テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【あの一言】

薮中三十二の発言まとめ
国連総会・米国の孤立・北朝鮮の“非核化”は?
トランプ外交については、世界中で一番心配していない国が日本。学生に聞いても「60%ぐらいがまあまあうまくやっているのではないか」と答えている。こうした考えは日米関係、特に安倍・トランプがうまくやっているのではないかという見方をしていることからきている。ただ、我々が見ておかなくてはならないのは、トランプは戦後70数年間続いてきた世界の平和と繁栄の礎になってきたNATOなどの同盟関係と経済などの自由貿易主義という世界のシステムを壊そうとしているということ。上辺だけを見ていいんじゃないかと言っている日本にもいずれ跳ね返ってくる。
2018/09/30 TBSテレビ[サンデーモーニング]

専門家が読み解く・貿易摩擦・北朝鮮問題
少なくとも米朝にまた繋げた。橋渡しができたということ。しかも非核化について、ある程度査察も含め、寧辺の施設もこれから米国の出方次第だが、条件付きでやると言っている。トランプ大統領はこの2か月位、ずっと金正恩委員長について評価している。その思いに応えたということがある。
2018/09/23 NHK総合[日曜討論]

専門家が読み解く・貿易摩擦・北朝鮮問題
問題は非核化について北朝鮮が本気でちゃんとやってくれるかどうか。これは日本が徹底的に注意して米国や韓国にも言わなければいけない。北朝鮮がどこまで核兵器を持っていて、それがどこにあるんだということをまず言わせなければいけない。ところがトランプ大統領の頭の中でこうしたことは面倒くさい話であり、「破壊するならいいじゃないか」という話になりかねない。日本がきちんと発言すべき。
2018/09/23 NHK総合[日曜討論]

言いたい事、聞きたい事
拉致核ミサイルの解決は難しい。同朋意識の強まった南北関係に対して日本がどういう関係を結んでいくのかという絵を提示しながら拉致核ミサイルを解決しろと迫っていくしかない。
2018/08/30 BSフジ[プライムニュース]

日朝“極秘会談”の真相と日米関係
今回の南北の接触、米朝の接触、両方とも情報関係の連絡からスタートしている。金委員長は経済建設に相当の関心を持ってやっているので、ある意味日本にとってはチャンスかもしれない。
2018/08/30 BSフジ[プライムニュース]

米国国務長官訪朝“直前中止”の裏側・真の標的は中国?トランプ大統領の狙い
トランプ大統領の頭の中で、中国の貿易問題と北朝鮮の問題は密接にからんでいる。今はトランプ大統領の中でのプライオリティからいくと中国との貿易摩擦をどうするという事の方が重要だと考えている。トランプ大統領はツイッターで習主席との間には強い絆があり比較的短い時間でどうにかなるとつぶやいている。多分11月あたりに米中の首脳会談があるのかもしれない。
2018/08/30 BSフジ[プライムニュース]

「9・9軍事パレード」の狙いと注目
ここのところの一連のドタバタで中国が急に主役となった。今習近平国家主席が訪朝するのは厳しいのではないか。ただトランプ大統領の頭の中では、パレードに習近平国家主席が行くかどうかは大きい問題ではない。
2018/08/30 BSフジ[プライムニュース]

トランプ大統領・ツイッターに懸念・米国とイラン“応酬”の真意は
イランが気の毒。イランと国際社会は核合意ができ、イランはそれを順守している。そこにトランプが出てきた。日本もイランとの原油の取引について制限されている。欧州、ロシア、中国は本当はイランが可哀そうだと思っているが、米国は力があるのでイランへの経済制裁に日本も含めて付き合わざるをえない。イランはプーチンを使ってトランプと話す用意があるという方向にもっていけば大分状況は変わるだろう。
2018/07/29 TBSテレビ[サンデーモーニング]

トランプ大統領が譲歩?米朝首脳会談で非核化の行方は
軍配が上がったのは金正恩党委員長。トランプ大統領に対しては米国国内に批判があったが、それはワシントンだけの話で、米国全体では55%が支持している。今後大変なのは何もないところで交渉しなくてはいけないポンペイオ国務長官ということになる。
2018/06/17 TBSテレビ[サンデーモーニング]

あさって開催・どうなる米朝首脳会談
第1回の首脳会談では大きな原則合意が必要。非核化と言った時に、北朝鮮の持っている核兵器、ミサイルの廃棄が大きな目標だということを最低限、確認するべき。あとは実際には閣僚レベルで作業計画が進むと思うが、そこには絶対に日本が当事国として入るべき。
2018/06/10 NHK総合[日曜討論]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.