テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【スポーツの神様】

悔しさと達成感と…フィギュアGPファイナル(12月13日)
これこそがフィギュアスケートか。フィギュアスケートグランプリファイナル男子は、羽生結弦の4連覇で幕を閉じた。SPでほぼノーミスの演技で首位に立った羽生だが、フリーの演技は、本人曰く「悔しいとしか言いようがない」という内容に。4回転ループ、4回転サルコーを連続で美しく決め、最高の滑り出しだったものの、後半のサルコーは転倒。終盤3回転ルッツが1回転になってしまうという、羽生らしくない失速には観客席から悲鳴も漏れた。...
全部読む
羽生結弦 FS後インタビュー(再生)

帰ってきた小平奈緒・故郷から目指す金メダル(12月12日)
平昌冬季オリンピックまであと1年2か月を切った。今シーズン、スピードスケートの女子エース・小平奈緒が絶好調だ。ワールドカップ開幕戦ハルビン大会の500mで自身2度目のW杯優勝。この大会で2連勝と好発進を切ると、第2戦・長野大会では自己ベストタイの国内最高記録で優勝。そして、9日に行われたオランダ・ヘレンベーン大会も制し、今季4戦4勝と負けなしの快進撃を続けている。「いいステップを踏んで2月の世界距離別選手権に結びつけられると思う」と確かな手応えをつかんだ様子だ。...
全部読む
【ソチに向けて】小平奈緒選手(スピードスケート)(再生)

世界最高峰の戦い、日本で開幕!・クラブW杯(12月10日)
FIFAクラブワールドカップジャパン2016が開幕した。各大陸連盟の選手権を制した6チームと開催国枠のJ王者・鹿島アントラーズを加えた7チームによりクラブ世界一の座が争われる。8日の開幕戦ではアントラーズがオセアニア王者・オークランドシティー(ニュージーランド)と対戦。2-1で逆転勝利し準々決勝進出を決めた。途中出場で決勝ゴールを決めたのは金崎夢生。MVPに輝いた先日のCSに続き好調さをみせた。だが、動きに精彩を欠いたチームに「今日のような情けない試合は開催国代表として戦う限り駄目」と危機感を訴えた。...
全部読む

卓球王国復活へ!・次世代選手が飛躍した一年(12月9日)
様々なスポーツの名シーンが生まれた2016年。インターネット検索大手のヤフーが今年最も検索数が上昇した人物を表彰する“検索大賞”で、アスリート部門賞に輝いたのは卓球の福原愛だった。リオデジャネイロ五輪では伊藤美誠とペアを組み、団体銅メダル獲得に貢献。その後、台湾のイケメン卓球選手・江宏傑と国際結婚を果たし、大きな話題を集めたのも記憶に新しい。自他ともに認める充実した一年となった。
日本卓球界は男子がリオで銀メダルを獲得。...
全部読む
福原愛選手、“新婚生活”語る 料理は「毎食リクエスト」 「Yahoo!検索大賞(再生)

海外で戦う二人のアスリート・初めての競演(12月8日)
今年大きな活躍をした2人のアスリートが初顔合わせ。MLBヤンキースの田中将大と、女子ゴルファーのイ・ボミ。ともに1988年生まれ28歳のスター選手が、時計メーカーのチャリティーイベントで小学生らと交流を楽しんだ。互いの印象を「すごく優しいし、いいと思いました」(イ・ボミ)、「本当可愛らしくて、綺麗だなと」(田中)と述べ、和やかムードだった。
今年メジャー3年目の田中は31試合に登板。初めて規定投球回数に達し、防御率3.07はアメリカンリーグの堂々3位にランクイン。...
全部読む
マー君、ボミ選手がチャリティイベント プロの「技」に子どもたちも驚き(再生)

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 3334 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70
71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.