テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【時流】

長女・イヴァンカのビジネスに波及(2月9日)
米国トランプ大統領が裁判所への批判を強めている。国家の安全のためなら何をしてもいいとしていて、連邦控訴裁判所は仮処分を取り消すべきだという考えを改めて強調した。米国・トランプ大統領が中東などの7か国の人を一時的に入国禁止を命じた大統領令について西部ワシントン州にある連邦地方裁判所は即時停止を命じる仮処分の決定を出した。



連邦控訴裁判所はトランプ政権からの不服の申し立てを受けて政権とワシントン州の双方から主張を聞き、今週中にも判断を示すとみられる。...
全部読む

米国を2分する大論争仕掛ける大統領の真意は(2月8日)
移民や難民をめぐって大きな議論が起きている米国。トランプ大統領が中東など7か国の人の入国を一時的に禁止することを命じた大統領令を巡って司法の場での攻防が続いている。



西部ワシントン州にある連邦地方裁判所が即時停止を命じる仮処分の決定を出したのに対し、トランプ政権側が連邦控訴裁判所に不服を申し立てている。...
全部読む

大統領令の可否・今日にも判断される(2月7日)
米国で中東など7か国の人の入国を一時的に禁止する大統領令の即時停止をワシントン州の連邦地裁が命じた仮処分について、トランプ政権は“大統領令は外国人の入国に対する大統領の権限の行使であり、合法だ”とする意見書をカリフォルニア州にある連邦控訴裁判所に提出した。
控訴裁判所はワシントン州側と政権側の双方に意見書の提出を求めていた。



記者団に対してスパイサー報道官は「申し立てが認められると自信を持っている」と述べ、判断が示されれば直ちに入国禁止措置を再開する考えを示した。...
全部読む

スピード感のある米国の司法判断「入国制限停止を指示」    (2月6日)
カルフォルニア州の連邦控訴裁判所は日本時間の5日夕方、入国禁止の差し止め命令の即時効力停止を求めたトランプ政権側の訴えを退けた。双方に意見書を期日までに提出するよう求め、それまでは最終的な決定ではないとしている。



先月27日にトランプ米大統領が出した、「イスラム圏7か国からの渡航制限をする」大統領令を、3日ワシントン州シアトルの連邦地裁で、同州が申し立てた即時停止の申し立てを認め、「主要部分の効力を一時差し止める」命令を出した。...
全部読む

米国ホワイトハウスの水面下の動き (2月5日)
米国のホワイトハウスで、今4人の勢いのある人物がいると噂されている。その中にもちろん首席戦略官兼大統領上級顧問である、スティーブンバノン氏もいる。



それとブリーバス氏という首席補佐官。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 … 119
「時流」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.