テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【あの一言】

小野寺五典の発言まとめ
ミサイルの脅威・小野寺元防衛相に聞く・弾道ミサイル防衛は?
かなり北朝鮮のミサイル技術は上がっている。正直いって相当備えないと大変だと深刻に受け止めている。情報をもっと集めたり、ブロック2Aという新しい装備ができたのでこの導入を早めたり、今、イージス艦対応でミサイル防衛しているが、これを陸上に設置してその防御性を高める議論などが必要。ミサイル防御に関しては飛んでいるものを落とすのも飛ぶ前に攻撃するのも同じ。ミサイルを打ってミサイルを食い止めるので、打つ前に食い止めるのが一番確実。たまたまそれは北朝鮮の領土内にある。これを食い止めないと本当の意味で日本を守ることはできない。反撃の能力ということで今回提案させていただいている。
2017/05/27 日本テレビ[ウェークアップ!ぷらす]

研究「敵基地反撃能力」・日本の次なる“抑止”とは
日本が直面する安全保障環境が大きく変わった。これまでは日本がどう支援するかという環境だったので後方支援という考えで良かったが、北朝鮮が核実験、弾道ミサイル発射実験を行い対象が日本だという。何かあれば日本が当事者として対応する事になる。
2017/05/11 BSフジ[プライムニュース]

研究「敵基地反撃能力」・日本の次なる“抑止”とは
相手の一般人を殺傷する、相手の政権を転覆させるということではなく、あくまでも2発目以降を撃たせないための反撃能力。私どもが今回提言しているのは専守防衛の域を出ていない。
2017/05/11 BSフジ[プライムニュース]

北朝鮮・ミサイル発射・米国の先制攻撃は?
今回の発射というのがもしあったのだとしたら米国にとっては面子の問題になってくる。チキンゲームがあまりこういう形で進むのはいいことではない。
2017/04/16 フジテレビ[新報道2001]

緊急検証・シリアにミサイル攻撃・トランプ×習近平思惑は?
金正恩党委員長が就任してから一度も中国に行っていない、首脳同士が一度も会っておらず中国と北朝鮮の同盟は空洞化している。日本と中国の共通の利害が北朝鮮にはある。北朝鮮で何かあれば日本も中国も韓国もアジアも経済的にマイナスになる。中国は北朝鮮を何とか軟着陸させるべき。
2017/04/07 BSフジ[プライムニュース]

4・6米中首脳会談・STOP北朝鮮の策は?
(米国は)中国が北朝鮮をコントロールできるという考えはやめるべきで、その次元はもう過ぎている。習近平が北朝鮮についてはちゃんとやるのでTHAAD配備はやめてほしいと米国に言っている最中に北朝鮮はあえてミサイル実験をやり、習近平の面子はまるつぶれだった。このようにして北朝鮮は中国の言うことはきかないというメッセージを出している。
2017/04/02 フジテレビ[新報道2001]

“トランプ演説”に読む安保戦略・新「ミサイル防衛」検討の真意
撃ってくるミサイル基地を叩くことも1つの防衛といえる。撃ってくるミサイル基地は相手の領土にある、これをどうするのかを真剣に議論する必要がある。基本はミサイル防衛の充実。日米の役割分担として日本も基地を叩く、そういう検討をしなくていいのかということが基本にある。これは政府の方針ではなくあくまで自民党としての検討。
2017/03/02 BSフジ[プライムニュース]

“トランプ演説”に読む安保戦略・中東重視とアジアへの余波
ISせん滅の最後の一歩を詰めるためには、ロシアと話をして両方でせん滅して安定化させていくタイミングが近くなってきている。その時には圧倒的な戦力でかなりやって行く。その後は出口戦略。
2017/03/02 BSフジ[プライムニュース]

2020年までに核小型化も?北朝鮮ミサイルの脅威に日本は
SLBMをここまで正確に飛ばすとなると、北朝鮮に対しての脅威のステージが大きく変わった。海の中のどこから撃つかわからないというと防御は非常に難しくなる。中国も同じような考えだろう。
2016/09/04 フジテレビ[新報道2001]

徹底討論!消費増税再延期と参院選の主要争点
今の憲法ができる過程で国連憲章を意識していた。これからは世界は集団安全保障体制になる。そうすればどの国も他から攻められなくなり、戦うこともなくなるので武力を持たなくてよくなるような理想的な社会を作りますと国連が約束していた。それを受けて日本の憲法ができ、9条には交戦権を否定して戦力はこれを保持しないと書いた。国連がその通りにやってくれれば日本の憲法は素晴らしいものだったが国連の現実を見ると主要国P5はみな戦争をしている。逆を言えば国連が保証した平和な国際社会ができないのであれば、今の憲法は時代に合わないということになる。
2016/06/11 BS朝日[激論!クロスファイア]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.