JCCテレビプレス
特集 スポーツの神様
2017年12月12日(火)
最新TV速報
     
【スポーツの神様】
「111」から「868」へ…清宮の第一歩は(9月23日)
プロ野球界に胸の高鳴る大型スター選手が誕生する。21日、遂にプロ志望を表明した早稲田実業の清宮幸太郎。「12球団OK」と報じられており、来月26日のドラフト会議において最大の目玉となるのは確実だ。マスコミの予想では「9球団が1位指名検討」など文字が躍っているが、果たして何球団が競合するだろうか?

過去のドラフトでの最多指名は野茂英雄の8球団。野手では福留孝介の7球団である。長打力はもちろん、彼のスター性を考えれば集客の面でも喉から手が出るほど欲しいチームは多い筈だ。...
全部読む


早実・清宮、プロへ(速報)(9月22日)
早稲田実業・清宮幸太郎選手が進路について会見を開いた。
「次の大きな夢に挑戦すべきだと確信にいたりました。」と語り、東京都高校野球連盟にプロ野球志望届を提出すると表明をした。
清宮は高校通算最多とされる111本の本塁打を打ち、高校卒業後は大学進学かプロ入りかが注目を集めいていた。
10月26日に行われるプロ野球ドラフト会議において、複数の球団から1位指名されると見られている。

香川、武藤、長谷部・日本人選手が独で存在感(9月22日)
第5節を終えたドイツ・ブンデスリーガから、日本人ストライカーの活躍が多く飛び込んできた。ドルトムント・香川真司と対戦相手のハンブルガーSV酒井高徳はともに今季スタメン初出場。前半24分に香川が今シーズン初ゴール。これがブンデス通算37得点となり岡崎慎司の持つ日本人最多記録に並んだ。試合はドルトムントが3-0で勝利を収めている。このところ代表戦では負傷等で出場機会も減っている香川だが、首位キープに貢献して存在感を発揮した。...
全部読む

アジア初のW杯を成功へ・堀江翔太の意気込み(9月21日)
アジア初開催となるラグビーワールドカップ日本大会の開幕まで丸2年となる9月20日。東京都渋谷区でオープニングセレモニーが行われ、日本代表の堀江翔太や福岡堅樹らが出席した。会場では第1回大会から使用されている優勝トロフィー“ウェブエリスカップ”がお披露目された。11月4日まで関連イベントの「2YEARS TO GO FESTIVAL」が全国各地で行われる予定だ。

20日の18時には公式チケットサイトもオープン。...
全部読む

センバツの試合が変わる・タイブレーク導入へ(9月20日)
かねてより懸案となっていた高校野球における選手の負担軽減について、大きな動きがあった。日本高校野球連盟(高野連)は19日、来年春のセンバツ高校野球から、タイブレーク制を導入することを決めた。タイブレーク制とは、延長戦に入った場合に、ランナーを置いた一定の条件で攻撃を始めるというルールのことだ。高校野球のスタイルが大きく変わるかもしれない。

現在の高校野球では延長戦は15回で打ち切り、再試合を行う。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 … 139
「スポーツの神様」内の検索
▲画面のトップへ
注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
注目番組