テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【スポーツの神様】

日本男子バスケ・4年後へのロングシュート(7月9日)
40年越しのオリンピック出場の悲願は叶わなかった。 7月4日からセルビア・ベオグラードで行われていたFIBA男子オリンピック世界最終予選。男子日本代表チームは6日、予選ラウンド2試合目を戦い、チェコに71対87で敗れ2連敗。予選ラウンド敗退が決定し、リオデジャネイロ五輪出場の可能性が消滅した。
日本男子バスケットボールが最後に五輪出場を果たしたのは1976年のモントリオール大会。その後、一度も出場権を獲得したことはない。...
全部読む
リオ五輪へ12選手を発表 バスケットボール女子日本代表(再生)

メジャーリーグ「夢の球宴」と日本人選手(7月8日)
日本のプロ野球よりも一足早く12日に開催されるメジャーリーグのオールスター戦。その出場選手が発表された。日米通算4257安打を達成し、メジャー通算3000本も目前のイチロー、日本人最多の8勝を挙げているマリナーズ・岩隈久志らは残念ながら選出されなかった。日本人選手は2年連続で出場なしとなる模様だ。
日本人選手のメジャーオールスターへの出場は1995年の野茂英雄が初。これまで12選手が延べ25度その夢の舞台に立ってきた(2007年と2014年は最多3人が同時選出)2001年にイチロー、佐々木主浩が選出されて以降では日本人選手の選出がなかったのは2011年と2015年の2回だけだった。...
全部読む
7/5/16: Tanaka posts strong start in sh(再生)

プロゴルファーの五輪への参加意義とは?(7月7日)
今回のリオデジャネイロ大会で112年ぶりにオリンピック種目に復帰したゴルフ。世界ランク上位15位まで無条件に出場資格が与えられることで、トップクラスのゴルファーたちの戦いが繰り広げられると大きな注目を浴びていた。
ところがここにきて、世界ランク1位のJ・デイをはじめ、ランキング上位の選手たちから相次いで出場辞退の表明がなされる異常事態に陥っている。4日にはメダルが期待される日本人最上位の世界ランク17位・松山英樹も出場辞退を表明した。...
全部読む

オリンピックに挑む「女性アスリート」たち(7月6日)
南米大陸初の五輪・リオデジャネイロオリンピック開幕まで残り1か月となった。まだ出場国が確定していない競技もあるが、ブラジル国内での聖火リレーも終盤に入り、いよいよオリンピックムードは最高潮に達しつつある。
日本国内でも3日、代表選手・関係者ら約300人が代々木体育館に集まり、リオ五輪日本選手団結団式が行われた。旗手を務めるのは身長196cmの陸上十種競技・右代啓祐。そして前回のロンドン五輪では旗手を務めていたレスリングの吉田沙保里が、女性として初めて日本選手団の主将に抜擢された。...
全部読む

22歳を迎えた若武者が魅せる「野球のロマン」(7月5日)
プロ野球・パシフィックリーグのホークスvsファイターズの三連戦。ファイターズの二連勝で迎えた第三戦。試合開始からわずか5秒後、ホークス先発の中田賢一が投じた初球はものの見事に打ち返され、ホークスファンがひしめくライトスタンドに突き刺さった。栗山英樹監督がスターティングオーダーで「1番」に据えたその打者は、何と先発投手・大谷翔平であった。
大谷はゆっくりとグラウンドを一周し、先制のホームを踏んだ。...
全部読む
大谷翔平(再生)

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 6970
71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110
111 112 113 114 115 116 117 118

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.