テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【あの一言】

川村晃司の発言まとめ
北朝鮮情勢・緊張ピーク・米国・トランプ大統領“国連デビュー”
国連の制裁にはその効果を見極める90日間のリードタイムというのがある。レビューをしてその後、国連としての新たな態度を決めるということになっている。おそらくトランプ大統領の演説は、この90日間ですべての加盟国に制裁を実施してもらうことを呼び掛ける内容になる。その間に軍事オプションということを公式に発言することは決してない。一方で日本の安倍総理も、この90日間ルールというのがあるのでその後に緊張がさらに高まるのなら今の内に解散しておくのがいいという形で、トランプ大統領にその意思を確認した。きわめて珍しいことだが、政局の内容をトランプ大統領に一番最初に話すというようなことにもなりかねない状況になってきている。
2017/09/18 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

北が反発「制裁決議」・原油の全面禁輸に中朝の思惑
休戦協定を実行するための予備会談に米国は出席していなかった。北朝鮮は早く平和協定に移行したいのに、それを米国が破っていると主張している。これが今日まで続いてきている。そのための交渉ということで米朝の水面下の交渉をやっているが、テーブルにつくのが前提なのか、核放棄が前提なのか出口が曖昧。
2017/09/13 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

速報・北朝鮮「訪問」・アントニオ猪木議員・北京に到着
北朝鮮の建国記念日を祝う記念式典が日本の朝鮮会館で行われ、そこに行って取材をしてきたが、その席で議長がこれからも経済計画と核武装計画を併進路線で行うとはっきりと言っていた。日本は経済計画に協力してくれるのかとある意味かなり含みをもたせてもいる。米朝の関係が何らかの形で少しは進展していくかもしれないニュアンスもあり、アントニオ猪木氏にリスヨン朝鮮労働党副委員長が「最後の目標まで頑張ります」というメッセージとして伝えているのかなと思っている。
2017/09/11 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

池上×増田生解説・北朝鮮問題に名乗り「欧州の女帝」にトランプ大統領は
ドイツ・メルケル首相はある意味、北朝鮮の一番の交渉のキーウーマン。メルケル首相は元々東ドイツで学んでいて北朝鮮に東ドイツの大使館があった時から北朝鮮の情勢を非常によく知っている。ピョンヤンに行くと一番大きな大使館はロシア、次に中国、その次がドイツ。今の北朝鮮の問題でメルケル首相は毎年中国に行き首脳会談をやっている。ロシアに対しては5歳の時から東ドイツで義務教育となっていたロシア語を習い、プーチン大統領とは微妙な話はロシア語で行う。今や中国とロシアを説得できるのはメルケル首相をおいて他にはいないと言われている。
2017/09/11 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

速報・トランプ大統領・メキシコ国境アリゾナ州で集会・混乱は!?
トランプ大統領になってから、別荘に行ったり、ゴルフしたりして、ものすごく移動していて、イバンカ氏やクシュナー氏も独自に行動している。夫人や子供達も含めて一族全体が入れ代わり、立ち代わりホワイトハウスのお金をものすごく使っている。1日3億円ぐらい警備にお金が使われている。もう既に年間の予算に迫っているということで、一部では警備に対する給料に遅配が生まれてきていて、自分はとても大統領の警備には付き合いきれないということで離職者もでてきている。
2017/08/23 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

緊迫!北朝鮮「ミサイル計画」日米韓の対応活発化
ある程度の交渉がニューヨークや北欧の裏チャンネルで行われており、北朝鮮は25日の先軍節とかその前後あたりで行動は起こすのではないか。
2017/08/21 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

レッドライン攻防…北朝鮮「ICBM」・米国の選択は?
今度のハンブルグでのG20には、北朝鮮を除き、日米韓中露の首脳陣が集まる。そこで日本は中国や韓国とも個別的に会談する。モスクワで習近平国家主席とプーチン大統領が会談をしてから、一緒にG20に来る。北朝鮮の核をまず凍結し、同時に米韓軍事演習もやめるというのが彼らの立場。それに対し韓国側は北朝鮮が核をまず凍結し、その次の段階で核の開発放棄という2段階の交渉をしたらどうかとしている。日米は二段階では生ぬるいとしていて、それぞれ個別にどういう共同コミュニケを出すのか、これを北朝鮮が見ていて次の行動に出るのではないかと思われる。
2017/07/05 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

都民ファースト「第一党」に・・・都議選・圧勝・小池都知事会見
旋風が起きたことと議会がきちんと機能していくことは別。そんなに簡単なことではない。公明党と都民ファーストの会がこういう形で都政で連携していくと、自民党と公明党が国政でぎくしゃくする場面も出てくるのではないか。
2017/07/03 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

香港若者中国離れに教育で対策
若者たちの独立の動きは一線を越えるものであり、本国に対する挑戦的な動きは許さないと中国・習近平国家主席も話していて、そのことを若者は圧政や弾圧と感じている。
2017/07/02 BS朝日[いま世界は]

金正恩暗殺&核配備も…北朝鮮に武力行使・米国の本気度
今、こういう状況だからこそ、北朝鮮と交渉すべきだという説が有力になってきている。日本の政府からある意味では外交当局を通じて北朝鮮にもサウンドしている。北朝鮮側も誰が来るのかということも含めて水面下の交渉が行われている。
2017/04/10 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.