テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【あの一言】

山本一太の発言まとめ
提言・日本は北朝鮮とどう向き合うべきか
流れを読み違えるべきではない。今の状況では北朝鮮に対し圧力を中心にやっていくしかないが、それだけで核放棄にもっていけるかといえばそれはできない。国際政治は動きが速いので突然、米朝会談みたいな流れになることがある。その時の流れを読み違えないことが肝要。総理がまさに米朝をつなぐ役割ができるように流れを見極めて、行動していくべき。
2017/09/08 BSフジ[プライムニュース]

青瓦台・ホワイトハウス・東京?元工作員が語る・北朝鮮の標的
米国が北朝鮮の脅威を認識して、前面に立ってくれるということはいいシナリオではあるが、逆に言うとそれはリスクが高まるということ。米国が万が一、北朝鮮を攻撃する場合でも緊密に協議できる場を作っておくことが死活的に重要。
2017/04/09 フジテレビ[新報道2001]

シリア×北朝鮮に化学兵器ルート?トランプ政権は攻撃するか
北朝鮮というと核兵器の脅威ばかり強調されるが、生物兵器の危険性も考えるべき。日本が攻撃を受けた際、どうするのか。自衛隊はNBC偵察車なども持っているが、国民をどう避難させるか、誘導させるかが重要であり、有事を想定した本当に大規模な訓練をやるべき時にきている。もしシリアの化学兵器に北朝鮮が関係しているのであれば、ある意味米軍の空爆の可能性を高める要因のひとつとなるかもしれない。
2017/04/09 フジテレビ[新報道2001]

2017・トランプ次期大統領
ロシアは世界のGDPの2%ぐらいの経済力しかないのに、フォーブスの調査でプーチン大統領は4年連続で世界で一番影響力のある人に選ばれた。その理由は大統領選挙、シリア情勢でべてのことに影響を及ぼし、自分の欲しい物を手に入れ続けているから。プーチン大統領がただ者でないのは最後は自分のところで裁量する。しかもいかにもオバマ大統領が子供じみて見えるようなやり方でやっている。本当に手ごわい人物。
2017/01/01 テレビ朝日[朝まで生テレビ!元旦スペシャル]

経済に期待・領土触れず・プーチン大統領・教書演説の意味
日本側は8項目を上げていたがロシア側は68項目。いろいろあるが、これはあくまでも呼び水、舞台装置であり、なんでもかんでもやる必要はない。北方領土問題、日露平和条約が進まなければこちらからスローダウンもできるし、やめることもできる。北方領土問題が進展する糸口がなければ、平和条約にはいけない。
2016/12/04 フジテレビ[新報道2001]

激論!トランプ政権日本の安全保障は?!
今の現状を見てみれば南シナ海、東シナ海、排他的水域に日米同盟が緩んだと見たら中国が入ってくるのは間違いない。
2016/11/26 テレビ朝日[朝まで生テレビ!]

激論!ニッポンとトランプ次期大統領
尖閣を米国抜きでは守れない。軍事力が違う。日本の自主防衛と言っても米国と組まなければ守れない現実がある。
2016/11/26 テレビ朝日[朝まで生テレビ!]

激論!トランプ政権・ド~なる?!日ロ関係
この時期にミサイル配備があるというのは、領土交渉前に国後、択捉は絶対返さないとか、そういう主導権を握ろうという立場でやっているのか。14回会談もあった中でなんで今やるのかということがある。
2016/11/26 テレビ朝日[朝まで生テレビ!]

ド~する?!シリア
オバマ大統領の対シリア政策には賛否両論ある。オバマ政権は元々中東への関与を抑制するためにできた政権。イランとの核をめぐる協定も締結させた。アラブの春を応援したことも理念としては正しかったと言われている。イスラム国への攻撃を強めろという世論は8割ある。しかし軍隊を送ることには7割が反対している。米国の中東政策には限界がある。
2015/11/28 テレビ朝日[朝まで生テレビ!]

南シナ海で米中緊迫!日本はどうする!?
習近平国家主席はオバマ大統領との共同記者会見でわざわざ新型大国関係に2回も言及したが、オバマ大統領はそれに一切触れなかった。これは今の米中関係を象徴している。2013年に習近平政権ができた時はオバマ大統領としては習近平とはビジネスができるのではないかと考えていた。カルフォルニアの保養地で8時間の会談を行った。最初、米国は新型大国関係を否定しなかったが、段々米国は姿勢を変えていった。先週末、沖縄で本格的なサイバー会議があったが去年米国の司法省が中国人民解放軍の5人の将校の名前と写真をあげてサイバースパイを行ったとして起訴した。ここら辺から米国は中国に対する見方を変えてきている。
2015/11/14 BS朝日[激論!クロスファイア]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.