テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【あの一言】

峯村健司の発言まとめ
<ニュースの核心に迫る!“時事論考”>どうする日本!!10日に緊急対策第2弾・新型コロナ…最優先すべきこと
中国は1党支配の体制で(ウイルスを抑え込むことができて)よかったという方向にもっていこうとしている。日本はそういう強権をとらなくても国民が対応して対策できるんだということを示すことで民主主義の強さを見せるべき。
2020/03/08 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<ニュースの核心に迫る!“時事論考”>どうなる東京五輪「契約者」国会でも審議・大臣「2020年中は延期可能とも」
東京五輪の開催は今、かなり厳しい局面を迎えている。5月が節目となるが、日本国内で感染者数が増えている中で、なかなか5月までに抑え込むことは難しい状況。仮に抑え込めたとしても海外の感染者数が増えている中で来ることができる選手も限られてくる。
2020/03/08 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<ニュースの核心に迫る!“時事論考”>どうなる東京五輪「契約者」国会でも審議・大臣「2020年中は延期可能とも」
コロナウイルスの感染が広がり、トランプ政権がうまく抑えこめない場合や景気に悪影響を及ぼした場合には大統領選挙に影響が出てくる。トランプ再選はかなり固いとみられていたが、ホワイトハウス当局者、共和党関係者の話を聞くとかなり悲観的な意見も多かった。一番悲観的な人だと勝てる確率が半分を切っているとみている。
2020/03/08 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<ニュースの核心に迫る!“時事論考”>中国が戦術転換!?ウイルス発生源論争・新型コロナ「中国とは限らない」
中国は得意とするプロパガンダ作戦に出てきている。「各国で感染が増えている中で中国だけが抑え込むことができている。これは中国の体制、習主席のとった措置が正しかったのだ」というプロパガンダを展開している。
2020/03/08 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<ニュースの核心に迫る!“時事論考”>中国が戦術転換!?ウイルス発生源論争・新型コロナ「中国とは限らない」
米国の政府当局者から「なぜ日本の感染者がこれだけ増えているのに中国からの全面的入国規制をしないのか。まさかとは思うが習近平国家主席来日のために慮って忖度をしているのではないか」ということを聞かれていたが、まさにそれを裏付けるように話になっている。
2020/03/08 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<ニュースの核心に迫る!“時事論考”>新型コロナ拡大「これまでと異なる状況」
中国を除けば日本の感染数は第2位で断トツに多い。今後これ以上食い止めることができないと日本は中国のように各国の入国禁止の対象となるリスクが目の前まで迫ってきている。感染者数の増加はなんとしてでも食い止めないといけない。米国世論とかメディアの風向きが変わってきていて、日本の対応は生ぬるいのではないかという批判が出てきている。ここは全力で対策をとる必要がある。
2020/02/16 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<ニュースの核心に迫る!“時事論考”>新型コロナ「帰省者に観察期間」
中国政府の傾向として混乱したり困っている時ほど強くものを言う。中国の外相はそういう意味では国内外に向けたプロパガンダに近い発言をしている。対外的には128か国が何らかの入国規制をしているので、(中国としてはこうした国に向けて)大丈夫であるというメッセージを送りたい。中国国内向けにおいても動揺や不満がたまっているため、こういう国際舞台で大国としてしっかりと対応しているというポーズをしなければならない。 
2020/02/16 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<ニュースの核心に迫る!“時事論考”>新型コロナ「帰省者に観察期間」
(「私は1月7日に指示した」という言葉に)習近平国家主席の混乱ぶりが発言に出ている。国内向けに「私は早い段階から知っていて動いていた」ということをアピールしたかった。ところが日本から見ると「ちょっと待ってくれ」という話になる。2週間前にもし対策を打つことができていれば、1週間で25往復もある武漢直行便を止めることができていた。春節休み前に大規模移動を止めていれば、今の日本での発症は大分抑えられていたはず。
2020/02/16 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<ニュースの核心に迫る!“時事論考”>新型コロナ“拡大”・見えない収束
日本への影響を懸念している。先日、パプアニューギニアに出張に行こうとしてビザを申請したら断られた。台湾も香港も中国からの入国者を厳しくしている中で日本だけ緩い状況を続けている。これで感染者が増えるということになれば、他国との影響も出てくる可能性がある。SARSなみだとしても十分7月のオリンピックにかかってしまう。SARSの時ですら終息宣言を出したのが2003年の7月5日だった。
2020/02/09 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<ニュースの核心に迫る!“時事論考”>新型コロナ“拡大”・米中関係の深層
米国政府は12月末の段階から今回の新型コロナウイルス肺炎の問題をつかんでいた。実は1月3日の段階ですでに中国側がこの問題を米国側に報告していた。わずか1か月ぐらいの間に米国政府は今回の新型コロナウイルス肺炎を重視した上で早期の対応に出た。非常に米国は素早かった。1月30日にウイルバーロス商務長官は今回の新型肺炎はひょっとしたら中国に進出していた米国企業が米国に戻るチャンスかもしれないというかなり踏み込んだ発言をした。米国は2手、3手先のことを考えている。
2020/02/09 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.