JCCテレビプレス
特集 スポーツの神様
2017年12月12日(火)
最新TV速報
     
【スポーツの神様】
伊達公子、ラストゲーム・伝説の終焉と始まり(9月13日)
「今日は100%にはほど遠いプレーになることはわかっていたんですけど…チャンスを与えていただいて、テニスプレーヤーとしてすごく嬉しく感じました」伊達公子、現役最後の舞台は、グラフを破った思い出の地・有明だった。

伊達は昨年、膝の軟骨移植手術を実施。経過は良好だったが、今季は肩の故障に苦しめられ、ついに二度目の引退を決意した。最後の出場大会となったジャパン女子オープンの一回戦。相手は世界ランク67位のクルニッチだったが、0-6、0-6で敗退。...
全部読む

桐生祥秀「10秒の壁」突破とライバルの存在(9月12日)
平成29年9月9日の「9」並びの日に、陸上100m走で日本人選手初の9秒台(9秒98)を出した桐生祥秀。アシックスジャパンは11日、今回の記録達成時に彼が履いていた同モデルのスパイクについて、「9足限定」での販売を発表した。伊東浩司が10秒00を記録してから19年。ついに10秒の壁を破った歴史的快挙に列島中が沸き立っている。

現在、日本陸上競技連盟理事を務める高野進(400m走日本記録保持者)は、テレビ番組の解説で、記録達成の要因に決勝で戦ったライバルの存在を挙げた。...
全部読む


グラチャンの熱戦は男子へ・石川&柳田に期待(9月12日)
5日間の熱戦を終えた女子に続き、12日からグラチャンバレーは男子大会が幕を開ける。男女ともに新体制となってから初の4大大会。最終日にメダルをかけて中国と戦った全日本女子・火の鳥NIPPONは1-3で敗れ5位に終わり、二大会連続の表彰台はならなかった。

「悔しいですね、やっぱり」涙を隠してしばらく後ろを向いていた中田久美監督。振り返ったその眼にいつもの力強さは戻ってきていた。「勝負事なので結果にはこだわっていかないといけない」古賀紗理奈、長岡望悠のエース二枚看板を欠いた中での世界大陸王者との連戦は予想以上に厳しいものだった。...
全部読む

カーリングLS北見が五輪出場・藤澤五月、涙の訳(9月11日)
2日間に渡って行われた平昌五輪のカーリング女子日本代表決定戦。ロコ・ソラーレ北見が3勝1敗で中部電力を破り、創設7年で五輪初出場を決めた。北見のスキップ・藤澤五月は元中部電力所属。前回ソチ五輪では世界選手権で中部電力が日本の出場権を獲得したが、北海道銀行に代表決定戦で敗れてしまった。そして今回平昌の出場を得たのは世界選手権で銀に輝いたLS北見。お互いに絶対負けられない戦いだった。

カーリングは初の五輪種目となった長野五輪の際は「全日本選抜」という形でチームを構成して戦ったが、その後の冬季五輪大会は何れも単独チームでの出場となっている。...
全部読む

鳥谷敬、海の向こうの同期に続く2000本安打(9月9日)
「いつも通り、毎打席毎打席集中していこうという気持ちだったので特別な思いというのはなかったです」お立ち台で淡々と答える姿は普段通り。ストイックにバットを振り続けた男は自らの偉業達成に対しても冷静に振り返っていた。

通算2000本安打まであと「1」と迫っていた阪神タイガースの鳥谷敬は、8日行われたDeNAベイスターズ18回戦で、タイムリー2ベースを放ち、プロ野球史上50人目の2000本安打を達成した。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 … 139
「スポーツの神様」内の検索
▲画面のトップへ
注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
注目番組