JCCテレビすべて
特集 風の流れ
2019年11月13日(水)
最新TV速報
【風の流れ】
農産品輸入、米国離れ・牛肉・豚肉のシェア低下(3月29日)
TPP、EPAの2つの経済協定の発効で肉類の輸入に米国産離れの動きが出てきた。牛肉、豚肉の輸入シェアは協定に入っているカナダ、ヨーロッパ産が急進している。

4月には2つの協定が2年目に入り輸入関税がさらに下がるため、日米通商交渉に影響を与える可能性がある。


孤立する米国・国連安保理・緊急会合「ゴラン高原イスラエル主権」米国の決定に批判(3月28日)
米国のトランプ大統領は第3次中東戦争でイスラエルが占領したシリア領ゴラン高原について、イスラエルの主権を認める宣言に署名した。

国連の安全保障理事会はシリアの要請に基づいて緊急会合を公開で開いた。

この中で米国の代表はイスラエルが実効支配する占領地とシリア側を隔てる緩衝地帯でシリア軍が停戦合意に違反していると指摘したうえで、今回の決定はイスラエルの自衛権を守るための措置だと主張した。

これに対してほとんどの理事国から米国の決定は、かつてみずからも支持した安保理決議や国際法に違反するなどとして批判が相次いだ。...
全部読む


“人工衛星の撃墜実験成功”インド・中国を強く意識か(3月28日)
上空300キロの人工衛星をミサイルで撃墜する実験に成功したとインドが発表した。モディ首相は「この能力を取得したのは、米国、中国、ロシアに続いて4番目だ」などと述べ、宇宙開発の分野で強国の仲間入りを果たしたとアピールした。

さらに「特定の敵国を想定した実験ではないが、将来直面するであろう挑戦に備えなければならない」と強調した。

2007年に同じような実験を行いアジアの大国として競合する中国を強く意識しているとみられている。


マクロン大統領ら・習主席と首脳会議(3月27日)
フランス・マクロン大統領の呼びかけで、ドイツ・メルケル首相やEU・ユンケル委員長が中国・習近平国家主席と首脳会議を行った。

地球温暖化対策やWTOの改革などで連携を深めていくことで一致した。

習主席は「中国は新たな時代の要求に基づき市場を開放していく」とコメントした。

ヨーロッパでは中国の影響力拡大に対する警戒感が強まっているが、会議では国際協調の重要性を確認し、保護主義的な政策のトランプ政権をけん制した。...
全部読む


「徴用」裁判・三菱重工・資産差し押さえ認める(3月26日)
太平洋戦争中の徴用を巡る裁判で、去年、三菱重工業に賠償を命じる判決が確定したことを受け、韓国の地方裁判所が三菱重工業の資産の差し押さえを認める決定を出していたことがわかった。

原告側によると認められたのは原告4人分の損害賠償金など日本円で7700万円相当で、韓国にある日本企業の資産の差し押さえを認める決定はこれで2件目となる。

徴用の裁判をめぐって、日本政府は日韓請求権協定に基づく協議を求めているが韓国政府は検討中だとして応じていない。


過去の記事
1 ... 49 50 51 . 60 70 80 . 283

「風の流れ」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組