テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【風の流れ】

AI(人工知能)ブーム(5月17日)
昨日、当欄で取り上げた、AI(人工知能)ブームであるが、いよいよ本格的な段階に入ったと言えよう。
17日日経朝刊1面では、AI特集が始まった。

1995年の「インターネット革命」の時も、米国からの巨大な技術革命を日本はいち早く取り入れようとした。
大手のマスメディアや技術会社が、その新しい技術革命の波に乗ろうと懸命に走った。

当時クリントン政権下の副大統領アルゴア氏は、「情報スーパーハイウエー戦略」を構築し、大規模な世界戦略を展開した。...
全部読む
人工知能・ビッグデータ・バーチャルリアリティの現在(再生)

人工知能ブームの裏側では(5月16日)
少し技術的な話で恐縮ですが、今再び「AI(人工知能)」ブームが爆発している。
CPU(中央演算装置)という言葉は、ごく一般的になっているが、GPU(画像処理装置)という単語は余り知られていない。

世界一の碁打ちと称せられる韓国のイ・セドルを相手に4勝1敗の戦績で勝利した、グーグル傘下で開発したAIロボットのアルファ碁が、ディープラーニング(深層学習)で腕前を一気に上げたという話題により、一躍名をはせた訳だが、そこに技術的注目が一気に集まっている。...
全部読む
NVIDIA の CEO Jen-Hsun Huang が Microsoft(再生)

ESGという価値観(5月13日)
5月13日、日経朝刊「春秋」というコラムに、欧米を中心に成長する企業を見極めるために「ESG」というものさしが注目されているとの意見を目にした。
「E」は環境、「S」は社会性、「G」は企業統制である。

こういった新たな「ものさし」は、たいてい欧米からやってくる「風の流れ」だ。

今時、環境に悪い企業では成長は難しいと思う。
社会性が伴わなければ、これも難しい。

企業統制は、文字通り捉えれば、統制が徹底していなければ、そもそも公の企業としては成り立たない。...
全部読む

時代の流れが変わってきたか(5月11日)
このコラムでも、取り上げている「パナマ文書」の公開についての世界の反応であるが、場合によっては「違法」では無いが「公正」とは言えないといった論評や、一握りの富裕者や大企業だけが、租税を回避できて良いのかといった意見もでてきた。
租税回避地を利用した、租税回避は、今までも懐疑的に見られてきたが、今回の「風の流れ」は、「国家の徴税権の行使」としてG7が動くことになりそうである。

単純に社会正義の履行という流れだけではなく、赤字に喘ぐ国家財政の財源としてクローズアップされている側面もある。...
全部読む
「共に追悼 犠牲者の思いに応えるもの」安倍総理(16/05/11)(再生)

パナマ文書公開(5月10日)
いよいよその日がやってきた。
パナマ文書の実名リスト公表の日である。パナマ文書で21万社以上の企業リストが公開された。
公表したICIJは「全ての租税回避が違法というわけではない」と指摘しながらも「税をめぐる不公平の是正につなげたい」と、公開の意義を強調している。

パナマというタックスヘイブンを利用した世界の裕福層の租税回避の実態がパナマ文書で明らかにされてから1か月。
5月10日に実名リスト公表が予定されるタイミングで、その発端となった告発者が身元を隠したまま、暴露の経緯や動機を新聞で発表した。...
全部読む
パナマ文書 HP上に情報公表 21万余りの会社など(16/05/10)(再生)

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 4546 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70
71

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.