テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【スポーツの神様】

GPシリーズ第3戦・宇野昌磨、ロシアで舞う(11月8日)
フィギュアスケート・グランプリシリーズも第3戦目。舞台をモスクワに移した今回のロシア大会に挑んだのは、シニア転向2シーズン目の宇野昌磨だ。二週間前、自己ベストの高得点で、第1戦・アメリカ大会を制したばかり。その武器は彼が世界で初めて国際大会で成功させた4回転フリップ。チームチャレンジカップで成功させて以降、フリーの演技では複数回の4回転フリップを飛んでおり、好調ぶりが際立つ。
アメリカ大会後に「この短い期間の過ごし方がとても大事になっていく」と語っていたが、今大会でも堂々としたスケーティングで観客を魅了。...
全部読む
宇野昌磨 FS後インタビュー(再生)

帰ってきた“日本代表”・ジョセフジャパン始動(11月7日)
W杯2015で南アフリカに勝利し3勝を挙げる大躍進を見せたラグビー日本代表。世界レベルに日本を引き上げた名将エディー・ジョーンズの後任として、この9月に就任したのがジェイミー・ジョセフ新ヘッドコーチだ。その初采配となるテストマッチが5日、秩父宮ラグビー場で行われた。相手はW杯4強のアルゼンチン。日本はペナルティゴールで先制点を奪う上々の出だし。だが前半12分に逆転を許すと、そのまま点差を広げられ20―54の大差で敗れた。...
全部読む
ジェイミー・ジョセフヘッドコーチより、ファンの皆様へのメッセージ(再生)

J1最終節・CS争いと残留をかけた熱き戦い(11月5日)
J1リーグ2ndステージ最終節。その差わずか「1」で年間勝ち点1位を争う浦和レッズと川崎フロンターレ。レッズは横浜Fマリノス、追うフロンターレはガンバ大阪との対戦。同時刻に始まった一戦は、前半終了時点で0-0のレッズに対し、フロンターレは2-0と優位に試合を進める。この点差のままで終わればフロンターレが逆転で1位となる状況になったが、後半に3点を失いまさかの逆転負け。一方、後半先制したレッズは同点に持ち込まれたものの、1-1のドローで勝ち点を獲得。...
全部読む

大人になったジャンプの女王・高梨沙羅が飛ぶ(11月4日)
平昌冬季五輪まであと15か月余り。1日、毎年恒例の全日本スキー連盟「TAKE OFF記者会見」が都内で行われ、スキー・スノーボードらの男女代表選手たちが一堂に会した。会見ではスキーチームの日本代表の愛称が「SNOW JAPAN」に決定したことも発表された。最年長44歳、ジャンプ男子・葛西紀明は平昌五輪について聞かれ、「40歳を超えても頑張っていけるというのを見て欲しいですし、自分も金メダルを取るのが夢なので、頑張っていきます」と力強く抱負を述べた。...
全部読む

歴史的快挙!・松山英樹、世界選手権を初制覇(11月3日)
日本オープンの初制覇から2週間、この男がまたやってくれた。4大メジャー大会に次ぐ格付けである「世界ゴルフ選手権」。そのひとつHSBCチャンピオンズ(中国・上海)で松山英樹が日本人選手として初めて頂点に立った。
世界ランキング上位10人のうち8人が出場したこの大会。松山は2位に3打差をつけ首位で最終日を迎えた。「きのうはよく寝れましたけど、スタート前は緊張しました」試合後のその言葉とは裏腹に、松山は次々にバーディーを積み重ね首位を独走していく。...
全部読む
ゴルフ・松山英樹が「世界選手権シリーズ」で優勝(16/10/30)(再生)

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 3940
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70
71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.