JCCテレビすべて
特集 驚きのニュース
2020年02月21日(金)
最新TV速報
【驚きのニュース】
危機・南極の氷河・加速度的に後退(2月7日)
英国とほぼ同じ面積の南極の氷河が考えられていたよりも早く消えつつあることが確認された。
南極西部にあるスウェイツ氷河は全て溶けると世界の海面を50センチ上昇させるとされている。

調査では氷にドリルで穴をあけ氷の下600メートル、氷が溶けだしている場所を世界で初めて撮影した。

恐れている状況が確認された。氷河の底の地形が下向きに傾いているため暖かい海水が流れ込み氷が解けると隙間にさらに海水が流入し氷河が加速度的に後退するという。


ツイッター社「ディープフェイク」投稿削除も(2月6日)
ツイッター社の新たな方針では、投稿された動画や画像などについて、ユーザーを欺くことを意図し、動画の改ざんなどが行われているかどうかや、公共の安全への影響などの観点から独自の基準を設けるとのことである。

違反していると判断した場合、ツイートに「操作されたメディア」と表示してユーザーに警告する他、投稿を削除する可能性もあるとしている。米国で大統領選挙が本格化する中、ソーシャルメディアの運営企業にとってフェイクニュース対策は喫緊の課題となっている。...
全部読む


ナイキ厚底シューズ・全面禁止せず(2月1日)
陸上業界を席巻しているナイキの厚底シューズについて、国際競技団体の世界陸連は31日、厚底のシューズについて調査を進め、シューズの厚さなどの具体的な規定改正を発表した。

それによると、4月30日以降、大会4か月前までに購入したシューズでなければ使用できず、市場に出ていない試作品も大会で使用できないとしている。

また、現行モデルの禁止はせず、更なる技術開発を防ぐために今後靴底の厚さを4cm以下、プレートは複数枚重ねてはならないなど具体的な 規定の改正を行った。...
全部読む


“軍事機密入手しようとした”日本人男性・治安機関に一時拘束される(1月28日)
ロシア国営メディアは「日本人男性が極東地域の軍事機密を入手しようとして治安機関に一時拘束され、その後日本に帰国した」と伝えた。国営メディアは「ロシア外務省がモスクワにある日本大使館の職員を呼び書面で抗議した」と伝えている。

共同通信社は、記者が一時拘束されたことを明らかにした上で「通常の取材活動だった」としている。

今回のロシアでの報道の前に日本では、ソフトバンク元社員が機密情報を不正に持ち出したとして逮捕され、在日ロシア通商代表部の幹部職員に情報を渡したという趣旨の供述をしており、警視庁は帰国した幹部職員らの出頭を要請した。...
全部読む


環境相・ベトナム石炭火力発電支援で“問題提起”(1月21日)
日本が融資を検討しているベトナムで建設が計画されている石炭火力発電所「ブンアン2」について、小泉環境大臣は今日の閣議後の会見で、「日本がお金を出しているのに、結果的にプラントを作るのは中国や米国の企業だ。こういう実態はおかしい」と述べ、「国民や国際社会から理解を得られない」として、関係省庁に問題提起し、議論していきたいという考えを示した。

環境省によると、ブンアン2は、三菱商事が100%出資する子会社などがベトナムのハティン省に建設を計画しており、日本の政府系金融機関の国際協力銀行などが融資を検討しているという。...
全部読む


過去の記事
1 2 3 ... 10 20 30 ... 55

「驚きのニュース」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  営業マン横道日記
最新の画像  営業マン横道日記
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組