テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【あの一言】

平井久志の発言まとめ
<徹底解説・ニュースの焦点>南北融和・米朝首脳会談の行方は
金委員長はまだ30代の前半でこの6年で国内の権力をようやく固めたばかり。彼にとっての脅威は外部からのもので、これをまず取り除き、次に人民生活の向上、経済を何とかする。そういうプロセスを考えていくと、北朝鮮がリビアのように最初から非核化をやり、その後で米国に何かをしてくださいと出てくると考えるのは甘い。
2018/05/06 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<徹底解説・ニュースの焦点>南北融和・米朝首脳会談の行方は
北朝鮮にとって一番深刻なのは人権問題。今の政権のあり方そのものが問われていく。現在の体制は基本的人権を犠牲にした独裁体制であり、本当に人権問題を突き付けていけば米国はそんな政権と本当に交渉するのかという問題に突き当たる。人権問題のアベレージが高くなれば米国内ではそういう声が出てくることが予想され、国際社会にもそういう動きがある。そうなることが北朝鮮にとっては非常に困ること。
2018/05/06 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<徹底解説・ニュースの焦点>南北融和・米朝首脳会談の行方は
北朝鮮にとってもっとも都合が悪いのは米中が仲良くなること。北朝鮮は中国と米国を天秤にかけながら最大限の利益を確保しようとしている。これはかって中国とソ連の間でやった外交手法で、今も生きている。
2018/05/06 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<徹底解説・ニュースの焦点>南北融和・米朝首脳会談の行方は
北朝鮮もまさか米国・トランプ大統領が米朝首脳会談をOKすると思っていなかった。予備会談もなく首脳会談に応じる大統領は普通はいないが、それがOKになってしまい、北朝鮮は慌てた。米国との交渉をどうすれば優位に立てるか考えた場合、やはり中国との関係を修復しておかなければならないと考えた。
2018/05/06 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<徹底解説・ニュースの焦点>南北融和・米朝首脳会談の行方は
貿易の9割は中国である北朝鮮は経済を中国に握られていて、中国の経済的影響下にあるが、政治的にはそういう関係ではない。そういう意味で警戒の対象となっているとの遺訓を金正日総書記は出した。それは本音。
2018/05/06 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<徹底解説・ニュースの焦点>南北融和・米朝首脳会談の行方は
中国と北朝鮮の関係は非常に長い歴史があり、その時その時の情勢に応じて良くなったり悪くなったりしている。今米朝会談を控えているのでお互いが相手を必要としていて、そのために金正恩委員長が中国を訪問し、急速に関係を修復した。ただ、両国は腹の底では仲が悪い。「3者または4者」と宣言に入ったのは2007年にノムヒョン大統領と金正日総書記の間で「3者または4者」という表現のみで国名は入っていなかったが今回、はっきりと書かれたので余計中国は焦っている。
2018/05/06 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<徹底解説・ニュースの焦点>北朝鮮が訪朝要請「早い時期に平壌でお会いしたい」
米韓同盟、韓国の安全保障、安全を考えると米国の力を借りないとだめ。韓国としては米韓同盟を破壊することはできない。
2018/02/11 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<徹底解説・ニュースの焦点>存在感を強める金委員長の妹・与正に迫る
文大統領は首脳会談が行われるためには米朝協議が必ず必要だと付け加えた。文大統領は金与正との対話の中で南北会談に積極的ではあるが、あなたたちが米朝協議をやってくれないと私は平壌にはいけないということを付け加えることを忘れていなかった。米国の理解がないと文大統領が平壌に行くのは事実上難しいということ。
2018/02/11 BS朝日[BS朝日 日曜スクープ]

<トクする!3コマニュース>融和を演出?北朝鮮・管弦楽団
今回の北朝鮮の全体的な目標は韓国人の心をつかむことで、そこに大きなポイントを置いている。
2018/02/09 TBSテレビ[Nスタ]

米朝武力衝突の可能性「日増しに増大」
韓国に住んでいる米軍の方々はこれからクリスマス休暇を迎えて本国に帰る人が増えるので、その人達が韓国に戻ってくるかどうかが注目すべき点。
2017/12/05 TBSテレビ[ひるおび!]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.