テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【あの一言】

手嶋龍一の発言まとめ
史上初・米朝首脳会談まで2日
国際社会の関心はシンガポール会談で北の非核化がどこまで一体進むのかという一点に注がれている。去年4月の段階では安倍トランプ会談が開かれ、北の非核化に向けて「最大限の圧力をかけていく」ということで完全に一致したが、米朝首脳会談が迫ってくるとトランプ大統領は「最大限の圧力という言葉はもう使いたくないし、非核化もゆっくりでいい」と態度を後退させてきている。トランプ大統領も手ぶらで帰るわけにはいかないため、代わりに浮上してきているのが、終戦宣言。朝鮮戦争の終結を新たに宣言することでお茶を濁そうとしている。北朝鮮が正しい道を歩むのならば、日本も経済協力を考えてもいいと米国側にも歩調を合わせ始めている。
2018/06/10 日本テレビ[シューイチ]

会談取りやめなら軍事衝突も!?3つのシナリオで日本に迫る危機とはSP
米朝交渉が決裂した場合は日本にとって悪夢になる可能性がある。トランプ政権が先制攻撃するという備えも最悪の事態として考えておく必要がある。可能性はゼロではなく、直接の被害者は北朝鮮に相対している韓国や日本になる。今の情勢で北朝鮮が韓国を直接攻撃するのかといえば明らかに金正恩政権としては韓国を攻撃することにはためらいがあるため、日本の在日米軍基地が狙われることになる。
2018/05/20 テレビ朝日[ビートたけしのTVタックル]

会談取りやめなら軍事衝突も!?3つのシナリオで日本に迫る危機とはSP
米国は二正面はできない。米国の最大の同盟国は残念ながらイスラエルで、イスラエルの死活的な利害がかんでいるのは中東なので(朝鮮半島ではなく)そっちの方にいく。
2018/05/20 テレビ朝日[ビートたけしのTVタックル]

北朝鮮「非核化」めぐる攻防・米国と北朝鮮の思惑は
米国側はCVID(完全に検証可能な形で核を放棄すべき)と言っており、まずは核の放棄ありきという姿勢。一方の金正恩委員長は中朝首脳会談の中で、段階的に制裁を緩めながらやっていけば最終的には朝鮮半島の非核化は解決できるだろうと言っているだけ。北朝鮮の非核化に向けての足取りについては何も語っておらず、ここのところがまったく主張が隔たっている。6月12日までの間にどのような実務者交渉をやっても簡単に歩みよれるようにはとてもみえない。
2018/05/11 BSフジ[プライムニュース]

北朝鮮「非核化」めぐる攻防・米国と北朝鮮の思惑は
金正恩委員長はあの超大国、米国の大統領をテーブルの向こうに座らせて丁々発止という以上に威信を高める方法はない。(米朝首脳会談は)金正恩委員長にはおつりがくるほど。
2018/05/11 BSフジ[プライムニュース]

トランプ政権・英国・フランスと共にシリア攻撃・手嶋が見抜いた“米国の思惑”
中国も北朝鮮も今度の米朝首脳会談というものが不調に終わればトランプ大統領が武力行使という手段に訴えてくるかもしれないという風に受け取っている。今回の攻撃で米ロの関係が急速に悪化したため、ロシアが米朝会談で北朝鮮側にかなり近寄ることが考えられる。今回のシリア攻撃というのは実は北朝鮮情勢にも大きな影を落としている。今回の攻撃について日本政府は決意は支持するとしているが、行動については支持をするとは言っていない。
2018/04/15 日本テレビ[シューイチ]

トランプ政権・英国・フランスと共にシリア攻撃・手嶋が見抜いた“米国の思惑”
シリアと北朝鮮は、はるかに離れているので一見無関係に見えるが、実は水面下で深く結びついている。北朝鮮の核施設がシリアに輸出されている。米国の同盟国でもあるイスラエルは2007年にシリアを空爆したが、この事実を10年以上経って初めて認めた。それが今回の米国の攻撃の予告編だったと専門家はみている。
2018/04/15 日本テレビ[シューイチ]

石原慎太郎が斬る!激動の世界情勢
先制攻撃をちらつかせていた圧力が効いてきた。金正恩委員長は誰よりも米国にやられるかもしれないと考え、阻止するためには平和の祭典と言われる平昌五輪を千載一遇のチャンスとして使った。
2018/03/30 BSフジ[プライムニュース]

最新・米朝首脳会談・けさ米国・トランプ大統領が言及
トランプ大統領はまるで金正恩委員長を同志と言わんばかりの様子でそこまで期待値をあげてしまって大丈夫なのか心配。
2018/03/11 日本テレビ[シューイチ]

「平昌外交」の真実と舞台裏・米韓関係の今
文大統領は満を持してイバンカを取り込もうとしている。トランプ大統領を米朝の対話に連れて行こうとすればイバンカしかいない。
2018/02/16 BSフジ[プライムニュース]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.