テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【スポーツの神様】

実り多き2016シーズン終了・錦織圭の進化(11月26日)
男子テニスの今季ツアーを終えて帰国した錦織圭。19日まで最終戦のツアーファイナルで世界トップランカーたちと鎬を削ったばかりだが、このオフも多忙を極めている。24日は都内保育園で行われたテニス教室にサプライズで登場。園児たちと風船を使ったラリーで交流し、テニスの楽しさを伝えた。来春からスポンサーのウイルソンと共同で、ネット・ラケット・ボールのセットを勝利数に応じて全国の幼稚園や保育園に寄贈する活動を始めることも明らかにした。...
全部読む
Cilic Beats Nishikori For First Win At (再生)

激闘CS準決勝!激情を克服したストライカー(11月25日)
今年でひとまず最後となる2シーズン制のJ1チャンピオンシップ。準決勝は川崎フロンターレ(年間2位)と鹿島アントラーズ(年間3位)が激突した。2位通過のアドバンテージで、引き分けの場合には、フロンターレが決勝進出となる規定だ。試合は後半開始早々、ここしかないという狭いスペースに飛び込んだアントラーズFWの金崎夢生が、ヘッドで先制ゴールを叩き込む。そこからフロンターレが猛攻をしかけるが、怪我を押しての出場の中村憲剛も、来シーズンFC東京に移籍が決まっている大久保嘉人の執念のシュートも、鹿島ゴールを揺らすことができない。...
全部読む

応援してくれた全ての人へ・地元への深い感謝(11月24日)
「勤労感謝の日」の23日、プロ野球各球団恒例のファン感謝祭が全国各地のホーム球場で開催された。この日はパ・リーグの全球団と、セ・リーグではカープ、ジャンアンツ、スワローズの合計9球団が、日ごろの感謝をこめてファンと交流を深めた。名称はファンフェスティバルや感謝DAYなど様々。入場料についても完全無料の球団から、事前申し込み、抽選形式、有料のチケット購入など対応が分かれており、各球団の特色が感じられて興味深い。...
全部読む
【Veryカープ!】2016広島東洋カープ優勝パレード(再生)

ジュニアの熾烈な争い・次世代の女王は誰だ?(11月23日)
「小さい時から飛行機に乗るたびに憧れていたのでとても嬉しいです」初めて着るキャビンアテンダントの制服に笑顔が弾けるフィギュアスケートの本田真凜。21日、浅田真央以来フィギュアスケーターとしては2人目となる日本航空とのスポンサー契約を発表した。羽田空港の格納庫で行われた発表会で、記者のリクエストに応えてCAの真似をして見せる姿は初々しい普通の15歳の少女。しかし、彼女こそは2016世界ジュニア選手権の女王である。...
全部読む

若い力が躍動!日本競泳陣2020年への飛躍(11月22日)
「充実していた4日間だったなと思います」(池江璃花子)。東京辰巳国際水泳場で開催された水泳アジア選手権が20日閉幕。リオ五輪にも出場した16歳のニューヒロインは4つの種目で金メダルを獲得した(女子50m自由形、同バタフライ、100mバタフライ、女子4×100mメドレーリレー)。
4冠目となった4×100mメドレーでは池江は第3泳者のバタフライで登場。猛追する中国選手を引き離し、前日に金メダルを獲得した自らの個人記録を上回るタイムで最終泳者につなぎ、見事大会新記録での優勝を決めた。...
全部読む
(360°)東京辰巳国際水泳場(Tokyo Tatsumi Internati(再生)

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 4546 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70
71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110
111 112 113 114 115 116 117 118

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.