テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【あの一言】

後藤謙次の発言まとめ
財務次官にセクハラ疑惑・調査・処分せず口頭注意
麻生大臣の一連の動きに対する感度の鈍さにあきれる他ない。大臣としては人事権を行使する場面だが森友学園問題では国税庁長官ポストが空席。財務省は政策的にはどうだったか。仮想通貨の問題でも失敗も多い。第2次安倍内閣になってからは経済産業省主導型の経済政策運営が続いている。
2018/04/12 テレビ朝日[報道ステーション]

オスプレイ・どんな訓練?
日米地位協定の現実を東京で見せつけられた思いがする。日米地位協定においては米軍が配備する装備、その他について一切日本側の了解は要らない。これは戦後一貫していて、米軍および米軍基地も、そうやって運用されてきた。今回のオスプレイ前倒し配備についてはメディアも直前に知らされるなど米軍がこの情報を秘匿していた。衆院の外務委員会で河野外務大臣は3月11日に通達があったが公表しないでほしいと言われていたと答弁した。この場合、地元への説明はどうなるのか。そここそが政治の出番のはず。
2018/04/05 テレビ朝日[報道ステーション]

平壌公演にKポップアイドル・金正恩委員長が異例の言及
金委員長は政治面では南北首脳会談、米朝首脳会談を推進しているが、今度は文化面でも交流を推進するんだというアピールをし、韓国大衆の心をわしづかみにしたいという思惑がある。米韓合同軍事演習が行われているが、映像がまだ公開されていないのはペンタゴンと協議の上でのこと。金委員長は合同軍事演習をやっていても文化交流をできる大国だというアピールをしている。米朝首脳会談に向けた環境整備の一環。
2018/04/02 テレビ朝日[報道ステーション]

内閣支持率が急降下・総裁選への影響も…
一番の注目は二階幹事長。二階幹事長は「ポスト安倍は安倍だ」と断言して安倍総理大臣3選の道を切り開いた人だが、今回「総裁選に影響がないとは言えない」と言った。この意味は大きい。
2018/03/19 テレビ朝日[報道ステーション]

内閣支持率が急降下・総裁選への影響も…
米朝首脳会談にも日本は出遅れて、米朝会談は文大統領が仲介役をやった。日韓関係もうまくいっておらず、日本は外交ではバイプレイヤーにすぎない。バイプレイヤーが主役を押しのけて外交の主導権を握れるのか。先日の文大統領との会談では日朝首脳会談を模索していると語っているが、この発言はこれまで「対話のための対話には応じず、圧力をかけるしかない」としていた日本にしてみれば非常に大きな政策転換になる。こうしたことはもっと声を大にして言わねばならない。こうしたことから外交的な展望も開けていない。
2018/03/19 テレビ朝日[報道ステーション]

内閣支持率が急降下・総裁選への影響も…
これまでも支持率は急落することはあったが、底がはっきりしており、そこから這い上がっていくのが安倍政権のパターンになっていたが、今回の支持率急落の特徴は、安倍総理、昭恵夫人が焦点の人になっている点がこれまでと異なり、そこが非常に大きい。しかもこれから佐川氏の喚問があり、強制捜査もあるかもわからない。さらに籠池さんの裁判も始まることもあり、まだまだ予測できないことが大きく展開してくる可能性があり、底が見えてきていない。一番大きな問題は財務省の統制力が完全に失われてしまっている可能性があることで、また新たな文書が出てくる可能性もある。いくつ穴があるのかわからない状況。
2018/03/19 テレビ朝日[報道ステーション]

米朝訪問の特使が来日・金委員長・トランプ大統領の真意は
今回日本政府は2つショックがあった。一つは米朝会談が不意に行われたこと。もう一つは韓国が橋渡しを演じたこと。米朝会談に日本がどこまで関われるのかが当面の外交の最大の課題。
2018/03/12 テレビ朝日[報道ステーション]

消えた政治家や昭恵夫人・忖度?それとも指示?
財務省の官僚というのは官僚中の官僚といわれ、最も文書、ルール、法律に厳格だと言われている。理財局の一部が主導してやったとはとても思えない。量においても中身においても書き換えというレベルのものからはかけ離れており、悪意に満ちた書き換えである改ざんと言わざるを得ない。改ざんには動機が必要。動機の部分が麻生副総理大臣の記者会見、安倍総理大臣のインタビューでは伝わってこない。そもそも佐川前局長がなぜ決裁文書と違う答弁をしたのかに話がいかないと本質はわからない。予算委員会で安倍首相が自らの進退を賭ける発言をし、ハレーションを起こしたことは想像に難くない。調査特別委員会を国会に作ってもらいたい。
2018/03/12 テレビ朝日[報道ステーション]

「攻撃対象に…」懸念も…対北朝鮮“最新兵器”
昨年11月にトランプ大統領が来日し、安倍総理との日米首脳会談後の記者会見で、「日本に武器を買ってもらいたい」と発言した。政権幹部によると日本には特に買いたいものはなく、日本のショッピングリストの中に最初イージスアショアは入ってなかった。あれこれ考えていく中で、もしあるとすればこれだろうということでイージスアショアが決まった。積極的に導入を決めたわけではない。導入は5年先で北朝鮮情勢がどこまで動いているかもわからない。
2018/03/04 テレビ朝日[サンデーステーション]

「裁量労働制」削除に財界は失望感・次の焦点は「高プロ」に
4本の柱(残業の規制、同一労働同一賃金、高度プロフェッショナル、裁量労働制)のうち、1番太い1本の柱を失ってしまった。もう1本失うと政権そのものが揺らぎかねない。秋の総裁選にも大きく影響してくるので、総理は何が何でもこれを成立させようとするだろうが、いつ提出するかを含めて非常に難しい判断を迫られる。この法案は週に40時間、週に1回休みを取らなければならない完全な労働時間規制で、労働基準法の除外になってしまう。そこから先どうなるのかということまできちっと議論する必要がある。
2018/03/01 テレビ朝日[報道ステーション]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.