テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【時流】

激しさ増す・米対北朝鮮(3月21日)
北朝鮮メディアは金正恩委員長視察のもとで「新型エンジンの燃焼実験に成功した」と発表しており、長距離弾道ミサイルの発射実験が近く行われるとの見方も出ている。
米国のティラーソン国務長官はソウルで対北朝鮮政策の見直しをめぐって武力行使を排除しない姿勢を示したことについて北朝鮮外務省は報道官の談話を発表した。



談話ではティラーソン国務長官について「われわれがなぜ核武力強化へ乗り出しているのか根源を知らない」と批判し、「企業家出身の米国当局者らが驚かそうと考えたならそれは通じないことをまもなく知るだろう」とトランプ政権を強くけん制した。...
全部読む

トランプ大統領・北朝鮮に怒る(3月20日)
米国のトランプ大統領は挑発行為を繰り返す北朝鮮の問題について連日補佐官らと協議し「極めて酷い振る舞いをしている」と述べ、金正恩朝鮮労働党委員長を強く非難した。
トランプ大統領は18日と19日、別荘のある南部フロリダ州で安全保障政策を担当するマクマスター大統領補佐官らと北朝鮮問題について連日協議した。



北朝鮮の核、ミサイル問題に危機感を強めるトランプ政権は、北朝鮮政策の見直しを進め圧力を強化していきたい考えで、ティラーソン国務長官が日本、韓国、中国を訪問し対応を協議していた。...
全部読む

G20は漂流するのか (3月19日)
今回のG20は、保護主義的な政策を掲げる米国のトランプ大統領の就任で、これまで通り自由貿易を進める方針で協調できるかが焦点となった。

発表された声明には、これまで盛り込まれてきた“あらゆる形態の保護主義に対抗”との文言は盛り込まれず、トランプ政権に配慮した形となった。
その米国は、今回の声明を評価する一方で、参加国からは不満の声も上がった。



会議に先立ち、米国側に“保護主義には対抗していく必要がある”と伝えていた麻生副総理兼財務相は、7月のG20サミットに向けて、貿易をめぐる議論が続くとの認識を示した。...
全部読む

G20・自由貿易は推進できるか(3月18日)
G20財務相中央銀行総裁会議は今日未明、ドイツ・バーデンバーデンで開幕。米国トランプ政権発足後初開催となるこのG20では、保護主義的な主張を続ける米国と各国が「自由貿易の推進」といったこれまでの合意事項を維持できるか、が焦点となっている。

初日は約3時間にわたって世界経済の現状などをテーマに意見を交わし、関係者によると、一部の国から保護主義へ反対する意見が相次いだという。



会議後、麻生副総理兼財務大臣は「自由貿易が多くの国で経済の繁栄に寄与してきた歴史というものを認識すべきである旨、説明したという。...
全部読む

トランプ政権・東芝問題で雇用懸念
東芝の経営問題について、米国・トランプ政権の2人の主要閣僚が「米国にも重要なことだ」との認識を訪米中の世耕経済産業大臣に示したと伝えられている。
世耕大臣は「先方から言及があった。米国で原発を建設しているウェスチングハウス社の親会社・東芝の財政的安定性は、米国にとって非常に重要であると」と述べ、日米間の情報共有を進める考えを示した。



世耕大臣はロス商務長官、ペリーエネルギー長官と相次いで会談した。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 3334 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70
71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.