テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【風の流れ】

G20・無難に終わったが、成果に乏しい会合となった(4月22日)
G20・20の国と地域の財務相中央銀行総裁会議の2日目が始まった。初日の会合では北朝鮮情勢やフランス大統領選など地政学リスクが経済に与える影響についてが議論の中心となった。

現在の会合でも引き続きそうした点が議論されているものとみられる。為替については日本時間の早朝に行われた麻生財務大臣と米国ムニューシン財務長官の会談で話し合われた。
会談では為替問題を首脳レベルではなく、日米の財務相同士で進める方針を改めて確認した。...
全部読む

米国はどこまで「為替」問題を追求するか(4月21日)
G20・20の国と地域の財務相中央銀行総裁会議が間もなく、ワシントンで始まる。参加する各国は今回の会合で米国のムニューシン財務長官から為替に関してどんな発言が出るのか神経を尖らせている。

大統領選以降、円やユーロなど主要通貨に対してドル高が進んでいるが、貿易赤字の縮小を掲げるトランプ政権としてはドル高は逆風とみている。

トランプ大統領自身も「ドルは強くなりすぎている。米国経済に害だ」とドル高をけん制した。...
全部読む

韓国大統領選・北朝鮮の脅威に目覚める(4月20日)
韓国で昨夜行われたテレビ討論会には、5人の有力候補が参加した。支持率でトップを走る革新系の最大政党・共に民主党・ムンジェイン候補は、北朝鮮への対応について「今は状況が変わっていて、北朝鮮の核問題が優先されるべきだ」と発言した。

中道系の政党の国民の党・アンチョルス候補は、米韓同盟を基軸に北朝鮮に厳しく対応していく必要性を強調し「(米国軍の迎撃ミサイルシステム)THAADは配備しなければならない」と発言した。...
全部読む

ぶつかり合う世界貿易ルール(4月19日)
IMFは、20日からワシントンで開かれるG20財務相中央銀行総裁会議に報告する最新の世界経済の見通しを公表した。
それによると今年の日本のGDP伸び率は、輸出の伸びが続くとして+1.2%と、1月時点から0.4ポイント上方修正することになる。

また、今年の英国のGDP伸び率の見通しも、EU離脱決定の影響が当初の見込みほど急には現れないとし、+2%と0.5ポイント上方修正になる。
IMFは今回の報告で、世界経済が拡大を続けるためには各国が米国のトランプ政権などが主張する保護主義的な政策をとらないよう指摘している。...
全部読む

日米経済対話始まる(4月18日)
米国・ロス商務長官は、きょう麻生副総理兼財務相とペンス副大統領のもとで初めて行われる日本と米国の新たな経済対話に合わせて訪日する。
世耕経済産業相はロス長官と個別会談し、両国間の経済協力について意見交換する。

トランプ大統領は、TPP・環太平洋パートナーシップ協定から離脱し2国間の貿易交渉に意欲を示しており、ロス長官から何らかの言及が行われる可能性もある。
日本は2国間の貿易協定の交渉には慎重な姿勢である。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.