テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【スポーツの神様】

リオ五輪のトップを飾る「トビウオジャパン」(6月15日)
「最近調子が上がってきたので、かなり楽しみは増している」出発前の成田空港で、瀬戸大也は自らの仕上がりに笑顔で自信をのぞかせた。
13日、競泳日本代表の瀬戸大也(200m個人メドレー・200mバタフライ)、小関也朱篤(200m平泳ぎ)、金藤理絵(200m平泳ぎ)らが、アメリカでの高地合宿へ出発した。瀬戸らは合宿後も帰国せずこのままブラジル入りし、オリンピック本番に備えることとなる。
22歳になったばかりの瀬戸にとっては今回が初めてのオリンピックだ。...
全部読む
萩野「目標は金メダル」 競泳リオ代表34人発表(再生)

J1優勝争い大詰め…全てのサポーターの願い(6月14日)
Jリーグ1stステージもいよいよ残り2節。11日に行われた第15節、川崎フロンターレは2日前34歳の誕生日を迎えたばかりの大久保嘉人がPKを決め、2-0と横浜に完勝。ここ7試合負け無しで首位をがっちりキープした。
追う2位・鹿島アントラーズと3位・浦和レッズは直接対決。ともに負けられない一戦は前半から激しい展開となったが、金崎夢生のゴールなどでアントラーズが勝利。勝ち点差「1」のままフロンターレに追いすがっている。...
全部読む

「10秒の壁」突破へ・日本最速の男達の戦い(6月12日)
「10秒01」再び。11日、日本学生陸上選手権・男子100mに出場した桐生祥秀(東洋大学)が、大会新記録を出して優勝した。3年ぶり、日本歴代2位の自己ベストタイムだ。
18年前の1998年、バンコクアジア大会の陸上男子100m準決勝で、伊東浩司が1位でゴール。速報タイムは「9秒99」と表示され、黒人選手以外で初の9秒台達成か?と場内が大きくどよめいた。この模様は日本でも生中継されていたが、正式発表のタイムは「10秒00」。...
全部読む
世界室内選手権 桐生祥秀選手コメント(再生)

「夢の対戦」後半に突入・前半戦プレイバック(6月11日)
プロ野球セ・パ交流戦も後半戦に突入。毎シーズン様々な話題を提供してくれるこのインターリ-グ。今年も好調を維持して他リーグ相手にも快進撃を続けるチーム、なかなか流れをつかめず星を落としている球団と悲喜こもごも。ここまでのハイライトをいくつか上げてみよう。
「おなじみ挑発ポスター」マリーンズは今季も恒例の“交流戦挑発ポスター”を作成。毎年趣向を凝らしたセ球団相手の特別ポスターを作成しているが、今年はなんと近未来アニメ風。...
全部読む
非交流戦士マジワラン 東京ヤクルト戦版「クロウいらず!?100倍パワーで白星が(再生)

次の戦場は欧州に・五郎丸歩、新たなる挑戦(6月10日)
「チャレンジせず後悔する事ほど、一生悔やむものはない」ラグビー・五郎丸歩の次なる戦いの舞台はフランスに決まった。8日、自身のブロクで、仏1部リーグ「トップ14」の強豪クラブ・トゥーロンへの移籍を明らかにした。
現在はスーパーラグビーのオーストラリア・レッズに参戦中だが、先月21日の試合でタックルを仕掛けた際、右肩を強打。肩鎖関節を脱臼する全治3か月の大けがを負い、今シーズンの出場は絶望となっている。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 6465 66 67 68 69 70
71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.