JCCテレビプレス
特集 時流
2017年12月15日(金)
最新TV速報
     
【時流】
安倍首相パールハーバーに立つ(12月27日)
日本の総理大臣という立場は、なんとも難しい立場である。
現地時間27日、安倍首相は米国のオバマ大統領と共に、75年前に日本軍が総攻撃を仕掛け、米国側に多くの被害をもたらせ日米開戦の端緒となった真珠湾を訪問する。



戦後70年を経て、激しく戦った日米の首脳が、真珠湾に立ち、戦没者の慰霊を行い、永遠の不戦の誓いをたて、その旨の声明を発することになる。...
全部読む

中国・太平洋に進出する(12月26日)
25日、防衛省は沖縄本島と宮古島の間の宮古海峡を午前10時頃、中国初の空母「遼寧」と駆逐艦3隻、フリゲート艦2隻の計6隻の艦隊が通過し、太平洋に向かったと発表した。
領海侵入や領空侵犯はなかった。

中国海軍は24日、遼寧が遠洋訓練で西太平洋に向かうと発表した。
防衛省は、中国国防省から航行についての連絡を受けていたという。



この中国の動きは、中国海軍が「近海護衛型」から「遠海護衛」を重視し始めたことを示し、西太平洋での活動がより活発化することを意味し、台湾有事などの際に米艦の接近を阻止する目的もあるとみられる。...
全部読む

トランプ氏・プーチン氏からの新年の挨拶状公表する(12月24日)
23日、トランプ次期米大統領は、プーチンロシア大統領からの「クリスマスと新年の挨拶状」に「大統領に就任した後、建設的かつ現実的な方法で2国間協力の枠組みを修復できるよう取り組みたい」としたためてあったと公表した。

トランプ氏は、「プーチン氏の考えは正しく、米ロがこの思いの方向で行動できることを望む」とする声明を出した。



オバマ大統領は、クリミア半島問題やシリアのアサド政権を支援していることを巡って、プーチン氏と対立してきたが、トランプ氏は米ロの関係改善が必要だと強調し、大統領選勝利後に電話で会談し、対話を進めることで一致していた。...
全部読む

日本の安全保障体制を考える(12月20日)
在日米軍は19日、不時着事故を受けて停止していた輸送機「オスプレイ」の飛行を空中給油訓練を除いて再開した。
沖縄では、事故発生から6日後の飛行再開に反発が強まっている。



米軍は、「事故は機械系統、機体構造などを原因とするものではない」とし、再開を決めた。...
全部読む

中国・奪い取った「米潜水機」を返還すると発表(12月19日)
中国海軍の艦艇が南シナ海公海上で15日、米軍の無人潜水機を奪い取った問題で、17日中国国防相は奪取したことを認め、米国の潜水機だと判明したので、返還すると発表した。だが米国がこのことを発表したことに対しては「一方的に騒ぎ立てた」と批判した。



中国が南シナ海で2014年から人工島を造成し、軍事化を進めてきたことを認めない米国は、艦艇や軍用機による監視を強めている。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 … 134
「時流」内の検索
▲画面のトップへ
注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
注目番組