テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【あの一言】

池上彰の発言まとめ
池上×増田生解説・トランプ大統領に「不都合なデータ」とは
中間選挙で共和党が負けた場合、下院の過半数の賛成で弾劾裁判に向けた流れになる。ただし上院の3分の2以上の賛成が必要。弾劾の話が出てくるというだけでもトランプ大統領にとってプライドが許さないので何としても与党を中間選挙で勝たせたい。そのために貿易戦争で中国に強硬なところを見せようとしている。
2018/09/17 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

中国最先端の街・深セン
深センは経済特区としてとにかく規制がない。何をやっても自由。それがうまくいった。
2018/08/09 日本テレビ[池上彰が教えたい!『実は…のハナシ。』第2弾]

プーチン大統領・人気の秘密
ロシアでは旧ソ連が第2次対戦でドイツに勝利した記念に毎年5月9日に軍事パレードが行われている。毎年ロシアの最新兵器がお披露目となり世界の軍事関係者が注目しているが、今年注目されたのは、飛行機に搭載できる極超音速ミサイル「キンジャル」。一旦宇宙空間に出て宇宙空間から落ちてくる弾道ミサイルで、狙ったものの真上から落とすことができ、核兵器を積むこともできる。普通の弾道ミサイルは陸地のミサイル基地から発射されるが、これは飛んでいる飛行機から発射できるので、あらゆるところから敵を攻撃できる。ロシアはこんなものまで持っているということをアピールした。
2018/08/09 日本テレビ[池上彰が教えたい!『実は…のハナシ。』第2弾]

イチからわかる米朝首脳会談
米軍は撤退し朝鮮半島が北朝鮮軍と韓国軍だけになれば、韓国軍はこれまで以上に米国から大量にミサイルやいろいろな兵器を買うこともあり得る。北朝鮮は米国さえいなければいずれ韓国は自分ものになると思っている。
2018/04/21 テレビ朝日[池上彰のニュースそうだったのか!! 特別編]

池上×増田生解説・「徴兵制」の波・日本への影響は?
世界はプロの兵士が必要だという流れだが、徴兵制をあえて入れるのは国民に危機意識を持ってもらおうという狙いが大きい。ヨーロッパの徴兵制復活の動きが与える日本への影響については、日本の歴代の政権が、日本では徴兵制は一切しないと言っているし、プロの集団が軍事組織という考えであり、日本の場合だとその自衛隊を支えるということが常識なので日本がすぐに徴兵制になるという話には絶対にならない。米国はベトナム戦争まで徴兵制で戦争反対運動が盛り上がったが、今は志願兵制でアフガニスタンで戦争が起きても他人事になっていて、反戦の動きが起きない。
2018/02/19 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

池上×増田生解説・「徴兵制」復活にロシアの脅威
ヨーロッパ各国で広がる徴兵制復活の動きの背景にはロシアの存在がある。
2018/02/19 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

池上×増田生解説・「徴兵制」復活にロシアの脅威
ロシア大統領選挙が行われる3月18日は、2014年3月18日ロシアがウクライナのクリミア半島を無理やり併合した日。ロシアの人たちにしてみれば、プーチン大統領がかつてのクリミアをロシアに取り戻してくれた強い大統領を思い出すそういう日に設定。狙いは強いロシアの復活。ソ連の頃は2大強国。米国対ソ連という強い大国だったが、ソ連が崩壊しロシアになってしまった。米国や世界から軽く見られているとかつての強いロシアを復活させたいというそういう思いがある。
2018/02/19 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

池上×増田生解説・エルサレム首都発言・各国の反応
トランプ大統領と仲がいい安倍総理大臣ということでこれまで東アジア情勢では有利に働いてきたが、世界から見るとこんなとんでもないことをする大統領と仲がいいのかということで、むしろリスクが高まっている。サウジアラビアなど石油産油国で紛争が激化すると日本への石油が通るのか、それを心配して石油の値段が上がる危険性がある。
2017/12/11 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

徹底解説!北朝鮮の脅威・米国・軍事企業が大儲け?
米国と北朝鮮の関係が悪化して以来、米国の軍事産業の株価がうなぎのぼりとなっている(上昇率:ボーイング44%増、レイレオン22%増、ノースロップグラマン21%増、ロッキードマーチン16%)。
2017/11/05 BSジャパン[未来世紀ジパング 池上彰の世界激変3時間SP 世界を分断する“新たな壁”]

池上彰が伝えたい実は知らない日本・中国
2008年の北京五輪で五輪ができるようになったのでもう援助はいらないよねということで従来型の援助は全部終ったが、その代わりに開発途上国地域で活動するNGOや地方公共団体の草の根無償援助を出しましょうということになった。これまでより金額は少ないがこうした金を出していれば口出しができるという事情があるとも言われている。ただ中国自体がアフリカなどに多額の援助をしており、他国に援助している国に援助する必要があるのかという問題になっている。
2016/08/20 テレビ朝日[池上彰のニュースそうだったのか!!3時間スペシャル]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.