JCCテレビプレス
特集 時流
2017年12月15日(金)
最新TV速報
     
【時流】
朴槿恵大統領罷免される(速報)
韓国・朴槿恵大統領の友人・崔順実による国政介入事件をめぐり、憲法裁判所は大統領の罷免を認めた。大統領の罷免は韓国史上初となる。朴槿恵大統領は大統領職を失い、5月10日までに次期大統領選挙が行われる。朴槿恵大統領と崔順実は財閥企業から巨額の賄賂を受け取っていたとされ、今後逮捕、起訴される可能性がある。

北朝鮮のミサイルに対処する防衛システム(3月10日)
防衛省は、北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイル発射を受け、安全保障上の脅威が新たな段階に入ったことが明確になったとして、弾道ミサイル防衛の強化を急ぐ方針となった。



こうしたなか、米国の最新迎撃ミサイルシステムを導入する場合、陸上に配備するイージス艦と同様のシステム「イージスアショア」では1基あたり800億円程度の費用が見込まれるという試算をまとめたことがわかった。...
全部読む

「連射攻撃」をどう迎撃するのか(3月9日)
北朝鮮が6日に発射した4発の弾道ミサイルに関して、政府はミサイルが到達した高度、飛距離などを米国や韓国などと情報を共有、詳細な分析を進めている。
いずれも秋田県男鹿半島の西300キロから350キロの日本海に落下、うち3発は日本の領海の外側を取り巻く排他的経済水域に落ちたと見られる。



4発のうち1発が、能登半島の北北西約200キロの海域に落下したと推定されることが明らかになった。...
全部読む

THAAD配備へ中ロ反発(3月8日)
北朝鮮の連射型ミサイル発射実験から1日経ったが、米韓のTHAAD(高高度ミサイル防衛システム)の配備が電撃的に進められ、中国は度肝を抜かれた様子になっている。
今後、中国当局から何らかの措置が出てくるのか見守る必要がでてきた。



中国はロッテを叩きを続けている。...
全部読む

ミサイル連射攻撃を迎撃できるのか(3月7日)
安倍総理は、昨日、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことを受けて、今朝、米国・トランプ大統領と電話で会談した。安倍総理は、「先ほど、トランプ大統領と電話会談を行い、今般の北朝鮮のミサイル発射は、明確な国連安保理決議違反であり、地域や国際社会に対する明らかな挑戦である。その脅威は新たな段階になっていると、日米で確認した。



トランプ大統領からは、『米国は100%、日本とともにある』という発言があり、『自分の発言は、日本の国民の皆様にも紹介してもらいたい』ということだった。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 … 134
「時流」内の検索
▲画面のトップへ
注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
注目番組