テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【あの一言】

渡部恒雄の発言まとめ
トランプ大統領初来日!日米首脳会談の焦点
トランプ政権がもっている理由は景気が良いから。中国側が経済で雇用を増やすようなお土産をくれればトランプ大統領は喜んでしまうのではないか。
2017/11/05 BS朝日[激論!クロスファイア]

トランプ大統領初来日!日米首脳会談の焦点
ロシア疑惑は、すぐにトランプ大統領の進退につながる問題ではない。ジワジワと色々な証拠があがってきて、モラー特別検察官が情報を集めているが、今どうにかなるというものではない。進退につながる場合は弾劾裁判が設置された場合であり、それは下院で過半数がないと設置されない。それがなければそのまま何も進まないことになる。あるとすれば共和党のかなりの人たちがこの大統領ではだめだと思うか、下院で議席が逆転するかもしれない来年の中間選挙以降の話。
2017/11/05 BS朝日[激論!クロスファイア]

トランプ大統領・アジア歴訪へ・どうなる北朝鮮情勢
トランプ大統領が東南アジアに行くことを合意している目的の1つにはAPECがある。経済的にも東南アジアも含めたアジア全体は米国にとって利益のある場所。ここから引くことはあり得ない。中国に対して米国はそんなに甘くはないということを見せるためにも、東南アジアと話をするのは重要だと考えている。
2017/10/29 NHK総合[日曜討論]

トランプ大統領・アジア歴訪へ・どうなる北朝鮮情勢
習近平体制が強まったことによって中国自身がハードに行くのか、ソフトに行くのか両方の見方がある。問題はトランプ大統領が良くも悪くも短期的に結果を出したがること。不確定要素が米国、中国の両方にある。日本側としては米国との関係を強めることによってうまくコントロールすることが1つ。あまり良くない日中関係をどうするかという課題も出てくる。
2017/10/29 NHK総合[日曜討論]

トランプ大統領・アジア歴訪へ・どうなる北朝鮮情勢
オバマ政権より前はむしろ韓国と米国の関係の方が近かったが、今は完全に安倍トランプラインができている。トランプ政権は局長とかの政治任用が進んでいないためトップ同士で話をするしかない。その関係は日米が1番関係ができている。今回重要なのは日本と東南アジアに行くこと。トランプ大統領は、東南アジアとのチャンネルがまだ出来ていないため、トランプ大統領にとってアジア歴訪は非常に意味がある。
2017/10/29 NHK総合[日曜討論]

北朝鮮緊迫!米国・中国の戦略と思惑
北朝鮮が核を持つことで核ドミノが心配。東南アジアや中東を含めると北朝鮮が核を持っていいのなら俺も持つという国がいっぱいある。核不拡散体制の崩壊は危ない人に核が渡るリスクが増えることにほかならない。
2017/09/30 BS朝日[激論!クロスファイア]

<寺島実郎の未来先見塾・週刊寺島文庫>トランプ大統領の個性・特色
トランプは土地の売買で儲けているというよりは、トランプの名前を売り、そこに出資者を募っていくディベロッパー。本質はエンターテイナー。米国を本当に変えて良くしようとは思っていない。だから布陣もごろごろ変わる。
2017/08/04 BS11[報道ライブ INsideOUT]

<寺島実郎の未来先見塾・週刊寺島文庫>トランプ政権半年を振り返る
アーミテージ元米国国務副長官だけではなく、外交安保の共和党も含め、すべての主流の専門家がトランプに使ってもらえない。これがトランプ政権がすかすかの政権になっているそもそもの理由。経済も深刻でとりあえず経済は回しているにはいるが、これからFRBが利上げしたりして景気が悪くなるとソフトランディングをしたいが、うまくいかない時に市場の信任のあるエコノミストがゲーリーコーンを除きホワイトハウスに入っていないことが問題。
2017/08/04 BS11[報道ライブ INsideOUT]

どうなるロシアゲート
下院で圧倒的に共和党が多数なので今、結論を出しても弾劾まで行かない。モラー特別検察官が結論を出すのは中間選挙の前後になる。ただ、その前にトランプ大統領が自ら墓穴を掘る可能性もなくはない。トランプはビジネスで相当借金があり、どうも外国からもカネが来ていて、そこにロシアが絡んでいるのではないかと言われている。そういうことも含めて今、特別検察官の調べが入っている。この話が表に出てしまうと来年11月の中間選挙の前にかなり深刻な状況になってくる。共和党議員もいつまでもトランプを守っていられないという話になる。
2017/07/15 BS朝日[激論!クロスファイア]

北朝鮮暴走…きしむ米中関係と日本
中ロはG20の前に会って北朝鮮に関して、「北朝鮮に核開発をやめさせたいのであれば、米国と韓国が軍事演習をしばらく凍結し、THAADの配備もやめるべきだ」と言っている。中国だけだとこんなことは米国が怖くて言えないが、ロシアの方が米国にきつく言えるから言えた。中ロは便宜上、米国のラインにけん制球を投げるようなことをやりやすい構造になっている。
2017/07/15 BS朝日[激論!クロスファイア]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.