テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【あの一言】

興梠一郎の発言まとめ
特集・日本は対立深まる米中とどうつきあうか
日本が米国側に行ってしまうとデカップリングの問題とか、軍事的な問題など、いろいろと出てくる。日本に撤退されたら困る。技術が入ってこなくなる。中国は経済的に日本を必要としている。
2020/09/26 BSジャパン[日経プラス10サタデー]

特集・日本は対立深まる米中とどうつきあうか
中国は(菅政権を)安倍政権の路線踏襲で日米同盟が基盤だとみている。不安定要因として、ミサイル防衛の問題とか、尖閣の問題とか、5Gなどの技術が中国に渡らないようにする経済安全保障とかが懸念材料として入っている。そこは厳しくくるのではないか。
2020/09/26 BSジャパン[日経プラス10サタデー]

特集・初動の誤りはあったのか
中国に派遣されたWHO駐中国代表が「中国はまったく調査をさせてくれなかった」と書いている。そもそもWHOには調査する権限はなかった。相手が協力してくれて初めて査察に入れる。実験室から漏れたかもしれないウイルスについて、日誌も見せてくれなかった。実験室から漏れた可能性は否定できない。可能性はあるが立証ができない。なぜなら調査に入れないから。2月もWHOが調査に行った時も、実験室に入れていないし、市場にも行けていない。こういう状況証拠みたいなものがどんどん出てきている。
2020/09/26 BSジャパン[日経プラス10サタデー]

菅新政権と日中関係の今後について言いたい事、聞きたい事
習近平体制は構造改革をやる気がなく、国内で経済を回すなどと言い始めている。中国はWTOに入った時に国営企業を民営化することなどをWTOに約束している。これからは経済安全保障の観点から技術が簡単には手に入らなくなる。今までの中国経済の原動力がかなり削がれるので構造改革をしない限りは先進国レベルにいくのはかなり難しくなってくる。
2020/09/18 BSフジ[プライムニュース]

台湾めぐる米中対立に日本は…
今回、訪台したクラック国務次官は国務省のナンバー3。先日、訪台したアザー厚生長官は大統領から数えて序列12番目だが、今回は国務省の中でナンバー3。経済対話をしにいくとのことだが、台湾を国として扱うようなことになる。表立っては言わないが、実態を作っている。ちょうどこの時期に米国の中国大使が本国に帰ると言っているが、米国がやっていることをつないでみていくとひとつの方向に向かっている。そこを中国側はすごく警戒している。
2020/09/18 BSフジ[プライムニュース]


現在のトランプ政権の対中戦略をとりまとめた“対中戦略アプローチ”にはやはり台湾がガチッと出てきている。問題は1つの中国に対する理解が最近米国で変わってきていること。チャイナに対する考え方が中華人民共和国か中華民国かというのがある。そこは暗黙の了解になっていたがその考えに調整を匂わせるような発言をしている。中国が言っているワンチャイナではないかもしれないと言っている。
2020/09/18 BSフジ[プライムニュース]

菅新政権の対中姿勢は?「留任」二階と「退任」今井
米国は同盟国・日本における中国の影響、つまり世論を変えたり、政界や財界とかに食い込んでいくという統一戦線工作を系統的に研究している。スタンフォード大学も分厚いレポートを出すほどの研究をしており、かなりの研究数。議会もやっている。その中のひとつが国務省のグローバル関与センターというところがスポンサーになって作っているレポート。オーストラリアに関しても出ている。ロシアと中国の影響工作というのもある。相次いでこういうレポートが出ているということは、日本に中国がどういう世論工作を仕掛けてきているか。中国が北海道の土地を買っているとか、沖縄に入り込んでいるという話もいっぱい出てくる。IRの話も出てくる。その流れの中でこれから政界への(中国の)働きかけが増えるだろうと書いてある。
2020/09/18 BSフジ[プライムニュース]

菅新政権の対中姿勢は?「留任」二階と「退任」今井
IRがらみでいえば背景にある中国の企業、習近平国家主席と胡錦濤さんが卒業した清華大学、そういった細かい話から、沖縄でシンポジウムを開いた時の話とか、安全保障における日本の立ち位置というのが中国にどれだけ浸透されるか、それによって米国の情報もそれによって影響を受けるかとかが書かれている。それで5Gとかの話になってくる。こうした研究が米国でかなり広範に始まっているということは日本として知っておくべき。
2020/09/18 BSフジ[プライムニュース]

特集・新総理誕生で日本の対中政策は
中国の一連の日本に関する論評を見ていると、いろんなシンクタンクの人たちが国内向けにいろいろな発言をしている。それを総合すると中国が嫌がることをやっていかないと日本は中国に取り込まれてしまう。ひとつはサプライチェーンを日本が中国から他に移してしまうのではないかということを中国はすごく気にしている。日本政府にはそういう動きが一部であることは確か。あとは米国が中国に科学技術が渡ることを封じ込めようとしているが、科学技術で協力ができなくなること。イージスアショアの問題もあるが、軍事的な安保の問題で、日本が独自に米国の中距離ミサイルを配備するようになることを非常に怖がっている。こうしたことを中国科学院の日本研究所所長が懸念していると「環球時報」に書いている。中国は日本が5アイズのメンバーになり6アイズになることを非常に嫌がっている。日本は中国が嫌がることをやって日本の力にして中国と対等に付き合っていくべき。そうでないと呑み込まれてしまう。
2020/09/05 BSジャパン[日経プラス10サタデー]

特集・中国高官・欧州訪問の目的は
EUは中国に対する見方を変えている。昨年3月に発表された欧州委員会のレポートでは中国を制度的なライバルというふうにはっきりと書いている。その中に書かれているのはウイグルとか香港とかの人権問題。具体的に中国とは相容れないと書かれている。経済に関しても閉鎖的だと。去年から、中国に対する見方が変わっていた。今年3月にはコロナに関しての中国の対応が非常に気に入らないとしている。中国は「自分の国はうまくやり、欧州はコロナにうまく対応していない」という情報を流しまくったようで、EUは中国の出すディスインフォメーションに対応しないといけないというレポートまで出している。そうした状況を知ってか知らずか、わからないが、王毅外相が入っていった。欧州の中国に対する雰囲気が全然変わってしまっている。
2020/09/05 BSジャパン[日経プラス10サタデー]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.