テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【あの一言】

松原耕二の発言まとめ
新型ウイルス・変異の可能性・中国・海外への団体旅行を禁止
SARSは春節を機にスーパースプレッダーにより感染が広がった。北京を封鎖して封じ込めようとしたが、終息までに半年かかった。今から半年というと東京五輪パラリンピックを考えてしまう。そこまでに封じ込める必要がある。
2020/01/26 TBSテレビ[サンデーモーニング]

台湾総統選・蔡英文が再選・過去最多得票で圧勝
米中の代理戦争といってもよかった。米国は台湾に巨額の武器を売却し中国側は去年暮れに台湾海峡に空母を派遣したりしたが、結局、台湾の人は米国を選んだ。習近平国家主席としては台湾政策の練り直しを迫られることになった。台湾の人、特に若い人は「自分は中国人というよりはすでに台湾人である」というふうに言っている。中国としては平和裏に台湾を統一することは時間が経つとどんどん難しくなる。
2020/01/12 TBSテレビ[サンデーモーニング]

月曜日のニュース:「香港デモ・本格化から半年」
香港の若者が一番心配しているのはインターネット。彼らはリーダーがおらずインターネットでいろいろな連絡を取り、SNSで作戦を練っている。ここに中国が手を突っ込んでくるのではないか、遮断してくるのではないかということを恐れている。
2019/12/15 TBSテレビ[サンデーモーニング]

英国離脱後なお波乱も・EU崩壊の始まり?
英国は議会制度の模範生、お手本と言われてきた。つまり国民が代表を決めてその人達が話合うという間接民主主義のお手本だった。ところが安易に直接、国民で決めてほしいと国民に投げてしまった。ここがキャメロン首相の大きな過ちだった。しかもその選挙ではフェイクニュースなどでデマが広がって今もまだ英国民の半分の人がそれを信じている。我々も憲法改正で国民投票という議論が起きているが、静かな環境で静かに判断できる環境を作らないと、直接国民に問うことは一歩間違えば危険なこと。
2019/12/15 TBSテレビ[サンデーモーニング]

トランプ大統領作戦を誇示「イスラム国」に新たな指導者
心配なのは今ホワイトハウスでは誰もトランプ大統領にモノを言えない状況になっている。この状態でこの1年どうなるのだろうとしか言えない。
2019/11/03 TBSテレビ[サンデーモーニング]

「逃亡犯条例案」撤回・行政長官の表明にデモは?
チベットもかっては自治を約束されていたが、漢民族の支配が強まり抑圧され、自由を奪われていった。香港の人たちにとっては今、抵抗しないと香港が第二のチベットになりかねないという、ある種の切迫感がある。今香港の若者の75%が自分たちを香港人だと思っている。これがもっと進まないようにするのが中国が急いでいる理由のひとつ。台湾の人たちも自分たちを台湾人と考えており、このままであれば中国が提案している一国二制度は受け入れられないと言っている。中国には香港に強く出れば出るほど台湾の気持ちも離れていくというジレンマがある。9月15日に大規模デモが呼び掛けられているが、はたしてどれぐらいの人たちが集まるのかが今後を占う大きなポイントになる。10月1日の中国建国70周年の式典の映像と香港の大規模デモの映像が同時配信されるような事態だけは中国としては避けたい。
2019/09/08 TBSテレビ[サンデーモーニング]

北朝鮮・ミサイル2発・発射
一番衝撃的だったのは板門店の米朝首脳会談で金正恩がトランプに中距離と長距離について控えると約束し米国がそれを容認したとのポンペオ国務長官の発言。つまりこれは米国本土とグアムに届かない分に関しては容認すると言ったに等しい。日本は射程に入る。加えて今回発射したミサイルはかなり複雑な軌道を描くもので迎撃がすごく難しい。ウォールストリートジャーナルは1回目の米朝首脳会談の後に実は北朝鮮は12発の核兵器を新たに作ったのではないかという情報があると伝えた。米国が静観しているうちに次々と精度を上げていっているのではないかという懸念もある。
2019/07/28 TBSテレビ[サンデーモーニング]

注目の米中首脳会談・避けられた全面貿易戦争
最後までトランプ大統領に振り回された印象。議長国日本としてトランプ大統領への配慮に満ちていた。もしかしたら安倍首相がトランプ大統領にも耳の痛い話ができるのではないか、まとめてくれるのではないかという期待もあったが、それは正直見えてこなかった。米国への配慮ばかりが正直目立った。
2019/06/30 TBSテレビ[サンデーモーニング]

<風をよむ>~“令和の「国力」”~
OECDでの調べによると、他の国が軒並み上がっている中、主要国で日本だけが9%時給が下がっている。これが日本の現実。産業構造の転換に失敗する中で個人に我慢してもらい何とか国力を維持しようともがいていた。GDPという全体のパイを求めるのではなく、ひとりひとりがどうやったら幸せになれるのかという方向に変えていくべきではないか。
2019/05/05 TBSテレビ[サンデーモーニング]

注目される捜査報告書の内容・トランプ大統領の弾劾は?
民主党が及び腰なのは20年前、共和党が攻めてビルクリントンが弾劾に追いやられたことがあったが、攻めた側の共和党が支持を失ったということがあったため。国民の支持がないままに走しれば結局自分たちに跳ね返ってくるという思いがある。ただ民主党はこれが始まりだと言っておりまだまだ追及は続く。
2019/03/24 TBSテレビ[サンデーモーニング]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.