テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【あの一言】

森本敏の発言まとめ
森本敏×宮家邦彦・北朝鮮「国際包囲網」
現在の金正恩体制が行っている挑発活動に対し、中国は不快感を持っている。そもそも中国が厳しい状況に追い込まれている原因を作ったのは北朝鮮だと思っている。ミサイル開発がスローダウンするだけではなく、今すでに電車が止まっていると言われているように石油を何分の一止めただけでも、社会生活、産業に影響が出て国民が体制に不満を持ち、場合によっては中朝国境から脱北者が出てくる可能性もある。そうした混乱は国家の安全保障にかかわるため、中国にとって最も望ましくない。これ以上、北朝鮮に混乱をもたらすような安保理決議を通したくないと思っている。拒否権を発動するのは米国との関係もあり、政治的に難しいので、いかにして内容のない安保理決議にして参加にまわれるかということが中国にとっては重要となる。
2017/09/07 BSフジ[プライムニュース]

国際社会は北朝鮮を止められるのか
石油禁輸の鍵は中国とロシア。中国にとっては北朝鮮に対する石油の禁輸は北朝鮮を動かすカード。これを完全に止めると北朝鮮が非常に混乱し厳しくなるので、できればしたくない。中国は石油の禁輸をしない代わりに今回の安保理決議2371の石炭、鉄、鉄鉱石、海産物の全面輸出禁止に合意した。しかし仮に北朝鮮が核実験を行った場合には、中国がどうするかが今後の大きな鍵になる。
2017/08/31 NHK総合[クローズアップ現代+]

北朝鮮危機の行方・米国はどう出る?
北朝鮮はなんとか米国と2国間で対話ができるステータスを維持し、自国が核兵器国であることを米国に認めさせたいことにつきる。無条件で核の凍結を求める米国にとってそれはできない話。対話といいながらもお互いの条件が全然整わない状態。今、米国が対話の道を模索するなどという考えは全くない。
2017/08/31 NHK総合[クローズアップ現代+]

米朝が望む対話の実現・制裁・不安・米朝の国内事情
米朝が直接対話することはなかなか難しい。仮にできたとしても対話がうまく進まなければ、双方とも政治的打撃を受けてしまう。お互いにやりたいが、リスクが多すぎるので、まずどうやって枠組みを作っていくかがこれから重要になってくる。その一番大きな鍵を握っているのが中国。
2017/08/19 TBSテレビ[上田晋也のサタデージャーナル]

激論!安倍政治と日本の平和
民間機だとか漁船の動向を全部衛星で探知して、警告情報を出すシステムを早くやるべき。
2017/08/12 テレビ朝日[朝まで生テレビ!]

森本元防衛相×岩崎前統幕長・自衛隊と憲法9条
憲法の条文の中で自衛権が国の権利として正当なものだと解釈は多くの国民に理解され国民的合意がある。しかし自衛官としてその任を与えられて法律に基づいて活動する時に、国民の負託を受けて任務を果たしたいという気持ちは隊員個人、家族にも非常に強い。自衛権が認められていてもそもそも自衛隊とは何なのかが書かれていない。自衛隊を明文で書き込むという一文は非常に重い。
2017/06/15 BSフジ[プライムニュース]

トランプ大統領・弾劾の可能性は?
今回の一連の疑惑は大きく分けると2つある。1つは、選挙戦中のロシアとのコネクション。これはフリン補佐官やクシュナーが関わっていたのではないかということで、現在、特別検察官が捜査している。もう1つは、トランプ大統領がラブロフ外相に米国が持っているインテリジェンスの一部を直接漏らしたのではないかという疑惑。特別検察官の捜査で、どの程度具体的な証拠が上がってくるのかが問題の鍵となる。来年、中間選挙を迎える共和党としては、このような体制で選挙が勝てるのかどうかというところが、弾劾をどう処理するかということに対する重要な判断材料になる。
2017/05/27 BSジャパン[日経プラス10サタデー ニュースの疑問]

激論!米朝対立と日本・中国・ロシア
一連の問題では中国が一番得をしている。米国の方が中国に依存せざるを得ない客観情勢を作ってしまっている。米国は実際のところ何もできないし、戦略的忍耐も終わっていない。まだまだこれかも北朝鮮に忍耐をしなくてはならない。全体の軍隊の動きを見た場合、米国には先制攻撃をするという考えははじめからなかった。米国は自分から手を出すことはないし、北が核実験しても米国は手を出さないだろう。
2017/04/29 テレビ朝日[朝まで生テレビ!]

米朝「武力衝突」は?専門家が分析“最悪のシナリオ”とは
中国がどこまで真剣に北朝鮮を説得できるかにかかっている。しかし中国にだけ依存するのではなく、何かあった場合にはピンポイントで実力を行使するという体制をとりつつ、中国の外交的圧力に期待する方法しかない。日本は米軍の活動をサポートする立場。
2017/04/20 テレビ朝日[羽鳥慎一モーニングショー]

“現実”になる可能性・引き金をひくのは…
米国は中国が挑発活動をやめるよう北朝鮮を説得する時間も与えている。先制攻撃をする可能性は低いが、核実験をした場合は当該施設を破壊する可能性は十分にあり得る。
2017/04/15 日本テレビ[ウェークアップ!ぷらす]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.