テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【あの一言】

富坂聰の発言まとめ
<風をよむ>習体制の中国
中国にとって朝鮮半島というのは今の金正恩体制はあったほうがいい。混乱であるとか自分たちが予測できないような状況に陥ることに中国はものすごく大きなストレスを感じている。金正恩政権が核兵器を持つことは実は日本以上に中国には脅威だが、朝鮮半島に北朝鮮があるということは中国にとっては必要悪。ただ大国として台頭した中国は自信をつけて日本に視線が向かなくなった。外交といえば米国ばかり見るようになった。日本の重要度がどんどん下がってきている。朝鮮半島問題ということになると1に米朝会談、2に自分たちがどうコミットするか以外には興味はなく、日本スルーが始まっている。
2017/10/22 TBSテレビ[サンデーモーニング]

<風をよむ>中国共産党大会開幕
中国は格差とかいろいろな不満で党に対する圧力がものすごく強まっている。習主席は大衆におもねる形で反腐敗キャンペーンをものすごい勢いで進めた。習主席個人に対する権力を集めて口を出すなという延長線上に習主席の1強と中国における絶対的な権力というものが確立されていった。
2017/10/22 TBSテレビ[サンデーモーニング]

習近平“思想”へ・権威づけへ動き加速
習主席の人気は2015年が絶頂期だった。
2017/10/21 日本テレビ[ウェークアップ!ぷらす]

<ひるトク!>北朝鮮・ミサイル発射の兆候も・・・中国共産党大会が今週開幕
中国は対米関係をよくすることがマスト。その際に北朝鮮問題は犠牲にしてもいい問題という位置づけ。そうした関係が4月以降さらに深まっている。実はオバマ政権の時からかなり米国とは歩調を合わせてきた。北朝鮮をなくしてしまう選択には付き合わないがそれ以外であれば中国は米国と足並みを合わせられる。
2017/10/16 TBSテレビ[ひるおび!]

<ひるトク!>北朝鮮・ミサイル発射の兆候も・・・きょうから米韓合同軍事演習
前回行った米韓合同軍事演習ウルチも斬首作戦入りだった。501号は昨年の合同軍事演習で初めてお披露目した。今回続けてやるということになる。
2017/10/16 TBSテレビ[ひるおび!]

北朝鮮緊迫!米国・中国の戦略と思惑
中国は朝鮮半島が本当に混乱するような状況を作り出すつもりは全くない。中国は現状維持が一番いい。中国にとっては朝鮮半島が2つに分かれているのが一番都合がいい。ただ、中国は北朝鮮の核保有には反対。いつ自分たちに核ミサイルを向けてくるかもわからないという点や、北朝鮮が核を持つことで日本も韓国も核シェアリングで核を持ってしまうことにつながり、そのことで東アジアにおける中国の優位性が失われることにつながるからだ。
2017/09/30 BS朝日[激論!クロスファイア]

北朝鮮緊迫!米国・中国の戦略と思惑
中国の北朝鮮に対する影響力はそんなにない。92年から中国は韓国と国交を樹立し西側に寄っていき北朝鮮を捨てた。この時から北朝鮮は一気に核開発を推し進めていった。北朝鮮から見れば裏切り者第一号が中国。北朝鮮は中国をずっと「米国帝国主義の敗北者」と罵っている。
2017/09/30 BS朝日[激論!クロスファイア]

南シナ海・日本の対応に注目が…
日本の考え方は、軍が出て行き対立をエスカレートさせるのではなく、衝突を避けるために海上でまず警察力を上手く使うという考え方。日本の海上保安庁を見習っていくという考え方は(世界に)広がっていくと思う。中国から見た時に圧倒的に大きな存在感を持っているのは米国。日本は米国との価値観の一体化、共有しているという状況をうまく作り出していくという知恵が今後大事になってくる。
2017/09/14 NHK総合[クローズアップ現代+]

尖閣諸島「最前線」国境の海でいま何が
中国は尖閣諸島への領海侵入を常態化させることで、自分達がこの海域をきちんと管理しているということを見せつけたい。日本側には問題があることを認めさせた上で、最終的に話し合いの席につかせようとしている。海警の動きと連動しているかどうかは定かではないが、軍が尖閣周辺に南下してくるという27度線問題というのがあり、これが心配される。中国は日本はどこまでいったらどういう行動をとるのか見極めようとしていて、その一環としてドローンを飛ばすという新しい手口も行っている。
2017/09/14 NHK総合[クローズアップ現代+]

さらなる挑発の可能性も・・・北朝鮮・次の一手は?
米朝が戦争しても何の利益もない。誰がその戦費を負担するのか。どういうメリットがあり誰が動くのかということを整理して見ていかないと(予測は)難しい。
2017/09/04 TBSテレビ[ひるおび!]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.