テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【あの一言】

平井久志の発言まとめ
米朝武力衝突の可能性「日増しに増大」
韓国に住んでいる米軍の方々はこれからクリスマス休暇を迎えて本国に帰る人が増えるので、その人達が韓国に戻ってくるかどうかが注目すべき点。
2017/12/05 TBSテレビ[ひるおび!]

<ニュースの核心に迫る!“時事論考”>米朝対話へ?日本が担うべき役割とは
6か国協議は必要だが実効性がない。北朝鮮にとって米国との関係に進展がないと6か国協議を行うのは困難との立場。
2017/11/19 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

いま東アジアは…緊迫!北朝鮮・米国でも高まる脅威論
北朝鮮は大きな錯覚に陥っている。米国に届く核ミサイルを持てば自分たちの体制が保障されると思っているが、それは大きな間違い。抑止力にはなるが、そんな危ない飛び道具を持つ国を国際社会が承認するわけがなく、そこを北朝鮮指導部は錯覚している。
2017/09/24 BS朝日[いま世界は]

金正恩委員長・初の声明「史上最高の超強硬対応措置」
過去に金日成主席が70年代の板門店ポプラ事件の時に自分の名前で遺憾の意を表明したことはあるが、国連軍側に対する通知文のようなものだったので、北朝鮮のトップの声明は初めて。お互いが言葉の戦争のような状況になっていて、実際のアクションにつながらないか危険なところへ来ている。北朝鮮が新たな軍事挑発に出てくるのは間違いない。
2017/09/22 BSフジ[プライムニュース]

韓国・ムン政権・自主防衛できる国を目指す・北朝鮮は敵だけど同胞
北朝鮮に対する防衛が韓国軍だけでは十分な働きができない。米国に一定程度頼らざるを得ないジレンマも抱えていて、韓国国民にとっては、北朝鮮は、敵であると同時に将来的には統一しなければいけないパートナーでもある。敵だけど同胞というジレンマを抱えている。ドイツの統一と比較して語られることが多いが、経済格差、情報の断絶、そういう意味でより朝鮮半島の統一の方が難しい問題を抱えている。
2017/09/10 TBSテレビ[サンデーモーニング]

<Big Stories>“何もしない”トランプ大統領が中国批判
中国が制裁を強めることはあっても、北朝鮮の体制を揺るがせるほどにはできない。中国はベトナムに対し中越戦争をやってしまったのでベトナムとの関係はよくない。同じことを北朝鮮に対してやるとは思えない。
2017/07/30 BS朝日[いま世界は]

「米朝衝突」シナリオ・米国の戦略
朝鮮半島は他と違い部分攻撃が全面戦に発展する危険性が高い地域。大変な犠牲者が出れば韓国が反米国家となる。そういう選択を米国が取れるか。
2017/05/06 BSフジ[プライムニュースSUPER]

米国「北朝鮮攻撃」の可能性は
トランプ政権に北朝鮮の専門家がいない。北朝鮮がシリアとどう違うのか、どれほど攻撃しにくい国かを知っている人がいない。現在軍事衝突が起こった場合米国は被害を受けないが、被害を受けるのは韓国と日本。トランプ政権がきちんとした戦略で動くかについては不安感がある。5月9日に大統領が決まれば韓国は米国の軍事行動に反対すると思う。
2017/04/09 BS朝日[いま世界は]

金正男・殺害・北朝鮮籍の男逮捕か・北朝鮮・遺体返還を求めるワケ
北朝鮮ではひどい粛清というのは今までにあったが、金日成主席の血筋をひいた人が殺されたということはなかった。それは金日成主席の血筋というものが白頭の血統と呼ばれ統治イデオロギーになっていることがあるため。金正恩も実力でなったわけではなく、その血筋をひいているから最高指導者になれた。(暗殺は)自分自身も否定しかねない面がある。北朝鮮の白頭の血統からすると長男である正男の方が正恩より優位な立場にあり、白頭の血統に対するコンプレックスのようなものが正恩にあった。
2017/02/18 TBSテレビ[あさチャン!サタデー]

あれから6年・・・北朝鮮に不穏な動き
次期大統領として潘基文の人気が高かったのは朴大統領がサポートすることになっていたからで、朴大統領の人気が落ちれば潘基文の支持率も落ちる。
2016/11/20 BS朝日[いま世界は]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.