テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【あの一言】

岸井成格の発言まとめ
米国・トランプ大統領“自国第一主義”中国・習主席“多国間の枠組みが繁栄”
米中両超大国がこれから世界を支配するのだという非常に強烈な意思を表明したという感じ。これから日本にとっても非常にやっかいなことになる。少なくとも中国はユーラシア大陸で一帯一路をやっていくのに対しトランプは開かれた太平洋インド戦略。このあたりを全部米中両国で支配しますよという強烈な意思表示で、いちいちいろいろなことでぶっかってくると思う。
2017/11/12 TBSテレビ[サンデーモーニング]

トランプ大統領・市場開放求める・防衛装備品の購入も要求
トランプ大統領をどこまで信じればいいのかということが未だに日本の根っこにある。米議会でどうなるのかもまだわからない。意外と日本人は気づいていないが、トランプ大統領が横田基地に到着し、横田基地から立っているということだが普通こんなことはあり得ない。これは主権国家に対して完全に失礼な行為。これでは、日本に来たのではなく、米国国内に来たのに等しい。
2017/11/12 TBSテレビ[サンデーモーニング]

<風をよむ>~米国一辺倒…?~
駆け出しの記者の時に、「日本は絶対、何があっても米国には逆らえないからね、これは宿命だよ。もし逆らったら1日で政権はつぶされちゃうからね」というびっくりするようなことを政府自民党の首脳から言われたことがある。これまでに取材しながらその感覚に近いことを何度も感じた。鈴木善幸さんが総理になった時、「日米同盟には軍事は含まれない」と発言し、米国から言われて善幸批判が起こり一気に潰された。今回は異色中の異色のトランプが出てきた。日本が米国とどう付き合っていくのか、大変な課題を突き付けられた。
2017/11/05 TBSテレビ[サンデーモーニング]

韓国情報機関が明かす北朝鮮情報・亡命した元北朝鮮高官の証言
最近、トランプさんは北朝鮮の脅威を言えば言うほど一番脅威を感じるのは日本だというようなことを言っている。それで米国の軍事産業がものすごく活気づいている。つまり防衛システムとかの武器を日本に売りこむチャンスだとみている。トランプさんはビジネスマンとして通商問題以上にこれをやってくるのではないか、ここが要注意。
2017/11/05 TBSテレビ[サンデーモーニング]

<風をよむ>揺らぐ日本のものづくり
想像以上に深刻な事態。どうも日本企業は時代の転換にちゃんと追いついていない。今や自動車産業にも家電業界も参入していける時代でそこに人工知能まではいってきて、産業革命のようなことが今起きている。どうやってそれを乗り切り生き残っていくかという知恵が必要。
2017/10/29 TBSテレビ[サンデーモーニング]

最高指導部“チャイナタウン”習主席・長期政権視野に
習近平の構想はものすごくスケールがでかく政治・経済・軍事・文化で世界に唯一そびえたつ強国を目指すと言っている。そういう中で日中関係のパイプは本当に細い。この先、米中の間で翻弄されたりするだろうし、この細さではとても中国とは付き合ってはいけない。そこを本当に考えないと日本は危ない。
2017/10/29 TBSテレビ[サンデーモーニング]

核廃絶「ICAN」にノーベル平和賞・問われる被爆国・日本の役割
ICANは日本政府にたいして期待していると言っているのは、唯一の被爆国としてもっと積極的に先頭に立ってほしいという意味。そこでうしろ向きになるのはいただけない。
2017/10/08 TBSテレビ[サンデーモーニング]

8党首による討論会・各党の政策の違いは
安保法制の本当のことが国民によく知られていないから安保法制が一番の大きな争点にならざる得ない。安保法制が動き出した時、米国の圧力がすごいと感じていたがアーミテージ氏にインタビューしたところ、今まで9条がバリケードとなってきたが、今度の安保法制で世界中どこででも日本が米国のために命を投げ出す、血を流すということを可能にしたと評価して喜んだ。そのことがあまり言われてない。自衛隊が命を懸けることを約束した。
2017/10/08 TBSテレビ[サンデーモーニング]

小池都知事の足元で都議2人離党届「希望の党」混乱に有権者は
小池さんは独特の勘と度胸でいろいろと仕掛けた。安倍総理の大義なき解散は少々誤算だった。選挙の構造は3つ巴という構造になっているが、基本は5年弱の安倍政治の総括。長い間の安倍1強の間に驕りとか、いろんな問題がでてきている。それを総括するのが今回の選挙の最大の争点。
2017/10/08 TBSテレビ[サンデーモーニング]

金党委員長「特殊部隊」訓練を視察・グアム島近海へのミサイル発射は?
米朝の水面下の交渉の中身がなかなか入って来ない。どこで落ち着かせるかと言う当面の話し合いがおそらく進んでいる。北朝鮮は抑制的にやっていて、グアムにはもう発射しないのではないかという見方が非常に強くなっている。そうなるといよいよいろいろなカードを出してくる。これまでのところは米国がどうも譲歩している。北朝鮮が何を要求しているかというと米朝直接交渉。それをトランプ政権が決断できるかどうかにかかっている。
2017/08/27 TBSテレビ[サンデーモーニング]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.