テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【時流】

不気味に動くロシア(2月24日)
シリア停戦で、ロシアが米国と合意し、ロシアはアサド政権に、米国は反政府勢力に停戦を守るように呼びかける。
だがロシアと米国の思惑は異なり、停戦の実現はそう容易くない。



プーチン大統領は22日オバマ大統領と電話で協議し、合意した後緊急のテレビ演説を行った。...
全部読む

南シナ海を巡る米中の駆け引き(2月23日)
米国の「戦略国際問題研究所(CSIS)」は、22日中国が南シナ海の南沙諸島の人工島として造成しているクアテロン焦に、新たにレーダー基地が建設された可能性があると指摘した。
西沙に続き南沙でも、中国は着々と軍事基地化を進め、防空体制はできつつあると言える。



このように南シナ海の領土を巡る戦いがクローズアップしているが、この問題を見るときに「南沙諸島」と「西沙諸島」を区別して考える必要がある。...
全部読む

政策転換した朴韓国大統領(2月22日)
16日、韓国国会で演説に立った朴槿惠大統領は、国際社会に対する挑発行為をやめない北朝鮮に対し危機感を募らせ、「もしこのまま変化なく時間が過ぎれば、歯止めなく暴走し続ける金正恩政権は核ミサイルを実戦配置し、我々は恐怖に苦しむことになる」と述べた。



北朝鮮は1月6日に4回目の核実験を実施、さらに今月7日には事実上の“ミサイル”を発射した。...
全部読む

キューバ、イランに見る経済制裁(2月19日)
イランは昨年末に経済制裁を解除され、やっと国際舞台に戻ってきた。
戻ってみると、原油の価格はバレル30ドルを切っていた。
これから元のように、石油を売ってその利益で国内に投資をしようと、現実世界をよく見ると原油の需給バランスは供給過剰になっている。



米国・オバマ大統領は来月、国交を回復したキューバを訪れ、カストロ国家評議会議長と会談することになった。...
全部読む

航行の自由とミサイル配備(2月18日)
16日閉幕した『米国とASEAN10カ国』による首脳会議では、南シナ海で中国が造成する人工島の軍事拠点化を念頭に、「航行の自由の確保や紛争の平和的解決を図る方針」を明記した共同声明を発表した。



オバマ大統領は、米海軍艦隊が昨年10月と今年1月に行った「航行の自由を訴える巡視活動」を継続する考えを改めて表明した。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70
71 72 73 74 75 76 77 78 79 8081 82 83 84 85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.