テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【スポーツの神様】

破竹の五連勝!阿武咲、土俵に咲かす大輪の花(9月15日)
このところ「阿武咲」の読み仮名を初めて知った人も多いのではなかろうか。休場者が相次ぐ大相撲秋場所も序盤戦を終了。上位陣に次々と土が付くなか、ただ一人五連勝を決めたのは幕内三場所目の平幕・阿武咲(おうのしょう)だ。

その難読な四股名は、第六代横綱・阿武松(おうのまつ)の名を継承する、自身が所属の阿武松部屋から「阿武」を取り、「土俵に花を咲かせるように」との願いを込めて「咲(しょう)」を加えたもの。...
全部読む

ボクシング・井上、田中、岩佐が共にTKO勝利(9月14日)
今月、ボクシングで3人の日本人世界王者がベルトをかけて戦った。9日に“モンスター“井上尚弥がWBO世界Sフライ級で6度目の防衛に成功。アメリカでの鮮烈なデビューを飾ったのに続き、13日は大阪でW世界戦が行われた。

WBO世界Lフライ級タイトルマッチは、王者・田中恒成が2度目の防衛に挑んだ。昨年の大晦日に日本最速8戦目で2階級制覇を成し遂げた田中。しかしこれまでの世界戦は地元東海地方のみでの生中継だった。...
全部読む

伊達公子、ラストゲーム・伝説の終焉と始まり(9月13日)
「今日は100%にはほど遠いプレーになることはわかっていたんですけど…チャンスを与えていただいて、テニスプレーヤーとしてすごく嬉しく感じました」伊達公子、現役最後の舞台は、グラフを破った思い出の地・有明だった。

伊達は昨年、膝の軟骨移植手術を実施。経過は良好だったが、今季は肩の故障に苦しめられ、ついに二度目の引退を決意した。最後の出場大会となったジャパン女子オープンの一回戦。相手は世界ランク67位のクルニッチだったが、0-6、0-6で敗退。...
全部読む

桐生祥秀「10秒の壁」突破とライバルの存在(9月12日)
平成29年9月9日の「9」並びの日に、陸上100m走で日本人選手初の9秒台(9秒98)を出した桐生祥秀。アシックスジャパンは11日、今回の記録達成時に彼が履いていた同モデルのスパイクについて、「9足限定」での販売を発表した。伊東浩司が10秒00を記録してから19年。ついに10秒の壁を破った歴史的快挙に列島中が沸き立っている。

現在、日本陸上競技連盟理事を務める高野進(400m走日本記録保持者)は、テレビ番組の解説で、記録達成の要因に決勝で戦ったライバルの存在を挙げた。...
全部読む


桐生「記録更新したい」 東洋大の報告会に出席

グラチャンの熱戦は男子へ・石川&柳田に期待(9月12日)
5日間の熱戦を終えた女子に続き、12日からグラチャンバレーは男子大会が幕を開ける。男女ともに新体制となってから初の4大大会。最終日にメダルをかけて中国と戦った全日本女子・火の鳥NIPPONは1-3で敗れ5位に終わり、二大会連続の表彰台はならなかった。

「悔しいですね、やっぱり」涙を隠してしばらく後ろを向いていた中田久美監督。振り返ったその眼にいつもの力強さは戻ってきていた。「勝負事なので結果にはこだわっていかないといけない」古賀紗理奈、長岡望悠のエース二枚看板を欠いた中での世界大陸王者との連戦は予想以上に厳しいものだった。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 78 9 10 … 129
「スポーツの神様」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.