JCCテレビプレス
特集 スポーツの神様
2017年12月11日(月)
最新TV速報
     
【スポーツの神様】
イチローの「名言」・記録への飽くなき挑戦(5月25日)
大リーグ・マーリンズのイチローは23日、今季初めて3試合連続で先発出場。5打数4安打1打点の大活躍をみせた。試合後は「野球をしている感じだった。楽しい訳ではないけど実感がある」と淡々と語った。あまり年齢のことを言うとイチローから「42歳とかもういいから」と笑われてしまいそうだが、やはりこの人には“鉄人“という称号こそ相応しいだろう。
21日の試合前、レフトのゴールデングラブ選手・イエリッチが腰の痛みを訴え、ゲーム開始わずか2時間半前に白羽の矢が立ったイチロー。...
全部読む

大相撲夏場所総括・盤石な横綱と新時代の足音(5月24日)
「全勝は気持ちいいです」土俵下の優勝インタビューで、大横綱は相好を崩した。すでに14日目に37回目の優勝を決めていた横綱・白鵬は、千秋楽結びの一番で鶴竜に土俵際に攻め込まれながら“うっちゃり”で勝利。15戦全勝で、1年4か月ぶりに国技館での賜杯を抱いた。
熱戦に館内からは温かい拍手が送られ、白鵬も満面の笑顔での挨拶。3月の大阪場所で、変化しての優勝決定に対し、観客から容赦ない罵声を浴びせられ、次々に席を立たれてしまったあの時とは雲泥の差だった。...
全部読む

オリンピック出場決定・その陰で噴出した課題(5月22日)
バレーボール女子の世界最終予選(OQT)日本はイタリア戦での獲得ポイント数で4位以上が確定し、4大会連続の五輪出場を決めた。だが、前回ロンドン五輪OQTのセルビアとの最終戦と同じく、フルセット負けでの出場確定。“火の鳥NIPPON”の不安や課題が浮き彫りになった一戦と言えるのではないかと思う。
セットカウント1-2と後のない状況で、第4セットを25-21で奪ったのは見事だった。だが、五輪出場が決定したあとのプレーは、完全に集中力が切れてしまったかのよう…粘りを見せることもないまま敗北してしまった。...
全部読む

国内での経緯と対応“コリジョンルール“後篇(5月21日)
今季から走者と捕手の衝突を防止する「コリジョンルール」が導入された日本プロ野球(NPB)。そもそもはメジャーリーグで2011年にキャッチャーが左足靭帯を切る大けがを負ったクロスプレーでの事故が制定のきっかけだった。
NPBでも大きな外国人選手が、本塁上でキャッチャーを突き飛ばす場面をよく目にしたものだ。タイミングがアウトの状況で、タックルで落球を誘うのは決してルール違反ではないのだが、大きな負傷につながるケースも少なくなかった。...
全部読む

野球の概念を変える“コリジョンルール”前篇(5月20日)
“走者が捕手に強引に体当たりをすることの禁止”“捕手が本塁をふさぐこと(ブロック)と走者の進路を妨げることの禁止”それが日本プロ野球(NPB)で今季から始まった新ルール「コリジョンルール(衝突ルール)」である。アメリカ・メジャーリーグに倣い導入されたこの試みは、ファンの間にも浸透してきたが、評価は賛否が分かれているというのが実感だ。
5月11日のタイガースvsジャイアンツの伝統の一戦では、このジャッジが勝敗に大きく影響した。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 … 138
「スポーツの神様」内の検索
▲画面のトップへ
注目番組 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
注目番組