テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【時流】

ティラーソン国務長官・ロシアに入る(4月12日)
米国・ティラーソン国務長官がロシアに到着した。12日からの協議の前に緊張が高まっている。長官はシリアの反政府勢力が支配する町に対し先週、化学兵器を使用したアサド政権への支援を止めるようプーチン大統領に求めている。


長官はG7外相会合のイタリアからロシアに入ったが、G7諸国は英国が求めたシリアとロシアの新たな制裁を拒んだ。...
全部読む

注目が集まる北朝鮮情勢(4月11日)
北朝鮮が軍事的な挑発を続ける中、米国は朝鮮半島近海に向け空母を派遣した。今後の出方次第では米国が武力行使に踏み切る可能性があるとみて日本政府は警戒を強めている。


核兵器の開発を進める北朝鮮を念頭にして、米国は朝鮮半島近海に向け原子力空母「カールビンソン」を派遣した。...
全部読む

厳しい状態の米ロ関係(4月10日)
ティラーソン米国務長官がロシアは先週シリアで起きた毒ガス攻撃を防げなかったと批判した。米国テレビ局とのインタビューでシリアの化学兵器使用を止められなかったロシアに異議を唱えると語った。ティラーソン国務長官は数日後にモスクワを訪問する予定である。


訪問はもともと予定されていたがこの問題が影を落としている。...
全部読む

米艦隊・米韓演習後も西太平洋に留まる(4月9日)
米軍は8日、ハリス司令官が原子力空母カールビンソン中心の艦隊に対しオーストラリア寄港を取り止めて、西太平洋に展開することを指示したと公表した。

カールビンソンは朝鮮半島周辺で米韓合同軍事演習に参加した後、その海域を離れて南下し、寄港先のシンガポールを経由してさらに南に向かう予定だったが、ハリス司令官の指示で北へと進路を変えるという。



米軍が空母の詳細な行動計画の変更の公表は異例で、トランプ政権の「極東重視」の方針が明確になってきた。...
全部読む

トランプ大統領・中国を押しまくる(4月8日)
米国のトランプ大統領と中国の習近平国家主席は初めての首脳会談で核とミサイルの開発を加速させる北朝鮮への対応について、朝鮮半島の非核化に向けて努力していく事を確認するとともに、トランプ大統領は中国が行動しないのであれば、米国は単独で行動する用意があると伝え制裁の強化を迫った。



今回の米中首脳会談の最大の焦点は弾道ミサイルの発射を繰り返し、核実験を実施する兆候もみられる北朝鮮への対応にあった。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 1516 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70
71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.