テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【あの一言】

春名幹男の発言まとめ
米国・トランプ大統領“初外遊”中に…北朝鮮弾道ミサイル発射で緊迫
時がくれば在日米軍基地にミサイル発射もあるということで、そうなってくると日本側としても放っておけない。交渉、あるいは今のような軍事的圧力をさらにかけることでやめさせるという方向しか考えられなくなる。
2017/05/22 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

「内憂外患」米国・トランプ大統領・弾劾の可能性は!?
今のところイスラエル側は、トランプ大統領とちゃんとした会談をやりたいという態度を示しているが、中東における情報はモサドが一番持っておりCIAそのものがモサドから情報をかなりもらっている関係にある。今、ロシアの情報機関とイランの情報機関の関係が非常にいい状態にあり、ロシアからイランに情報が流れている可能性は十分にあり、イスラエル側が安全保障上のダメージを受ける可能性が十分にある。
2017/05/19 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

米国・トランプ大統領・「太平洋も・・・公平な費用負担」日本への影響は?
(トランプの軍事費増額には)中国あるいは北朝鮮に対する軍備が念頭にある。例えばTHAADと呼ばれるミサイル防衛システムを日本にも置けという動きが出てくる可能性がある。
2017/03/02 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

「戦争も…」トランプ政権・対中国政策の行方
スティーブンバノン首席戦略官兼大統領上級顧問はトランプ大統領と考え方が同じで非常に危険。軍人を押しのけて国家安全保障会議の常任メンバーにもなった。こういう形でNSCを運営されるのは異常事態で米国も危険になってくる。
2017/02/07 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

米国「入国禁止」で国内外で混乱・司法&議会はどう動く?
今回の大統領令を一番喜んでいるのは「イスラム国」。トランプ大統領の感情的な行動はイスラム過激派を結束させ、新たな組織が生まれやすい環境を作ってしまう。
2017/01/31 TBSテレビ[ひるおび!]

「入国禁止」大統領令に批判殺到・対象7か国のなぜ?
トランプ政権はまだ政府の体をなしていない、トランプ大統領と一部の高官だけで判断し、正しい理解をしないまま政策をミスリードしている。
2017/01/31 TBSテレビ[ひるおび!]

トランプ大統領誕生・何を語ったか?就任演説・徹底分析
沖縄はこれまで米軍は日本を守ってくれるから沖縄の基地を我慢しようということだったが米国第一主義で米国は日本を守ってくれないのではないかということで我慢しなくなる可能性もある。安倍総理も就任式の後、コメントを求められて拒否している。やはりある程度ショックを受けたかもしれない。
2017/01/22 BS朝日[いま世界は]

「1月20日正午」で交代・“核のボタン”はいつ引き継ぐ?
“核のボタン”が正午からトランプの手に渡る。就任前に“核のボタン”の説明を受け、2人の大統領補佐官から国家安全保障についてブリーフィングを受ける。それからホワイトハウス警護室の上級士官から核攻撃を開始する際の機密コードの説明がある。大統領の胸ポケットにはカードが入っていて自分を認証してもらう。例えばロシアから核ボタンが押されたら30分弱で米国に到達するのでそれに対応しないといけないのでどこから発射されたか、どこに発射するかの詳しい説明を受ける。実際には数日前から事前説明があり、多分トランプタワーでやったのではないか。米国では説明の時には全てが秘密だが、ロシアはオープンにやっている。メドベージェフからプーチンは“核のボタン”をそのままもらっている。それがテレビカメラに映っている、米国ではフットボールと呼ばれる黒カバンで、ホワイトハウスの駐在武官がこれを常に持ち歩いている。
2017/01/20 TBSテレビ[ひるおび!]

大統領選で“米国が失ったもの”!?
TPPはやめると思う。今後は人事を決める中で政策を練り直す可能性がある。共和党ではTPP賛成も多い。従ってTPPでない違う形の自由貿易協定を結ぶ動きも出てくるかもしれない。
2016/11/13 BS朝日[いま世界は]

ドゥテルテ大統領・フィリピン“両面外交”の行方は!?
南シナ海は米国の国土と接していないが安全保障上重要。海南島に中国の原子力潜水艦の基地があり、核ミサイルを搭載。潜水艦が西太平洋に出ることが自由になると米国に到達する潜水艦発射弾道ミサイルが自由に発射できる体制になる。核戦略上中国が核大国になることを意味する。米国はフィリピンから軍を撤退させたくない。ラッセル国務次官補がドゥテルテ大統領の発言でフィリピンに飛んで行き、『米国は同盟関係を維持する』と言った。
2016/10/30 BS朝日[いま世界は]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.