テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【あの一言】

渡部恒雄の発言まとめ
トランプ政権の一年
2018年はロシアゲートの調査が進みトランプにとっては大変な年になる。自分の財務状況が個人から会社、クシュナーの会社までの調べが入る。これがレッドラインといわれている。そこまでいくと大統領が強権を発動するのではないかといわれている。下手をすると、トランプの借金に中国なりロシアなりの影がちらつく可能性もある。ロシアや中国はトランプは一見やりやすい相手だと思っていたが、それゆえにトランプはあまり柔らかくも出れないというひねくれた構造になっている。
2017/12/29 BS11[報道ライブ INsideOUT]

トランプ政権の一年
トランプ政権の特長のひとつに民主化にこだわらないということがある。世界に民主化をふりまくなどというようなことはしたくない。そういう意味では習近平にとってはやりやすい相手。中国との関係は実利的なもので合意できるものは合意し、できないものはしない。ディールはできると思っている。ただし中国に対する警戒感はものすごく強い。国家安全保障戦略にしても従来ブッシュ政権が一番強いことを言っていた政権だが、それでも中国を直接名指しすることはなかった。
2017/12/29 BS11[報道ライブ INsideOUT]

トランプ政権の一年
彼は1度説得されてやめたことでも、また持ち出す。落ち着いているとみられていた他の問題でもまた蒸し返される可能性もある。先日、トランプが中国に行き一時的に中国が安心していても、トレードとか知的所有権とか再び中国にとって厳しい話を持ち出す可能性がある。エルサレム問題に関して明らかなのは米国国内向けということ。アラバマの補選でキリスト教右派の候補が本人のセクハラ問題で苦戦したが、それを助けるためでもあった。また、来年11月の中間選挙のためでもある。さらにはトランプには大きなユダヤ系の支持者達がいて、その中にはエルサレムに首都を移すべきとの人がいっぱいいる。それによって米国の外交官や米国人が、世界的にリスクにさらされているということをあまりまじめに考えていない。
2017/12/29 BS11[報道ライブ INsideOUT]

トランプ政権の一年
これから怖いのはじわじわと米国の体力が弱ってくること。米国のソフトパワーという魅力がどんどんなくなってきている。国際的な秩序への信頼がどんどん失われ、みんなが信頼していたニューヨークタイムズ、ワシントンポストなどのクオリティペーパーをみんなが信用しなくなってしまった。代わりにトランプが信頼を置いているニュースはどうかと言えば、もっと信頼は置けずに世界ががたがたしてきた印象。
2017/12/29 BS11[報道ライブ INsideOUT]

緊張続く…!米国vs北朝鮮・最新情勢
簡単には金正恩体制が崩壊しないとトランプ政権は考えている。中国は人民解放軍が入っていく最悪のシナリオは幾つか考えている。ただそこまで積極的に動く予算もメリットもない。
2017/12/24 BS朝日[激論!クロスファイア]

「テロ支援国家」再指定・米中朝の“思惑”と“本音”
下手をすると北朝鮮の経済はもうだめだと米国人は思いがちだが、今は北朝鮮経済は前よりそこそこ良い。すごいいいわけではないにしても、北朝鮮の人はそれに十分耐えることができる。そのあたりを米国は誤解し続けてきた。
2017/11/24 BSフジ[プライムニュース]

「テロ支援国家」再指定・米中朝の“思惑”と“本音”
米国の政権は短い。来年中間選挙があるが、その後はレームダック化すると思われ、いいとこ4年。だから軍事的圧力も組み合わせている。米国の場合成功体験としてあるのはイランに対する金融制裁。トランプ政権には過去の北朝鮮の政策を肌身で経験しているような人が入っていないのでそういう意味ではだからこそ逆にやれるかもしれないと考えているかもしれない。
2017/11/24 BSフジ[プライムニュース]

「テロ支援国家」再指定・米中朝の“思惑”と“本音”
そもそも北朝鮮にここまで核開発をさせてしまったのは米国の政権交代や政権交代しなくても前期と後期でコロコロ方針が変わり一定の圧力や成果を出せなかったことにある。米国はそういう意味でコントロールするのが非常に難しい国。逆に簡単に変わってしまうことがわかっているからこそ日本政府も足並みをそろえている部分もある。米国がぶれることを想定しているから安倍さんが一生懸命にやっている。
2017/11/24 BSフジ[プライムニュース]

「テロ支援国家」再指定・米中朝の“思惑”と“本音”
テロ支援国家とはシリアとか、スーダン、中東のような国々のことであり、実は指定することで軍事援助をやめるとかそういう次元での話だった。だから東アジアでテロ支援国家というのはあまりなじまない。ただ大韓航空機爆破事件というのは世界にとって衝撃的な事件だったので、これはなんとかしなくてはいけないということでレーガン大統領が北朝鮮をテロ支援国家に指定したという経緯がある。
2017/11/24 BSフジ[プライムニュース]

「テロ支援国家」再指定・米中朝の“思惑”と“本音”
日本は米中頭越しということを経験しているので、骨身にしみてそれがあってはならないことだとわかっている。米国もこのあたりをわかっていて、ウォールストリートジャーナルは安倍首相がトランプ大統領を大事に接待した理由の1つに頭越しが怖いからだと書いている。
2017/11/24 BSフジ[プライムニュース]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.