JCCテレビすべて
特集 風の流れ
2019年06月21日(金)
最新TV速報
【風の流れ】
中国・習近平国家主席・きょう訪朝(6月20日)
中国・習近平国家主席がきょうから就任以来初めて北朝鮮を公式訪問する。中国の最高指導者の訪朝は14年ぶりとなる。

金正恩朝鮮労働党委員長と北朝鮮の核問題などを巡って意見を交わす見通しだ。

習主席は朝鮮労働党機関紙「労働新聞」に寄稿した。寄稿について早稲田大学大学院の李教授は「遠大計画というのは長期性を持つプラン計画ということ、表現したのは初めて」と話した。

G20大阪サミットに合わせて行われる見通しの米国・トランプ大統領との首脳会談を前に、存在感を誇示する狙いがあるとみられる。...
全部読む


きょう党首討論・老後の資産形成などで論戦か(6月19日)
安倍首相と野党の党首による党首討論がきょう1年ぶりに開催される。きのうの参議院厚生労働委員会で安倍首相は年金制度について「公的年金は老後の生活を支える柱として将来にわたり持続可能な制度を確保している。

安心して老後を送れるように、医療介護も含めた社会保障全体のセーフティーネットの機能充実に努めてきた」と述べた。
金融庁審議会の報告書については「単純な平均値の議論により公的年金だけでは足らないかのように述べており、世間に著しい誤解や不安を与え不適切なものだと考えている」と述べた。...
全部読む



日韓「徴用」仲裁委員今日期限も開催の見通し立たず(6月18日)
太平洋戦争中の徴用を巡る問題で、日本側が要請している仲裁委員会の開催に必要な委員の任命はきょうが期限となっているが、韓国政府は応じる姿勢を示しておらず、開催の見通しが立っていない。

日本政府は来週開かれるG20大阪サミットを目途に韓国政府としての対応を示すよう求めていく方針である。

日本側は請求権協定に沿った取り組みで解決しなければ国際司法裁判所へ提訴や対抗措置の実施を検討する構えだ。




G20・海のプラスチックごみ・削減に向け共同声明採択(6月17日)
2日間の日程で開かれたG20の閣僚会合は、昨日、共同声明を採択して閉幕した。声明では海のプラスチックごみについて海洋生態系や人々の暮らし、漁業などに対する負の影響や人間の健康に対する負の影響の可能性を鑑みると緊急の行動が求められるとしている。

そのうえで各国が海のプラスチックごみの削減対策の進捗状況を定期的に報告し、共有する枠組みを作ることが盛り込まれた。
報告する対策の例としてプラスチック製品のリサイクルやプラスチックごみの適正な回収などが挙げられている。...
全部読む



G20閣僚会合・「核のごみ」最終処分”国際的な枠組みを”(6月16日)
長野・軽井沢町で開かれているG20・主要20か国のエネルギーや環境を担当する閣僚会合で、議長国の日本はいわゆる核のごみの最終処分について、研究協力などを進める国際的な枠組みを作ることを提案した。

議長の世耕経済産業相は、原子力発電所から出る高レベル放射性廃棄物、いわゆる核のごみの最終処分について「最終処分は原子力利用国の共通課題。各国の経験、知見を共有するとともに、課題解決に向けた取り組みを加速することが重要」と述べた。...
全部読む



過去の記事
1 2 3 .... 10 20 30 .... 251

「風の流れ」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組