テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【時流】

動く国際情勢(6月6日)
日本では、7月10日投開票の参院選に向かって、当分選挙モード一色になるであろう。
しかし、その間も世界の情勢は刻々と動いてゆく。

第一弾は、今月末に「英国のEU離脱をめぐる国民投票」がある。
キャメロン首相は、残留に向けて必死の説得を行っているが、情勢は予断を許さない。
ロンドンの前市長のボリス・ジョンソン氏が離脱支持に回るなど、英国民や閣僚内の意見は二分されている。



もし、EU脱退が現実になれば、英国はもとよりEUにも大きな衝撃が走ることになる。...
全部読む

今回の参院選の意味(6月3日)
来るべく参院の投開票は7月10日となるが、この参院選の意味となると複雑である。
安倍首相は、今回の参院選は「アベノミクスの是非が争点」になると述べているが、結果として与党が参院で非改選も併せて3分の2以上の議席を獲得すると、現在衆議院でも与党の議席は3分の2以上あるので、憲法改正の発議ができる環境が整うことになる。



そう考えると、今回の参院選は「憲法改正を視野に入れた」選挙ということになるとも言える。...
全部読む

なぜ衆議院を解散しないのか(6月2日)
6月1日に安倍首相は、「消費増税19年10月まで20か月延期をする」と表明した。
首相は、14年11月に増税を延期した際、「再び延期することはない」と断言しており、今回の延期の判断との整合性については「公約違反ではないかとの批判があることも真摯に受け止める」と語った。今回の判断は、断言したこととは異なる「新しい判断だ」と位置づけ、来る7月10日の参院選で「国民の信を問いたい」と述べた。



2回目の延期で、再延期がないと断言までした「公約」を「新たな判断」とか「参議院選で信を問う」ということは、どう考えてもおかしく、安倍首相の政治家としての信頼が崩れる可能性が強い。...
全部読む

安倍首相の政治手腕(5月31日)
案の定というか、やっぱりというか「消費税増税は先送りされる」見通しとなった。
G7首脳会議を利用して、世界経済の悪化懸念による対策としてという理由付けにより、先送りを合理化するものである。



とはいえ、G7を仕切り、欧米諸国の首相を向こうに回して、世界の経済状況はリーマンショック前と同じく極めてリスクが高い状態であるという認識を半ば認めさせたことは、歴代の日本の首相では考えられ無かったことである。...
全部読む

オバマ氏のジレンマ(5月30日)
プラハ演説から7年、広島でのオバマ氏の17分の演説は、理想だけでは解決しないこの世の現実を経験して、「自分の生きてる内には出来ない」という諦念のようなものを感じざるをえなかった。
米国だけが、核の廃棄をすれば、世界はどうなるのか。それでもロシアが廃絶を志向しないであろう。もしロシアが応じたとしても、北朝鮮は応じないだろう。テロリストが核を手に入れたら、どう対処したらよいのだろうか。



核の核による抑止以外に方法があるのだろうか。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 4950
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70
71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.