テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【あの一言】

川村晃司の発言まとめ
<徹底解説・ニュースの焦点>北朝鮮が訪朝要請「早い時期に平壌でお会いしたい」
北朝鮮は五輪における特例措置を勝ち取り融和ムードを作り出した。今年の元旦の金正恩委員長の言葉も含め、この2か月間でこの状態にまでこぎつけたというのは相当に外交上の戦術が長けていたと言ってもいい。最後の最後に切り札である金与正を出してきた。五輪後に向けての布石をどのように打っていくかが注目される。
2018/02/11 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<徹底解説・ニュースの焦点>存在感を強める金委員長の妹・与正に迫る
北側もある意味、南北会談を米朝協議に結び付けたいという思惑もある。文大統領が平壌に行って金委員長と会うのと並行した形で、米朝協議が行われる。米朝協議は必ずしもトランプ大統領と金委員長が会うということを意味しない。並行的な協議が行われる、訪朝できる環境を整えてからでないと行けない。その環境はお互いに米国との関係も良好なものにしていくことが必要という意味。
2018/02/11 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

「最悪な事態」南北融和に冷ややか反応
五輪と政治はこれまでも無関係とは言えなかった。国と国との利益をある種、外交にも生かしていこうというようなことが行われてきた。北朝鮮としてはかなりしたたかな計算の上に様々な戦略を立てている。北朝鮮は韓国に金永南最高人民会議常任委員長を団長とする代表団を送るということだが、彼が行くときには何らかの政治的アピールをする時なので、五輪後の米韓合同軍事演習に対する北朝鮮の布石といえる。
2018/02/05 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

<小松アナ・注目ニュース>580億円流出も・・・仮想通貨が世界を変える!?
株式よりビットコインが投資の対象になっており、本来の仮想通貨の在り方と違う方向に行っている。そこをどうやって是正するかが問題。
2018/02/04 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<ニュースの核心に迫る!“時事論考”>南北急接近・・・国際社会の懸念とは?
平昌五輪に安倍首相がいかないとなれば誰が行くのか。北朝鮮から誰が来るのか、中国から誰が行くのかによっては拉致問題を含めた日本側の代表がうまく次の路線に乗せていく形ができればよい。日本独自外交(の線)が必要。
2018/01/14 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

あす南北閣僚級会談へ・代表団メンバーの狙い
中国の影響というのもあるが、北朝鮮・金正恩の狙いがかなり功を奏してきている。誕生日の前に自分達は平和を望んでいるとアピールすることができ、自分の誕生日の翌日に会談を設定することができた。
2018/01/08 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

<ニュースの核心に迫る!“時事論考”>対北朝鮮戦略・対立?協力?中国とどう向き合うか
ジャーナリストの間のオフレコ的な研究会で言われていることは来年の今頃トランプ大統領が存在しているのかどうかということが言われている。ホワイトハウスの人事の混乱というのは本来はトランプ政権の体制を強化して、トランプ大統領がすべての統治権を掌握できる体制にもっていかないといけないのだが、トランプ体制が構築できないままトランプ氏がホワイトハウスを去る可能性すらある。
2017/12/24 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<ニュースの核心に迫る!“時事論考”>中朝関係の悪化…脱北者への影響は?
日本の独自外交が最も大事。“来年の北朝鮮建国70年前に経済・ミサイル開発併進路線で成功した”とする北朝鮮。米国が対話に乗るかどうかが来年の状況を見る外交的目安の一つになる。
2017/12/10 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<徹底解説・ニュースの焦点>地図から分析する・北朝鮮実情の光と陰とは
中朝は1300キロも国境がある。しかし、全ての国境が全く脱北できないようにシャットアウトされているかというとそうでもない。モンゴル経由で脱北したいという人もいる。
2017/12/10 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<小松アナ・注目ニュース>中国が持つ北朝鮮の交渉カードとは?
中国が完全に石油を遮断すると、パイプラインの再開が技術的に難しい。さらに多くの中国人が北朝鮮に住んでおり、中朝国境沿いに住む人たちの生活を考えると完全遮断は難しい。また完全に遮断するとロシアからの原油輸入も考えられるので中国とロシアのせめぎ合いという側面もある。
2017/12/03 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.