テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【あの一言】

富坂聰の発言まとめ
<徹底解説・ニュースの焦点>南北融和・米朝首脳会談の行方は
北朝鮮は米国寄りにシフトする可能性がある。北朝鮮がこれから目指すべき方向を考えると体制保障、経済発展、統一全部を提供できるのは米国しかない。
2018/05/06 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<徹底解説・ニュースの焦点>南北融和・米朝首脳会談の行方は
朝鮮戦争終結には中国の出席が必要。自分の主導の下で中国にテーブルに着かせる状況を作りたかった。
2018/05/06 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<徹底解説・ニュースの焦点>南北融和・米朝首脳会談の行方は
金正恩、習近平になってから米朝関係は一段と悪くなった。ずっと通底している問題で、例えばソビエト連邦時代の中ソ、ベトナムとの中越、ほとんど戦争している。そういう意味でいうと同じイデオロギーのもとにあっても全然あてにならない。
2018/05/06 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<徹底解説・ニュースの焦点>南北融和・米朝首脳会談の行方は
中国が米朝会談を設定しようとしたが、北朝鮮は見向きもしなかった。文大統領に新しいテーブルを用意され、そっちに持っていかれてしまった。南北で用意しているテーブルに中国がいないかもしれない。全人代前まで中国は北朝鮮から中国はずしを本格的にやられているのではないかということを心配していた。そもそも北朝鮮は米国よりも中国を警戒している部分があり、中朝の血の同盟などというのは90年代の初めぐらいまでの話。せいぜい利用し合う関係ぐらいでしかない。
2018/05/06 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

中国が台湾海峡で“軍事演習”へ
台湾というのは中国にとっては最終目標。この演習で事態を激化させたいとか台湾に急激なプレッシャーをかけたいとかそういう意図はない。台湾にやんわりとしたプレッシャーがかかればいいということだろう。
2018/04/13 フジテレビ[プライムニュース イブニング]

<風をよむ>~“米国・中国はどこへ?”~
米中関係に大きな変化が起きるとすれば、一番大きいのは北朝鮮が中国が想定している以上に米国に接近すること。北朝鮮はどこかのタイミングで米国に対し距離を詰めていく可能性があり、その時は米国から見た時には中国をけん制する意味の役割を北朝鮮が果たすことになる。それは中国にとっては大変なこと。
2018/04/08 TBSテレビ[サンデーモーニング]

<風をよむ>~“米国・中国はどこへ?”~
中国を抜きにして、朝鮮半島の問題が米朝だけで決まってしまうことは中国としては絶対に避けたい。金正恩委員長を迎え入れることによって中国がプレイヤーとして失いかけていた存在感を再び取り戻したことが一番大きい。
2018/04/08 TBSテレビ[サンデーモーニング]

どーなる五輪後の朝鮮半島・日本に降りかかる重大な懸念
万が一南北が統一となった場合、反日核武装国家が生まれてきてもおかしくない。北朝鮮が簡単に核兵器を手放すとは考えにくい。いろいろなところを攻撃できる体制を持つことは安全保障的なニーズとしては当たり前。韓国の最先端技術と北朝鮮の労働力、自然環境が合わされば、経済力で日本に肉薄する国となる。統一にはコストが大きくかかるため、統一直後には韓国が経済的にかなり傷むことが予想される。すると対外的に非常に厳しい言動を日本に向けてくる可能性がある。
2018/02/25 テレビ朝日[ビートたけしのTVタックル]

<トーク+>どうなる2018年・注目すべき10大リスクとは
習近平政権が第二期目に入り、国内の経済建設をすごく重視している。その中で海外進出がマストになってきており、一帯一路というのが、絶対手放せないものになってきた。一帯一路に対する中国の野心を米国がどうとらえるかということは非常に重要で、一帯一路を絶対許さないということになった場合には自国の発展にブレーキをかけられたと中国は思う。そういうところからトラブルが起きてくる可能性がある。
2018/01/04 BSジャパン[日経プラス10]

<風をよむ>習体制の中国
中国にとって朝鮮半島というのは今の金正恩体制はあったほうがいい。混乱であるとか自分たちが予測できないような状況に陥ることに中国はものすごく大きなストレスを感じている。金正恩政権が核兵器を持つことは実は日本以上に中国には脅威だが、朝鮮半島に北朝鮮があるということは中国にとっては必要悪。ただ大国として台頭した中国は自信をつけて日本に視線が向かなくなった。外交といえば米国ばかり見るようになった。日本の重要度がどんどん下がってきている。朝鮮半島問題ということになると1に米朝会談、2に自分たちがどうコミットするか以外には興味はなく、日本スルーが始まっている。
2017/10/22 TBSテレビ[サンデーモーニング]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.