テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【あの一言】

森本敏の発言まとめ
激論!南北首脳会談実現
韓国が3者ではイニシアティブを取りたいが、本来であれば6か国協議の議長国である中国はそれは阻止したいと思っている。問題は韓国が休戦協定の当事国ではないこと。休戦協定は国連軍と北朝鮮なので、国連にやIAEAに入ってもらう新しい枠組みを作ることが必要。休戦協定がなくなった場合には90日以内に国連軍地位協定が消滅する。これを交渉して更新しないといけない。そこを考えないといけない。
2018/04/28 テレビ朝日[朝まで生テレビ!]

シビリアンコントロールの危機
防衛省の中で公文書規則に基づく行政文書というものが情報公開法に基づいて公開されるべきだということについての認識が末端にまでいきわたっていない。
2018/04/07 日本テレビ[ウェークアップ!ぷらす]

激論!中国・習近平国家主席の外交
ジョセフナイのかつての考え方はトランプ政権誕生後に変わり、米国のリーダーシップが地に落ちていると言っている。米国の陸軍兵力は傷ついており、そこを再生させないと米国は元には戻らない。トランプは軍拡と言っているが、あれは予算上の問題で、米軍の士気は全然戻っていない。米国はインド太平洋戦略に中国も入れ込んだ形でやろうとしている。
2017/11/25 テレビ朝日[朝まで生テレビ!]

激論・北朝鮮問題・中国と韓国の関係
米韓首脳会談で韓国は米国に三部政策について全然説明しなかった。文大統領は中国に国賓として招かれている。中国の分断政策はうまくいっている。韓国が中国に飲み込まれている状態が以前よりも強い。
2017/11/25 テレビ朝日[朝まで生テレビ!]

森本敏×宮家邦彦・北朝鮮「国際包囲網」
現在の金正恩体制が行っている挑発活動に対し、中国は不快感を持っている。そもそも中国が厳しい状況に追い込まれている原因を作ったのは北朝鮮だと思っている。ミサイル開発がスローダウンするだけではなく、今すでに電車が止まっていると言われているように石油を何分の一止めただけでも、社会生活、産業に影響が出て国民が体制に不満を持ち、場合によっては中朝国境から脱北者が出てくる可能性もある。そうした混乱は国家の安全保障にかかわるため、中国にとって最も望ましくない。これ以上、北朝鮮に混乱をもたらすような安保理決議を通したくないと思っている。拒否権を発動するのは米国との関係もあり、政治的に難しいので、いかにして内容のない安保理決議にして参加にまわれるかということが中国にとっては重要となる。
2017/09/07 BSフジ[プライムニュース]

国際社会は北朝鮮を止められるのか
石油禁輸の鍵は中国とロシア。中国にとっては北朝鮮に対する石油の禁輸は北朝鮮を動かすカード。これを完全に止めると北朝鮮が非常に混乱し厳しくなるので、できればしたくない。中国は石油の禁輸をしない代わりに今回の安保理決議2371の石炭、鉄、鉄鉱石、海産物の全面輸出禁止に合意した。しかし仮に北朝鮮が核実験を行った場合には、中国がどうするかが今後の大きな鍵になる。
2017/08/31 NHK総合[クローズアップ現代+]

北朝鮮危機の行方・米国はどう出る?
北朝鮮はなんとか米国と2国間で対話ができるステータスを維持し、自国が核兵器国であることを米国に認めさせたいことにつきる。無条件で核の凍結を求める米国にとってそれはできない話。対話といいながらもお互いの条件が全然整わない状態。今、米国が対話の道を模索するなどという考えは全くない。
2017/08/31 NHK総合[クローズアップ現代+]

米朝が望む対話の実現・制裁・不安・米朝の国内事情
米朝が直接対話することはなかなか難しい。仮にできたとしても対話がうまく進まなければ、双方とも政治的打撃を受けてしまう。お互いにやりたいが、リスクが多すぎるので、まずどうやって枠組みを作っていくかがこれから重要になってくる。その一番大きな鍵を握っているのが中国。
2017/08/19 TBSテレビ[上田晋也のサタデージャーナル]

激論!安倍政治と日本の平和
民間機だとか漁船の動向を全部衛星で探知して、警告情報を出すシステムを早くやるべき。
2017/08/12 テレビ朝日[朝まで生テレビ!]

森本元防衛相×岩崎前統幕長・自衛隊と憲法9条
憲法の条文の中で自衛権が国の権利として正当なものだと解釈は多くの国民に理解され国民的合意がある。しかし自衛官としてその任を与えられて法律に基づいて活動する時に、国民の負託を受けて任務を果たしたいという気持ちは隊員個人、家族にも非常に強い。自衛権が認められていてもそもそも自衛隊とは何なのかが書かれていない。自衛隊を明文で書き込むという一文は非常に重い。
2017/06/15 BSフジ[プライムニュース]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.