいろな問題が噴出してきて危なかった時期があった。そこの危機感の中で生まれてきたのが習近平政権。その調整をしてきた成果を70周年式典で見せた。
2019/10/05 BSジャパン[日経プラス10サタデー]

特集・監視・検閲・その仕組みと実態は?
今、中国の監視カメラは2億台近いと言われている。そのうちの大きな部分はスマートカメラといって撮っている対象を認識しながら撮っている。中国では今、強盗がなくなっている。現金を持たないスマートフォン決済とともに犯罪の抑止につながってもいる。
2019/10/05 BSジャパン[日経プラス10サタデー]

金融都市香港・世界での地位低下は?
香港が今後どうしていくのかは難しい問題。これまで外資の窓口、緩衝地帯としての役割を果たしてきた。地位の低下はどうしても起きてくるのでこれからどうしていくか、難しいところ。電力も水も大陸から来ている状態で香港が大陸に文句を言えるような状況ではない。香港が中国と喧嘩していくのは現実的には難しい。
2019/09/05 BS日テレ[深層NEWS]

米中対立に日本はどう対応すべきか
誰が見方であれやこれやプラスマイナスだけで考えるのではなく、これからは関数。個別に判断して短期的に判断していくことで複雑な外交関係を解いていくことが心構えとして必要。
2019/09/03 BSフジ[プライムニュース]

<7時のニュースまとめ>香港デモは「米中代理戦争」か・米国が“支援”その狙いは…
空港でビラを配っている人たちはみな同じTシャツを着ている。誰がお金を出しているのかといえば米国議会が承認したファンド・NED(全米民主主義基金)からお金が出ている。これは中国を揺さぶるための米国の工作。
2019/08/15 テレビ朝日[グッド!モーニング]

<ひるトク!>蜜月・習主席が初訪朝・正恩と会談・G20目前中国の“透ける思惑”
本来はほぼ100%、朝鮮半島問題では中国は米国に足並みをそろえていた。ところがいまはもうそうではない。むしろものすごいハードルをあげて北朝鮮に米国が要求を突きつけていることに対しそれは現実的ではないと思っている。中国は北朝鮮の取り組みを評価し始めている。非核化をやっているかどうかの判断を、米国の判断ではなく、独自にやっていこうとしている。米朝の間に入るというよりかは新しい枠組みを作ろうとしている。かといって米国と敵対するわけでもない。
2019/06/21 TBSテレビ[ひるおび!]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.