テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【あの一言】

小原凡司の発言まとめ
“中国発の海外軍事拠点”が「海を支配」?
日本や米国、フランス、イタリアの基地はほぼ飛行場の周りにある。航空機を運用してテロリストに対する資金援助、武器援助、人の流れを監視している。フランスも一部持っているが中国の基地は海沿いに離れて設置されており、恒久的に使えるような建物を建設している。警備が非常に堅い港に隣接していることを考えると海軍のオペレーションを考えるための基地と思われる。
2018/04/23 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

中国・なぜ今?「中国空母・遼寧」軍事訓練が活発化
中国で海軍の範囲を拡大しろとの指示がでたのは85年。これから第一列島線までいったのが2010年ぐらい。最近になって米国が攻撃型原潜の能力を強化している動きや海上自衛隊の動きを見て第二列島線まで中国海軍の対潜水艦の行動を拡大しなければならないということを言い始めている。
2018/04/23 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

中国・なぜ今?「中国空母・遼寧」軍事訓練が活発化
北朝鮮が核・ミサイル開発をいったん中止、核実験場も廃棄すると表明したことについは米国を中心に中国もかかわっている。北朝鮮の核兵器問題について中国はまだ楽観的には見ていない。米朝首脳会談が開かれた後、実際に北朝鮮の核兵器が放棄をされて非核化がされ問題が解決するとは中国は思っていない。3月末に金正恩が初めて訪中したが、その後も中国は北朝鮮に対する経済制裁の項目を改めて米国との協調姿勢を保ったままでいる。このことからもこの問題が簡単には解決しないことがわかる。中国はその先に米国の軍事力行使があるかもしれないと考えている。
2018/04/23 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

中国・なぜ今?「中国空母・遼寧」軍事訓練が活発化
中国にとって台湾を統一することは諦めることのできない目標。2020年までに鄧小平氏が指示していた皆がある程度豊かになれる社会が完成するということになり、今それ以降の時代を中華新時代と言っている。ただ、台湾を含めた領土の統一は鄧小平の指示でもあるので2020年までに中国は台湾への圧力を高めていくとみられる。ここにきてトランプ政権が中国がやろうとしていることに対し非常に強い態度に出始めている。中国が恐れているのはトランプ政権が軍事力の行使を躊躇しないことをシリア空爆や北朝鮮への軍事圧力の強化などで見せ始めていること。中国周辺の安全保障環境が変わり、中国の国際的経済活動を妨害する動きも出てくるかもしれないために海軍の増強を急いでいる。
2018/04/23 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

思惑・開会式前日…北朝鮮が軍事パレード・専門家はどう見た?
北朝鮮が国際社会から融和的だと認められたい理由は経済制裁が効いているからにほかならない。北朝鮮は昨年11月に火星15号を発射して以降、核抑止は完成したと言っている。もうこれで核の話は終わりですと言っているが、実際には弾道ミサイルの大気圏への再突入技術や核弾頭の小型化という技術は十分に確立されていない。南北融和は北朝鮮の思惑通りに北朝鮮のペースで進んでいる。韓国が自ら積極的に融和姿勢を示しているが、文大統領はこれに失敗した場合に自らの権力を失うことを恐れている。だから北朝鮮が無理難題を突き付けても韓国側が積極的にこれを呑んでいく。
2018/02/09 日本テレビ[スッキリ]

<ニュースの核心に迫る!“時事論考”>石破元防衛大臣と考える日本核武装論
米国も常に日本を核の傘に置いておくのか、常に一致しているわけではない。日本は議論をすることで米国により日本への関与を高めさせることも考えなければいけない。
2018/01/28 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<ニュースの核心に迫る!“時事論考”>石破元防衛大臣と考える日本核武装論
核武装の話だけ、議論するだけで嫌悪感というものがあった。そういう心情的な部分だけで議論を避けるのは危険で、議論を重ねた上で、持つべきか持たないべきか国民が決めておくことは重要。
2018/01/28 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

検証…習近平主席の野望・軍事戦略とその影響
中国は現在の国際秩序を変えようとしている。習近平が抱える矛盾は量と質の矛盾で、これからは質を問う。近代化して軍の質を変えると言っている。
2018/01/24 BSフジ[プライムニュース]

検証…習近平主席の野望・中国原潜が接続水域潜航
潜没している潜水艦の脅威度は高い。潜没している潜水艦というのは隠密に機雷を撒いたり、特殊部隊を送り込んだりすることもできる。ルール上、接続水域は公海なので浮上する必要はないが、接続水域に潜没したまま近づくことを敵対行為とみなすこともできる。領海内に入ってくれば、国によっては撃沈することもある。
2018/01/24 BSフジ[プライムニュース]

2年ぶりの南北会談・北朝鮮問題の行方は
中国の意図を見る時は長期、中期、短期、様々な時間軸を使ってみなければいけない。中国は東シナ海を中国の海だとずっと前から言っていて、尖閣諸島に対する領有を諦めることは絶対になく、こうした行動をエスカレートさせていくことは今後もあるだろう。
2018/01/14 NHK総合[日曜討論]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.