テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【あの一言】

後藤謙次の発言まとめ
<「もしもし後藤です」>前原民進はや正念場・便乗解散・現実味は
自民党最高幹部は山尾問題に関心はないと言いつつ、解散をやろうと思えばいつでもやれると強気だった。自信の根拠は自民党が頻繁に実施している情勢調査。これによるとそれほど負けないという結果が出た。一番早いタイミングは10月10日の告示の10月22日投票の3つの補欠選挙。ただそこまではあまりにも期間が短いということと、竹下総務会長が補欠選で3連勝したら年末もしくは年明けに総選挙を行いたいとしているが、これが最も常識的な見方。ただ北朝鮮情勢が流動的なので10月10日の朝鮮労働党の創建記念日が告示の日と重なるので補欠選に合わせた選挙はなかなか考えにくい。安倍総理 の支持率もまだ弱含み。
2017/09/10 テレビ朝日[サンデーステーション]

米国・ハリケーンで被害12兆円・死者47人・100万人避難
米国社会でとりわけ東部、南部では竜巻とハリケーンに住民が非常に敏感で、対応を誤ると政治を動かす大きな要因になる。2005年のカトリーナの時は街に水があふれ、富裕層は逃げたが取り残された貧困層から多くの犠牲者が出た。ブッシュ元大統領の対応が悪く、翌年の中間選挙で敗北し、2008年大統領選挙ではオバマ民主党政権が誕生した。トランプ大統領も対応を誤れば人種差別発言に続き大きな失点になる。見事な対応をすればプアホワイト以外にも支持層が広がる可能性もある。トランプ大統領にとっては北朝鮮のミサイル問題以上に重要な正念場。
2017/09/01 テレビ朝日[報道ステーション]

「政府機関閉鎖でも壁を」トランプ発言に株価下落
トランプ大統領は腰を低くして議会にお願いすることができず、上から厳しい言い方をして議会を追い込んでいこうとしている。そのことにより議会が混乱し、政策もうまく実現できない。ある面で空回りしてしまっている。
2017/08/24 テレビ朝日[報道ステーション]

<最新ニュース24h>「火に油を注ぐ」と北朝鮮が非難
今、一番恐れられているのは双方のリーダーともなかなか不確定要素が強いこと。予見できる可能性が低く、双方が読み違ってしまう可能性がある。
2017/08/20 テレビ朝日[サンデーステーション]

米国新駐日大使が着任“知日派の経済通”
最近の駐日大使は大統領と直結する人が多かった。トランプ大統領は何を考えているのかよくわからない、何を言い出すかわからないという中で、ハガティ大使が来てくれたおかげでホワイトハウスとのルートが完成するとかなり風通しが良くなる。そういう意味で期待が高まっている。
2017/08/17 テレビ朝日[報道ステーション]

増える銀行カードローン・手軽さ一転・自己破産も…
大手銀行が消費者金融を買収したが思ったような収益が上がっていない。銀行にとっては貸し倒れのリスクが高くても、高い金利がとれる消費者に向かうということがひとつにはあった。今の非正規雇用が多い雇用状況も大きい。失業率は低下しているが、非正規雇用が多いため、一時の消費のためにお金を借りてしまう人がこういう自己破産の問題に遭遇してしまう。さらには日本銀行の金融緩和という大きい背景もある。マイナス金利が導入されて、銀行は本業での収益が非常に落ちてきている。そのために次の道ということで銀行はカードローンに向かった。銀行業界そのものも企業への融資が思うように進まない状況にあり、なるべく早く日銀が金融緩和政策を終えるという出口戦略を早く示してほしいという声も上がっている。
2017/08/17 テレビ朝日[報道ステーション]

地上型イージス導入へ・急きょ決定・なぜ今?
防衛省幹部は、2+2で頭出しをするという言い方をしている。イージスアショアについては、北朝鮮のミサイル防衛であることは間違いないが、なぜ導入するのかという議論が煮詰まっていない。日本に向かうミサイルを迎撃するのか、米国に向かうミサイルを迎撃するのかという議論やそもそも当たらないものをやっても意味があるのかという議論が行われていない。緊張状態が高まるなか推進派が議論を制してイージス艦が導入されたり、PAC3が導入されたのが日本の防衛システムのこれまでの経緯。今回も韓国が導入しつつあるTHAADを入れるか、イージスアショアにするか議論もあったようだが、防衛省幹部によるとイージスアショアのほうがコストが安く、イージス艦で使い慣れていることから、イージスアショアに決まった。予算化されるまでに2~3年かかり、配備されるのに5年かかる。これから先も北朝鮮情勢の緊張度が緩和されることはないという前提に立っている。原点に立ち返ってそもそも論をやってもらいたい。
2017/08/17 テレビ朝日[報道ステーション]

<もしもし後藤です>就任直後に“挑戦状”も「異例の新内閣」行方は
野田聖子は2年前の総裁選でも推薦人の人数が集まらなかったとの理由で最後は断念をしたが、その人達が依然として応援してくれているという。来年の総裁選には必ず出たいとしている。ご本人は障害をもった小学生の男の子をお持ちで、その子に励まされて日本を弱い人にやさしい国にしたいという高い志を持っていて総裁選で台風の目になる可能性は高い。
2017/08/06 テレビ朝日[サンデーステーション]

トランプ大統領就任半年・成果乏しく…
実現できたものはTPPの離脱とか、パリ協定からの脱退とかマイナスのものばかりで、新しいものを作り出すということに対しては何も成果が出ていない。日本外交的にはトランプさんはあまり都合よくいっていないと受け止めている。日本外交は日米基軸で一緒になって世界に影響力を与えていくという形になっているが、そのためには米国というスーパーパワーが必要。にも関わらず、トランプさんの失言によって米国の存在感が国際社会の中で急速に小さくなってしまっている。日本の後ろ盾が弱くなると日本の外交も弱くなる。
2017/07/20 テレビ朝日[報道ステーション]

劉暁波「獄中」映像がネットに
中国は劉暁波を釈放し、ビデオも公開した。中国としては我々はこれだけ人権を守っており、香港の要求というのは我々のやっていることとはかけ離れているものだというアピールをしている。89年の天安門事件の時の学生リーダーのひとりであり、中国のオピニオンリーダーである劉暁波は、中国共産党にとっては絶対に許せない存在。それに対し欧米社会から様々なオファーが来ているが、これに対し中国の台頭へのやっかみというのが中国の見方。こういう中で日本政府の対応が非常にぼけていて見えてこない。ドイツでG20があり、安倍総理と習近平国家首席の日中首脳会談も予定されているが、安倍総理としては日本のリーダー、G7のリーダーのひとりとして劉暁波の問題について直接意見を言ってもいいはず。
2017/06/29 テレビ朝日[報道ステーション]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.