テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【時流】

大きな進展みられない国連安保理(5月17日)
安保理の緊急の会合に先立ち日米韓の国連大使が揃って会見し北朝鮮を厳しく非難し制裁を強化する必要性を訴えた。
安保理の緊急会合は非公開で行われ1時間15分ほどで終了した。



会合のあと議長を務めるウルグアイのロセリ国連大使は記者団に対し「安保理は北朝鮮の核開発とミサイル発射を断じて容認せず北朝鮮に対して朝鮮半島の非核化に向け誠実な行動を求めていくと共に全ての国連加盟国に対しても北朝鮮に対する制裁決議を着実に履行するよう改めて求めることでも一致した」ことを明らかにした。...
全部読む

G7の機会に北朝鮮問題で日米首脳会談(5月16日)
安倍総理大臣は弾道ミサイルの発射を繰り返す北朝鮮への対応について「外交的・平和的に解決したい。これは日本も米国も同じだと思うが同時に対話のための対話は行わないという考え方のもとに行動対行動の原則にのっとって対応していきたい」と述べ中国やロシアが求める6か国協議の再開には慎重な姿勢を示した。



その上で「仮に北朝鮮が核実験を行えば日本は追加制裁を科すための新たな国連決議の採択を追求することになる」と述べた。...
全部読む

北朝鮮の核・ミサイル開発に日米はどう向き合うのか(5月15日)
北朝鮮によるミサイル発射実験に関して米国当局は最近の軍事パレードでみられたミサイルだったと考えている。


北朝鮮がこれに核を搭載しようとするのは間違いない。...
全部読む

北朝鮮、ICBM発射実験か・その時トランプ大統領は・・・  (5月14日)
菅官房長官が北朝鮮がきょう午前5時半前、西岸から弾道ミサイルを発射したことを受けて午前8時すぎ2度目の記者会見を行った。



この中で菅官房長官は「北朝鮮は本日5時28分ごろ北朝鮮西岸のクソン付近から1発の弾道ミサイルを東北東方向に発射したと判断される。...
全部読む

トランプ大統領の発言ますます過激になる(5月13日)
米国のトランプ大統領はFBI連邦捜査局のコミー前長官の解任の経緯を巡って批判を強めるメディアに対し報道官らによる記者会見をやめる可能性に言及して不満を表した。
トランプ大統領は解任したコミー前長官についてツイッターで、「コミーは報道機関に情報を漏らし始める前に我々の会話を録音したテープが存在しないことを願うべきだ」と書き込んだ。



トランプ大統領は録音テープが存在する可能性をほのめかし、コミーに会話内容を漏らさないよう警告したと受け止められている。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 … 119
「時流」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.