JCCテレビすべて
特集 風の流れ
2019年11月14日(木)
最新TV速報
【風の流れ】
EU・ドイツ・フランス・英国がイランに懸念(7月10日)
イランは“核合意で約束された経済的利益を得られていない”としてウラン濃縮度の引き上げを発表。IAEA=国際原子力機関はウラン濃縮度が核合意で制限された基準の3.67%を上回ったことを確認したと発表している。

これを受けてEU・モゲリーニ上級代表、ドイツ、フランス、英国は核合意の義務を果たさないイランの行動を非常に懸念している。

イランは核合意に完全に従わなければならない”と共同声明を発表した。...
全部読む


イラン・“ウランの濃縮度20%以上選択肢に”(7月9日)
貿易紛争の解決などにあたる国際機関WTOの理事会が8日始まった。
そこで韓国が求めたのは日本政府が先週発表した半導体や有機ELパネルの製造などで使われる3品目の原材料の韓国向けの輸出規制を厳しくするという措置に関して意見を述べると発表した。

意見表明は、日本時間のきょう夕方以降になる見通しで、韓国側は内容についてコメントできないとしている。韓国は日本の輸出規制がWTOのルールに違反していると訴えて国際的な場で理解を求めるものとみられる。...
全部読む




イラン・ウラン濃縮度引き上げ・欧州各国“核合意維持を”(7月8日)
イランは7日、イランの核開発を抑止してきた核合意の重要な義務にあたるウランの濃縮度について合意で決められた3.67%の制限を超えて引き上げると発表した。

記者会見でイラン外務省のアラグチ外務次官は「ヨーロッパ各国がわれわれの要求を実現していれば、きょうの発表はなかった」と述べて合意に参加するヨーロッパ各国が一方的に合意から離脱した米国の制裁からイランを守る責任があると強調した。

これに対し、英国外務省は7日声明で「イランは核合意の条項を破っている」と懸念を示した。...
全部読む



フランス・イラン・イラン核合意・枠組み維持へ“関係各国の対話再開目指す”(7月7日)
フランスの大統領府は声明を発表し、フランス・マクロン大統領とイラン・ロウハニ大統領が1時間以上にわたって電話会談を行ったことを明らかにした。

マクロン大統領はイランが7日以降、核合意の制限を超えてウランの濃縮度を引き上げるとしていることについて「核合意の意義をさらに弱める危険がある」として強い懸念を示した。

そのうえですべての関係国による対話の再開を目指し今月15日までにその条件を探ることでロウハニ大統領と一致したとしている。...
全部読む


英国領ジブラルタルのタンカー拿捕・イラン革命防衛隊が報復を示唆(7月6日)
英国領ジブラルタルでイランのタンカーが拿捕されたことについて、イランの精鋭部隊「革命防衛隊」の高官は、報復を示唆するツイートを行い、反発を強めている。

イベリア半島南端にある英国領ジブラルタル当局は4日、EU(ヨーロッパ連合)がシリアのアサド政権に対して行っている制裁に反し、原油をシリアの製油所に輸送しようとしたとして、イランのタンカーを拿捕した。

イランの外務省は「拿捕は違法」として、タンカーの即時解放を求めているのに対し、ジブラルタル当局は即時解放に否定的な考えを示している。...
全部読む


過去の記事
1 ... 28 29 30 . 40 50 60 . 283

「風の流れ」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組