JCCテレビすべて
特集 風の流れ
2019年10月15日(火)
最新TV速報
【風の流れ】
ホワイトハウス“民主党の弾劾調査は違憲”協力しない意向表明(10月9日)
米国・トランプ大統領は民主党の有力大統領候補・バイデン前副大統領の息子が、父親の立場を利用してウクライナの企業から巨額の利益を得ていたと主張し、ことし7月ウクライナ・ゼレンスキー大統領との電話会談でこの企業を捜査するよう圧力をかけた疑いが持たれている。

この疑惑を巡り民主党が主導権を握る議会下院では弾劾に向けた調査が進められているが、これについてホワイトハウスは8日、ペロシ下院議長らに宛てて書簡を送った。...
全部読む


国連安保理“北朝鮮のSLBM発射非難”声明(10月9日)
国連安全保障理事会は北朝鮮がSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)を発射したことについてフランス、ドイツ、英国の要請に基づいて会合を開き、ヨーロッパ6カ国の代表・フランス・ドリビエール国連大使は発射を非難する声明を発表した。

「こうした挑発行為を強く非難する。安保理決議の明白な違反だ」と述べた。

そして「北朝鮮への制裁を維持し完全に実行する必要性」を強調した上で、北朝鮮には米国との話し合いに真摯な態度で臨むよう促した。


米朝・実務者協議受け・北朝鮮の非核化へ・日米韓で協議(10月8日)
先にスウェーデンで行われた米国と北朝鮮の実務者協議を受けて、外務省の滝崎アジア大洋州局長はきょうからワシントンを訪問し、日米韓3か国の協議に臨むことにしている。

この中では、米朝協議の結果について、米国側から直接説明を受けた上で北朝鮮の完全な非核化に向けて、国連安保理決議に基づいた制裁を維持するとともに米朝プロセスを後押しするという日本の立場を改めて伝え、連携を確認する方針である。

また、関係が悪化している韓国側とも個別の協議を行って、安全保障面での2国間の連携を確認したいとしている。


北朝鮮の乗組員の救助に・北朝鮮籍の船と水産庁取締船衝突(10月7日)
きょう午前9時すぎ、能登半島沖の北西約350キロ付近の公海上で北朝鮮籍船と水産庁漁業取締船「おおくに」が衝突した。

北朝鮮籍の船は沈没して、乗組員約20人が漂流した。

水産庁による救助活動が行われている。海面上に確認できる人は全員救助した。海上保安庁の巡視船と航空機も現場に急行していて、引き続き対応することにしている。


自民党・岸田政調会長・年金受給開始年齢など党で検討する(10月7日)
全世代型の社会保障制度の実現に向けて、自民党の岸田政務調査会長は年金の受給開始年齢の選択肢の拡大などについて党としても検討を進める考えを示した。

岸田政務調査会長は「人生100年時代に高齢者に焦点を当てた社会保障制度だけでなく、あらゆる世代に目を向けた全世代型の制度をしっかり準備しないといけない」と述べて全世代型の社会保障制度の実現を目指す考えを強調した。

そして、「人口が減少し、少子高齢化が進む中、社会保障制度を維持するのが難しくなってくるので支え手を増やすことを考えなければいけない」と述べ、年金の受給開始年齢の選択肢の拡大などについて、党としても検討進める考えを示した。...
全部読む


過去の記事
1 2 3 ... 10 20 30 ... 275

「風の流れ」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組