テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【あの一言】

辺真一の発言まとめ
日本を悩ませる危機・平昌五輪開幕!?北朝鮮の思惑とは!?
北朝鮮が資金難に陥れば3つの選択しかない。餓死、降参、一か八かで攻撃してくるかのどれか。打って出れば日本への悪影響は避けられない。
2018/02/11 テレビ朝日[ビートたけしのTVタックル]

五輪外交で米朝対立・進む南北融和の中で・・・
韓国からすると圧力路線を放置していると、ゆくゆくは米朝の間で軍事衝突が起こりかねないという意味で、まずは南北関係改善をし、その次の着地点として非核化を目指すべきと考えている。文政権は米国を選ぶか、北朝鮮を選ぶかというものすごいジレンマに立たされている。文大統領が平壌に行けるかどうかは4月に行われる米韓合同軍事演習の前に米朝が話し合いに入るかどうかが鍵になり、もしそうなれば早ければ6月、遅くとも8月に南北首脳会談が行われる。
2018/02/11 TBSテレビ[サンデーモーニング]

五輪外交で米朝対立・進む南北融和の中で・・・
北朝鮮が仮に潜水艦弾道ミサイル発射実験をやるとか、9月9日の建国70周年に事実上の弾道ミサイルである人工衛星・テポドンを打ち上げるとしているが、これらを行うかどうかによって今後の朝鮮半島情勢は大きく変わってくる。
2018/02/11 TBSテレビ[サンデーモーニング]

北朝鮮情勢・五輪後を読む・米の先制攻撃とは?
鼻血作戦はリスクが高いが、トランプ政権の中では米国の本気度を見せつける必要があるということで北朝鮮の核施設・ミサイル施設を限定的に攻撃できないのならば、北朝鮮が50年前に拿捕し、現在は戦争勝利品として港に展示している米国の情報収集艦を叩く案も出ている。
2018/02/06 BS日テレ[深層NEWS]

五輪後の朝鮮半島は?
北朝鮮情勢は五輪後に再び緊迫する。トランプ大統領は五輪、南北対話の期間中は軍事行動を起こさないと言っているが、裏読みするとそれらが終われば軍事行動を起こすと読める。北朝鮮が軍事パレードで米国を威嚇するような新型ミサイルを出してくれば、その可能性は高くなる。
2018/02/06 BS日テレ[深層NEWS]

1月に軍事視察なし…北朝鮮・金正恩委員長の不気味な動静
金正恩委員長の軍事関連の視察がなかったのは1つには米国を刺激するとまずいという判断があった。一方で、だからこそ軍事パレードをやらざるを得ないという思いもある。米国が平昌五輪後に北朝鮮をたたいてきても、いつでも対抗できるぞという軍事的デモンストレーションをやらなくてはいけない。金委員長は米国の攻撃を警戒し、恐れており、北朝鮮の外務大臣が国連事務総長に米韓合同軍事演習、さらには米国の北朝鮮に対する軍事力行使の脅しをなんとか止めてくれという書簡を送ったことからもわかる。
2018/02/02 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

1月に軍事視察なし…北朝鮮・金正恩委員長の不気味な動静
昨年11月29日に成功したと豪語している米国本土を狙える火星15号ICBMだが、金正恩委員長はこれを大量生産し、ただちに実戦配備せよと言っている。それがわずか2か月そこそこで2基、3基、4基と軍事パレードに登場することになれば、トランプ大統領いわく、いよいよ北朝鮮が実戦配備に入ったという判断につながる恐れもある。ここが軍事パレードの最大の焦点。
2018/02/02 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

<ひるトク!>カナダで20カ国外相会合・北朝鮮包囲網の強化は?
祭りの後に何か起きるかもわからない。金委員長も今年は大胆なことをやると言っているので平昌五輪の融和ムードをさらに続けていき、もしかすると一気に南北首脳会談まで持っていく可能性もある。その上で9月9日の建国記念日に向けての人工衛星の発射を想定しているかもしれない。
2018/01/17 TBSテレビ[ひるおび!]

<ひるおびハテナ?>なぜ今・五輪参加を示唆?政治に利用?北朝鮮の思惑
北朝鮮からすれば平昌五輪期間中の数か月に金委員長が新年の辞で言っていたICBMの生産・配備を急ぐことができる。時間が稼げるという思いがある。
2018/01/05 TBSテレビ[ひるおび!]

北朝鮮に「新型人工衛星」計画“記念日”警戒
2月8日は正規軍としての朝鮮人民軍創設70周年、9月9日は建国70周年という大きなイベントを控えている。前半ならば2月8日までにやる可能性がある。後半ならば平昌五輪後に9月9日に向けて打ち上げる可能性あり。どちらにしても100%は人工衛星と称する長距離弾道ミサイルの発射をやるだろう。
2017/12/27 テレビ朝日[ワイドスクランブル]

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.