テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【スポーツの神様】

バレー界の貴公子・2度目の海外武者修行へ!(12月7日)
「Un breve periodo, mi sforzo di fale il meglio(短い期間ですが全力で頑張ります)」日本の誇るバレーボールの貴公子が、イタリア語で決意を語った。中央大学3年・石川祐希(20)が、12月からイタリアプロリーグ・セリエAに挑戦する。これは同大学の、海外に通用する次世代の選手育成を目指す“THE FUTURES”プロジェクトの一環だ。
石川といえば、最年少で全日本代表に選出され、鮮烈なデビューを飾ったウイングスパイカー。...
全部読む
Cニュース バレーボール 石川祐希選手 再びセリエAに!(再生)

栄光と試練・日本バドミントンそれぞれの一年(12月6日)
「“タカマツペア”頑張れって声もちゃんと聞こえて、すごく嬉しかったですし、心強かったです」(松友美佐紀)。4日まで東京の代々木第二体育館で行われていたバドミントンの全日本総合選手権。女子ダブルスは、リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華・松友美佐紀ペアが2年連続5回目の優勝を果たした。
決勝では米元小春・田中志穂ペアに松友が後方に押し込まれる苦しい展開で、第1ゲームを奪われてしまう。続く第2ゲームも終盤で同点に追いつかれ、後がない展開となったが、ここからが金メダリストの真骨頂。...
全部読む
全日本総合 男子ダブルス1回戦突破 渡辺・遠藤ペア インタビュー(再生)

復活した最強軍団・リーグ史に残る大逆転劇!(12月5日)
2016Jリーグチャンピオンシップ決勝は、まさかのフィナーレで幕を閉じた。第2戦、浦和レッズ(年間1位)vs鹿島アントラーズ(年間3位)。ホームの第1戦を0-1で落としたアントラーズは、2点差以上の勝利でなければ優勝できない厳しい条件。圧倒的なアウェイの埼玉スタジアムで、前半7分にレッズ・興梠が先制ゴールを決めた瞬間は、浦和の10年ぶりリーグ王者を確信したサポーターも多かっただろう。それが前半40分台に金崎がヘディングで同点弾を決めると、80分台突入間近にレッズが痛恨のPKを献上。...
全部読む

白熱ストーブリーグ・各球団新戦力の獲得は?(12月3日)
大物選手の去就が注目される今年のプロ野球ストーブリーグ。FA宣言を行った6名中5名までが残留・移籍を決定し、残るはバファローズとイーグルスが獲得競争を繰り広げる陽岱鋼のみとなった。29日に行われたゴールデングラブ賞の表彰式に出席した陽は「12月の半ばまでには決めたい」と目途を語っている。
今季ゴールデングラブとベストナインの二冠、そして史上最年長の盗塁王を決めた糸井嘉男はタイガースと4年総額18億円(推定)で契約。...
全部読む
[EAGLES TV]岸 孝之選手 入団会見_20161118(再生)

レガシーコストと産業としてのスポーツ(後編)(12月2日)
東京都にある屋内競技施設は代々木体育館など前回五輪時に建設されたもので、いずれも収容能力は10,000席強しかない。問題になっている有明アリーナの観客席は15,000。最大36,500人収容のさいたまスーパーアリーナ、17,000席の横浜アリーナに比べても、東京の経済規模からは必ずしも大き過ぎる箱物とは言えないと感じる。だが、問題はその維持管理のコストだ。
組織委員会やスポーツ庁では、アリーナ建設に際して民間資金やノウハウを活用するPFI(プライベイト・ファイナンス・イニシアティブ)と呼ばれる手法を提言している。...
全部読む
五輪の競技会場見直し バレー「有明アリーナ」が有力(再生)

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 3435 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70
71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.