テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【時流】

トランプ中東政策の行方は・・・(5月21日)
イランの大統領選挙で再選を果たしたロハニ大統領は国民の信任を得たとして今後も国際社会との対話路線を続けていく考えを強調した。

保守穏健派のロハニ大統領は保守強硬派のライシ前検事総長などを抑えて再選した。
イランでは、穏健な外交姿勢が支持された形となった。



一方で、米国のトランプ大統領がサウジアラビアを訪れ、イランへの圧力強化の姿勢を示すことでけん制した。...
全部読む

マティス国防長官・軍事的解決になれば信じられない規模の悲劇になる(5月20日)
米国のマティス国防長官は19日、北朝鮮への対応について「中国が一定の影響力を行使しているが、北朝鮮の活動を抑えるには至っていない」という見解を示した。



14日に北朝鮮が発射した新型の中距離弾道ミサイルに関し、高度が初めて2000kmを超えたという推定があることも踏まえ、技術の進展に警戒感を表した。...
全部読む

駐日米国大使にハガティ氏・今夏に着任する(5月19日)
米国のトランプ大統領の政権移行チームの元幹部で、米国の新しい駐日大使に指名されたウィリアムハガティ氏は18日、議会上院の外交委員会で指名承認のための公聴会に臨み、初めて公の場で対日政策について発言した。


農産物の関税引き下げや、自動車市場の非関税障壁見直しなど、日本の市場開放実現に意欲を示した。...
全部読む

米国司法省はFBIの元長官を独立して捜査にあたる特別顧問に任命(5月18日)
去年の米国大統領選挙でトランプ陣営と選挙に干渉したとされるロシアとの間に連携がなかったかどうかという問題ではFBI(連邦捜査局)がすでに着手しているが、トランプ大統領が捜査を指揮していたFBIのコミー長官を突然解任したことをめぐって捜査妨害の狙いがあるのではないかという批判も出ていた。



米国司法省は問題を解明するためFBIの元長官・モラー氏を独立して捜査にあたる特別顧問に任命したと発表した。...
全部読む

大きな進展みられない国連安保理(5月17日)
安保理の緊急の会合に先立ち日米韓の国連大使が揃って会見し北朝鮮を厳しく非難し制裁を強化する必要性を訴えた。
安保理の緊急会合は非公開で行われ1時間15分ほどで終了した。



会合のあと議長を務めるウルグアイのロセリ国連大使は記者団に対し「安保理は北朝鮮の核開発とミサイル発射を断じて容認せず北朝鮮に対して朝鮮半島の非核化に向け誠実な行動を求めていくと共に全ての国連加盟国に対しても北朝鮮に対する制裁決議を着実に履行するよう改めて求めることでも一致した」ことを明らかにした。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 … 111
「時流」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.